ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

むくみケアでたるみ解消!?

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「たるみ・むくみの解消」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

むくみケアでたるみ解消!?

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「たるみ・むくみの解消」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

たるみにつながる「むくみ」を解消

h2:見出し

アルコールをたくさん摂取したとき、睡眠不足のとき、あるいは疲れているとき…。鏡を覗くと「顔がむくんでいた!」という経験をお持ちの方も多いことでしょう。
むくみは「代謝力低下のサイン」。放置すると、顔のたるみにつながることもあるようです。

むくみが「たるみ」になる?

h2:見出し

むくみとは何か

「むくみ」は、細胞外に存在する水分の一種「間質液」が溜まることで起きます。人の体は60%前後が水分です。その意味では、誰もが「むくむ」可能性を持っているわけです。

通常は代謝の働きによって、「間質液」はリンパ液となって静脈に排出されます。逆に、「間質液」が溜まり、むくみが起きていると言うことは、代謝がうまく行われていないということです。 なお、むくみは「冷え性」とセットで語られることも多いですよね。「冷え性」は代謝力が低下しているせいで、エネルギー(体温)をうまく生み出せていないために起こります。このように「むくみ」と「冷え性」は同時に起こることも珍しくありません。

むくみが「たるみ」につながることも

代謝(リンパ液の流れ)には「老廃物の排除」という大切な役割があります。逆に、むくんでいる箇所については「皮下に老廃物が残る」という可能性も考えられます。特にむくみやすい方については、老廃物の重みによる皮膚の下垂が慢性化し、たるみへとつながる危険性も。また、老廃物は皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を阻害するため、それによる肌ハリの低下も、たるみの一因になると考えられているようです。

特に、冬場などは「足がむくんでブーツが入らない」とお悩みの方も増えてきますよね。しかし、むくみで気にされることが多い箇所はダントツで「顔」のよう。頬をはじめ、まぶたや目の下といった「目元のむくみ」はメイクでカバーするのも大変です。

むくみの原因&解消方法

むくみの原因

・ 過剰摂取
特定の食べ物・飲み物の過剰摂取はむくみの原因となります。
特に気をつけたいのが「水分」「塩分」「アルコール」の過剰摂取です。むくみの原因は水分なので、当然、過剰摂取はよくありません。日中の水分摂取であればそこまで問題ありませんが、夜寝る前の過剰摂取は避けてください。
一方「塩分」「アルコール」は、血中の水分を血管外に出す作用があるため、むくみの原因となります。過剰摂取すれば、それだけ喉も渇くので、水分の過剰摂取につながり悪循環です。

・ 運動不足
血液はポンプの働きをする心臓によって絶えず循環していますが、リンパ液は違います。リンパ液は呼吸や筋肉の運動などによって体内循環しているため、運動不足(もしくは運動不足による筋力低下)が、リンパの滞りにつながるのです。

・ 冷え性/エアコンの多用
冷え性の方は、筋肉が少なく、皮下脂肪が厚い傾向にあるようです。そのためエネルギー代謝の低下やリンパの滞りが起こりやすいと考えられます。
なお、冷え性については「自律神経」との関係も指摘されています。夏や冬場にエアコンを多用する方は、自力で体温調節する力(自律神経の働き)が弱まり、代謝機能も低下。それがむくみの一因を作り出すと考えられます。

むくみの解消方法

健康的な「食事」「運動」が基本になります。
「食事」については、代謝に関わるビタミンやミネラルをしっかり摂ることを心がけます。特に水分代謝をサポートする「カリウム」(バナナ、ほうれん草、じゃがいもなど)の摂取は意識したいところ。加えて利尿作用のある食物(スイカ、きゅうり他、コーヒー・紅茶などカフェインを含む飲料)の摂取も良いでしょう。
「運動」については、酸素を採り入れながら負荷の低い運動を継続しておこなう「有酸素運動」が代謝アップには効果的。汗をたくさん流すことで、老廃物や余分な塩分の除去にもメリットがあります。「有酸素運動」と言っても、いきなりランニングなどのきつめの運動を始める必要はありません。(普段運動していない方には心臓への負担が高めかと思います。)
意識して歩いたり、あるいは、近所の市民体育館やジムで週に数回程度泳いだり(もしくは水中ウォーキングする)などでも、運動不足は解消できますよ。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

むくみとたるみは全く別の現象を言っており、むくみとたるみを相関関係があるように考えない方が良いと思います。
たるみ治療自体に良いものがないので、むくみとたるみを無理やり相関関係があるかのようにこじつけて、むくみに効きそうな治療をたるみにも効きますと言うキャッチフレーズにして 市場規模を大きくしたいと言った狙いでしょう。 むしろ照射系治療を受けた後などは、むくんでいるために小じわが目立たないし、たるみも目立たないかもしれません。 むくみの治療ですら塩分や動物性の油を取りすぎないなど食事に気を付けたり マッサージなどではかえってひどくたるむリスクがあるので 寝るときにまくらなどで頭を高くしておくだけにしましょう。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事