ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

眼瞼下垂の切らない改善法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「眼瞼下垂の切らない改善法」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

眼瞼下垂の切らない改善法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「眼瞼下垂の切らない改善法」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

手術不要!眼瞼下垂の切らないケア方法

h2:見出し

まぶたが上がりにくくて、頭痛や肩こり、疲れが慢性的…。そんな方は「眼瞼下垂」を疑うべき。早めに病院で受診してください。しかし、病院にいくと即手術になりそうで怖い…。そんな方のために「眼瞼下垂の切らないケア方法」をご紹介します!

セルフケアで眼瞼下垂ケア

h2:見出し

市販のグッズで簡単ケア!?

皆さんは「アイプチ」などの、二重まぶた形成グッズを知っていらっしゃることでしょう。こちらは、まぶたを持ち上げて専用の液体で固定することで、二重まぶたを作ります。こちらはいわゆる「リキッドタイプ」ですが、細いテープをまぶたと並行に貼ることで二重まぶたを作るグッズもあります。

いずれも、余分なまぶたを奥に押し込める(引き上げて固定する)方法ですから、一時的に狭まった視野を回復することが可能です。

セルフケアの問題点

市販のグッズを利用したセルフケアは「軽度の眼瞼下垂」に有効。しかし、中〜重症の眼瞼下垂では、改善が望めないケースもあります。さらに「余分なまぶたを奥に押し込める(引き上げて固定する)」という方法のため、まぶたの組織をより引き延ばして、結局は眼瞼下垂を悪化させる恐れも高いかと思います。そもそも、毎日、リキッドやテープを使用するのも、面倒ですよね。

クリニックでの切らない施術とは?

病院で切らない施術をすることは可能?

クリニックでは、ほとんどの場合で手術をすすめられます。それが、眼瞼下垂の根本治療であることは確かだからです。しかし、切らない眼瞼下垂施術も確かに存在します。

1つめは、プチ整形でおなじみの「埋没法」。ただし、眼瞼下垂の軽減を主目的にする場合には、より挙筋腱膜にアプローチするような方法が採用される場合もあるようです。

2つめは挙筋腱膜の先に付いている「ミュラー筋」を、結膜から縫って収縮させる方法。しかし、結膜を傷つけるリスクは当然残ります。

知っておきたい「眉下切開」

眉下切開は、まぶたのたるみ治療として、美容整形外科で人気の施術です。こちらは、まつげ側で無く眉毛側を切開する施術で、大変自然な仕上がりが大きな特徴。腫れやダウンタイムも少ないため「切る施術」をためらっていた方が満足するケースも多いといいます。

根本解決が望めない「切らない施術」を選択するよりも、より負担の少ない「切る施術」を選択した方が、結果として安全で、確かな仕上がりが望める…。そういった可能性もありますから、様々な選択肢を検討することがベストと言えそうです。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

「眉下切開の適応がベスト」というケースは、実はかなり多いと考えられます。特に額のしわやたるみに対する、一番理想的な治療は「眉下切開」か「眼瞼下垂」の手術になると思います。ただし、本当に眼瞼下垂で、その手術が必要という場合は、案外レアケース。ナチュラルな仕上がりの美しさなどを長期的に考慮すれば、「眉下切開」という選択肢もよくよく検討したいところです。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事