ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

フェイシャルエステとセルフエステの利点と注意点を知ろう!!

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「フェイシャルエステ&セルフエステ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

フェイシャルエステとセルフエステの利点と注意点を知ろう!!

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「フェイシャルエステ&セルフエステ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

フェイシャルエステとセルフエステで顔たるみ解消!?

h2:見出し

フェイシャルエステは文字通り「お顔のエステ」のこと。サロンでプロの施術を受けることはもちろん、セルフケアの一環としてご自分でおこなうことも可能です。
エステには、肌ハリのアップによる「顔のたるみへの効果」ほか、リラクゼーション効果も期待されます。一方で、いくつかの点に注意しないと、顔たるみをかえって悪化させる危険性も…。

フェイシャルエステとセルフエステ〜利点&やり方

h2:見出し

フェイシャルエステの利点

フェイシャルエステでは、マッサージやタッチほか、さする、なでる、軽めに叩くなどの刺激よって、血流やリンパの流れを促進します。これにより、新陳代謝の活性化や老廃物の流れを促され、美肌効果も期待できるのです。
なお、期待できる美肌効果の1つが「肌ハリアップ」。したがって、お肌の元気がなくなったために起きた顔たるみについては、多少の改善が期待できる場合もあるようです。セルフケアならば毎日ご自分でケアできるのも、大きな利点と言えるでしょう。

セルフエステのやり方とは?

オイル、クリーム、ミルクなど「摩擦を抑える潤滑油」を必ず使用してください。オイルクレンジングの際にそのままお顔のマッサージをされる方も多いかと思いますが、こちらはおすすめできません。せっかく浮き出た老廃物や汚れを、再び肌の奥に押し込んでしまう恐れがあるからです。ですから、セルフエステは洗顔後におこなうのが良いかと思います。

さて、具体的なセルフエステの方法です。お顔のエステですが、鎖骨のリンパ節も刺激したいため、胸元にも潤滑油を塗布してください。この他、耳の下にもリンパ節があります。マッサージは「内側から外側へ」といったイメージ。顔面中心からお顔の両わき、もしくは首筋から鎖骨へリンパ液を流すイメージで行いましょう。力の入れ具合は、ごく軽くてOKです。ただし、指圧して気持ちいい部分は「ツボ」の可能性が高いため「イタ気持ちいい」程度に刺激しても良いかと思います。

フェイシャルエステとセルフエステ〜その注意点とは

フェイシャルエステの注意点

フェイシャルエステについては2つの注意点があります。
1つめは「セルフエステ」(セルフマッサージ)についてです。
ご自分でおこなうマッサージでは、力加減を間違えてしまうことも多々あります。皮膚への強い摩擦は、しみ(色素沈着)や赤味の原因に。また、力を入れすぎたマッサージを長期間おこなっている方では、筋繊維が引き延ばされ、かえってたるみを悪化させる可能性もあります。皮膚を動かすというようも「スーッと撫でる」というイメージでおこなったほうが適切な力加減となるでしょう。

2つめは「期待できる効果」についてです。
フェイシャルエステにある程度の美肌効果があることは確かでしょう。しかし、その効果は「たるみを劇的に引き上げる」ほどではありません。専門家の中には「フェイシャルエステで最も期待できるのはリラクゼーション効果だ」という方もいるくらいです。したがって、フェイシャルエステに「顔のたるみ改善」までを求めるのは、効果を過信していると言わざるを得ません。

プロの手による安心たるみ施術とは?

「セルフエステ」(セルフマッサージ)ではどうしても間違いや問題も起こりやすくなります。その意味では、プロに任せたほうが、肌に不要な刺激を与えるリスクは低くなると考えられるでしょう。

エステティシャンごとに施術の方法や範囲、強さなども異なりますが、刺激が強すぎる場合には特に注意してください。先ほどもご紹介したように、強すぎるマッサージは「筋繊維が引き延ばされ、たるみを悪化させる危険性」も高くなります。実は、どんなに細心の注意を払っていても、このような危険性は常にあるのです。皮膚の上からマッサージを行う以上「筋繊維が引き延ばされ、たるみを悪化させる可能性」はゼロにはなりません。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

フェイシャルエステもセルフケアは何のために受けるのでしょうか。リラクゼーション・気分転換のためでしょうか?それとも、たるみ治療・たるみ防止でしょうか?
老けたくない方にとってはフェイシャルエステもセルフケアも要注意です。それどころが触らなければ触らないほど老けにくいと言えます。百害あって一利なしかもしれません。お顔は強くさわると支持組織が引き伸ばされてたるむので、お顔は強くさわらない方が良いとされています。強くこすればこするほど、その刺激によって、しみもしわもたるみも生じやすいと言われています。
フェイシャルエステもセルフケアは一生懸命やっている割には?と思われている方がほとんどですが、そもそも、やらない方が老けにくいと思われます。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事