ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

目を大きくする方法をチェック!

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「目を大きくする方法」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

目を大きくする方法をチェック!

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「目を大きくする方法」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

目を大きくする方法〜顔たるみの悩み相談

h2:見出し

目が細い方が美人…。昔の日本ではこのような価値観もありましたが、現代では目がぱっちりと大きいことが美人の条件です。実際に目に関する悩みやコンプレックスは多く、最近では女性のみならず男性にとっても大きな関心事となっています。実は「目のたるみ改善」で目をパッチリ大きくする方法もありますよ!

目を大きくする方法〜手術なしの方法

h2:見出し

整形しない方法で目を大きく!

整形しないで目を大きくする方法は「メイク」と「アイプチのような機具を使う方法」に大別できます。
最近はコスメのバリエーションも多いため、様々な工夫がされています。「でか目メイク」なども流行しましたが、場合によっては、カラーコンタクトやつけまつげなども組み合わせて、目をかなり大きな印象にすることができます。
アイプチなどは特に、一重まぶたや奥二重の方に好まれるようです。まぶたのテープや接着剤で固定することにより、目がぱっちりと開いて印象になりますから、物理的に目が大きくなります。

セルフケアの問題点

これらのセルフケアは、お金もあまりかからないのでとても良い方向に思います。しかし本当にメリットばかりでしょうか?
コスメを利用する場合には、複数必要になりますし、アイプチを毎日使うとなると「定期的な購入」が必要です。それに毎日これらを使って、メイクするのに費やしている「膨大な時間」も気になります。もしも、1度の美容施術によってコンプレックスが解消し「目を大きくするのに費やしている時間」が節約できるとしたら。そちらのほうが、かえってコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。

目を大きくする方法〜美容施術を利用する方法

生まれつき目が小さい場合には「美容施術」も有効

生まれつき目が小さい方は、まぶたの脂肪が厚い、蒙古ひだが厚いなどの傾向があるかと思います。そういった方の場合は、二重形成術、目頭切開などを検討してもよいかもしれません。
ただし「いかにも整形した」というような不自然な仕上がりでは、手術後の日常生活にも支障をきたす可能性があります。好みにもよりますが、出来る限り自然な仕上がりを目指したほうが無難です。例えば、まぶたのより上側(眉毛側)を処理する「眉下切開」などは、ナチュラルな仕上がりで目大きくすることが期待できます。

最近目が小さくなってきたというケースは?

最近目が小さくなってきた方は「眼瞼下垂」を疑ってみましょう。これは加齢などによって、まぶたが下がってくる病気で、肩こりや頭痛など美容以外にも様々なデメリットをもたらすことで知られています。いわば後天的にまぶたがたるんできた状態です。
眼瞼下垂がひどくなった場合には保険適用による手術が受けられます。ただし眼瞼下垂が進行する前にクリニックを訪れることが重要です。軽度の眼瞼下垂であれば先ほどご紹介した「眉下切開」によって、より自然な仕上がりを目指すことも可能です。整形手術にありがちな不自然さがなく、あなたの本来持つ美しさを底上げするような仕上がりが期待できますよ。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

目が小さい悩み…人によっては思い詰めているかもしれません。ぜひお一人で悩まず、ご相談ください。なお、美容施術の中では「眉下切開」はとても良い美容施術で、私が手がけた患者さんの多くが満足していました。自然に目を大きくすることができ、軽度の眼瞼下垂であればこちらの手術の適応が良い結果をもたらすことが多いようです。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事