ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

眼瞼下垂の原因

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「眼瞼下垂の原因」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

眼瞼下垂の原因

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「眼瞼下垂の原因」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

眼瞼下垂の原因を知っておきましょう

h2:見出し

まぶたが重い、疲れやすい。原因不明の頭痛や肩こりがある…。そんな方は「眼瞼下垂」を疑いましょう。体の不調だけで無く、見た目を損なうこともあるため、早めに対処したいですね。今回は、加齢だけではない「眼瞼下垂の原因」について詳しく知っていきましょう。

眼瞼下垂の原因とは?

h2:見出し

まずは知っておきたい「まぶたの構造」

まぶたを含め、目の周りは「眼輪筋」(がんりんきん)に覆われています。上まぶたで、眼輪筋の奥を見ますと、まぶたを引き上げるための筋肉が。まぶたの上側、つまり眉毛側にある太めの筋肉が「眼瞼挙筋」(がんけんきょきん)。眼瞼挙筋にくっついているまつ毛側の筋肉が「ミュラー筋」、さらにその先(最もまつ毛側)が「瞼板」(けんばん)です。

多くの場合は「腱膜(けんまく)性眼瞼下垂」です

まぶたが重くて開きづらいのは「瞼板」(けんばん)が正常に持ち上がらないためです。まぶたを引き上げる筋肉「眼瞼挙筋」(がんけんきょきん)の断裂、あるいは瞼板とくっついている部分が伸びたり…もしくは眼瞼挙筋が薄くなっているケースもあります。
これは「腱膜(けんまく)性眼瞼下垂」と呼ばれ、眼瞼下垂に多い原因(症状)です。

眼瞼下垂の原因をもっとくわしく

先天性のものと後天性のものがある

上でご紹介した「腱膜(けんまく)性眼瞼下垂」は、後天性の眼瞼下垂症状です。実は、眼瞼下垂には先天的(生まれつき)のものもあるのですね。例えば、眼瞼挙筋の形成や発育が充分でないと、まぶたを引き上げるだけの力が生み出せません。この他、眼瞼挙筋の形成や発育に問題がなくても、眼瞼挙筋を司る神経の異常によって、眼瞼下垂の症状が出ることもあります。

日常の意外な原因

先天的な眼瞼下垂はしかたがないとしても、後天的な眼瞼下垂は、日常の習慣や動作によって発生することもあります。加齢と共に症状が出やすいですが、原因はそれだけではありません。

例えば、コンタクトレンズの使用者では、若年者でも眼瞼下垂になることがあるようです。この他、花粉症やアレルギー、あるいは単なるクセなどで目を頻繁にこする方も、眼瞼挙筋が断裂しやすいとも考えられます。
なお、女性の方ではやはり、アイメイクや洗顔、クレンジングでの負担が眼瞼下垂を誘発するケースがあります。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

セルフケアでは、目元を強くこすりすぎないように注意してください。ただし、コンタクトレンズをお使いの方は、なかなか難しい面もあり、また加齢によって症状が出てくるケースも珍しくありません。また、眼瞼下垂の治療法も重要で、目元の繊細なメカニズムが損なわないようなものを選択したいですね。眼瞼下垂の手術や幅広二重を切開や埋没では、何を考えているのか分かりにくい、動きがあまりない固い表情になるケースもあります。しかし「眉下切開」は、このような繊細で複雑な構造を損なわず、まぶたの重みだけを取るので本当に良い手術だと考えております。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事