ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顔のむくみ・たるみに効果的な顔ヨガ

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「顔ヨガ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顔のむくみ・たるみに効果的な顔ヨガ

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「顔ヨガ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

顔ヨガで顔のむくみ・たるみの改善を目指す

h2:見出し

私たちのお顔の筋肉(表情筋)筋肉は、通常30%程度しか使われていないとも言われています。英語と比較すればよく分かりますが、日本語は口を大きく動かさなくても発音可能なので、なおさら運動不足になりがちです。
逆にお顔の筋肉が充分に使うようにすれば、魅力的な表情作りにも役立つほか「顔のむくみ・たるみ予防」にもメリットが。特別な機具も必要なく、お金もかかりません。皆さんもぜひ「顔ヨガ」にトライしてみましょう!

顔ヨガと表情筋トレーニングは同じもの?

h2:見出し

顔ヨガの特徴

顔ヨガは「表情筋トレーニングの一種」ということができます。しかし「負荷をゆっくりかけて、その状態をキープする」ということを、より意識しておこなうのがポイントです。

また、表情筋をかなり大きく、ダイナミックに動かすことも心がけましょう。なお、動かすのは表情筋だけですが、必ず正しい姿勢で立つ、もしくは座っておこなってください。

顔ヨガに期待できる効果

表情筋が弱まってやせ細っていくと、皮膚が支えを失うことになります。支えを失った皮膚が重力に負けて垂れ下がることになるため「たるみ」としてあらわれる可能性も高まるわけです。顔ヨガはトレーニング効果ほか、表情筋の大きな動きによる「ストレッチ効果」も期待できるでしょう。

表情筋の大きな動きは、血行やリンパの促進にとってもメリットがあります。表情の乏しい方は、表情筋の可動域が広がることによって「豊かな表情」が期待できるほか、顔むくみの改善(代謝促進)にも効果が期待できるでしょう。

顔ヨガの方法&注意点

実践しよう!顔ヨガの方法

それではお待ちかね、顔ヨガを実践しましょう。流れとしては、顔全体から個別箇所へ、といった順序でおこなっていきます。

1. 顔のむくみとり
表情筋を中心に寄せるように締めます。目をぎゅっとつむり、頬や口は上方に向かってリフトアップし、なおかつ顔の中心点に収縮させるイメージです。
ゆっくり5秒キープしたら、今度は、お顔を縦に引き延ばすイメージで伸ばします。目を大きく見開きますが、できるだけ額の筋肉を使わない(額にしわを寄せない)ように。口は「コ」と発音するように縦長にし、顎は下方に引っ張られているようにイメージしましょう。
こちらも5秒キープしたら、そのままの状態で口角を引き上げましょう。「目尻に向かって口角をリフトアップするイメージ」でおこなうと、うまくいくかと思います。

2. ほうれい線ケア
次はほうれい線のケアを目的として、口周りの筋肉を鍛えます。
まずは唇を折りたたむように巻き込み、歯で軽く固定します。口元に力をいれる必要はありません。
ゆっくり5秒キープしたら、そのままの状態で、口を左右に引き延ばしてください。この時、えくぼができることでしょう。
こちらも5秒キープしたら、最後に唇をできる限り前に突き出します。今度は頬がへこむことでしょう。

3. まぶたのたるみ取り
最後はまぶたのたるみ取りを目的として「上眼瞼挙筋」を鍛えます。
まずは眉間にしわを寄せます。鼻根が際立つようなイメージでおこなうと良いでしょう。
ゆっくり5秒キープしたら、次は逆に、眉を左右に開いて無理なくリフトアップするイメージで広げます。目も大きく見開いた状態になるでしょう。
こちらも5秒キープしたら、そのままの状態で、まぶただけを閉じます。完全に閉じきる必要はありません。この時まぶたがぴくぴくと震える感じがすれば「上眼瞼挙筋」が鍛えられている証拠。このままゆっくり5秒キープしてください。

顔ヨガは「たるみ改善」にメリットが…ただし、やり過ぎにはご注意を!

顔ヨガは、表情筋のトレーニング&ストレッチに大変効果的。表情の衰えを感じる全ての人が実践できる点も優れています。
しかし、実際に顔ヨガをやってみると、どうしても顔にしわが寄ることも。継続的に顔ヨガをおこなった場合、将来的にはその部分が「小じわ・深いしわ」として刻まれる危険性も。手軽なために毎日、人によっては何回でもおこないたいかもしれませんが、数日に1回程度などにした方が良いかもしれません。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

顔のむくみに効くと言う意見は否定できませんが、たるみに効果があると言った意見には疑問があります。自動運動は筋肉がきたえられますので間違いなくたるみに効果があると言えますが多動は行うべきではありません。支持組織が間延びしてほとんどの場合たるみが悪化するでしょう。
たるみ対策は美容皮膚科治療や美容外科手術まで含めてもウソっぽいものが目白押しですが、顔ヨガは説明を読むと何となく効果がありそうに思います。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事