ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

眼瞼下垂の手術で後悔!?

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「眼瞼下垂手術での後悔」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

眼瞼下垂の手術で後悔!?

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「眼瞼下垂手術での後悔」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

気をつけて!眼瞼下垂の手術・後悔エピソード

h2:見出し

頭痛や肩こり、疲労感の原因として注目される「眼瞼下垂」。まぶたが開きにくくなることで、様々な不調がでます。場合によっては保険適用で治療・手術が出来ますが、後悔している方も少なくないようです。眼瞼下垂の手術を受ける前に、ぜひとも知っておきたい情報をまとめました。

眼瞼下垂の手術〜後悔例

h2:見出し

ケース1・手術で顔が変わった!

眼瞼下垂の手術を受けた結果「いかにも整形した」という顔になった方がいるようです。目が大きくなり、従来とは違う「ぱっちり二重まぶた」になってしまったので、まるで別人に。職場や学校、家族でどう振る舞ったらいいのか…。せっかく眼瞼下垂の症状が改善したのに、新たな悩みが生じてしまったら、辛いですよね。

ケース2・仕上がりが満足できない!

顔が変わるというほど劇的で無くても「なんだか仕上がりが満足できない」という方もいます。
特に「二重の幅が変わってしまった」という術後の悩みは多いようです。せっかく保険適用でリーズナブルだったのに、仕上がりに満足できず、美容整形へ。結果的に割高になった…そういったケースも実際にあるようですね。

眼瞼下垂の手術で後悔しないために

眼瞼下垂の手術が1つではないことを知る

眼瞼下垂の手術方法は1つではありません。したがって、その見極めも、医師のノウハウやセンスにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

眼瞼下垂の手術は「切開法」と「埋没法」に大別できます。傾向としては切開法では目の印象が大きく変わる可能性が高いようです。しかし埋没法では、左右のまぶたを自然に揃えて仕上げるのが比較的難しいという問題点が。そもそも、眼瞼下垂が重度だと「埋没法」が選択できないケースもあります。
眼瞼下垂の手術は「切開法」と「埋没法」に大別できるものの、施術法法は、医師ごとに異なります。結局のところ、医師の数だけ手術法があるとも言えるでしょう。

信頼できるドクターに施術してもらう

結局、眼瞼下垂の手術は、信頼できるドクターに施術して貰うべきです。「保険適用だから」「家から近いクリニックだから」といった理由だけで選択すると、かえって手間やお金がかかることもあります。

目元の施術は、お顔の印象を劇的に変えうるので、こだわりすぎて困る ということはありません。例えば、目元の印象はナチュラルなまま、まぶたのたるみをしっかり改善する「眉下切開」のような施術もあります。信頼できるドクターと共に、施術方法はしっかり検討したいところですね。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

様々な手術や施術で後悔するケースを、私は数多く目にし、その修正なども手がけてきました。例えば眼瞼下垂の診断が下されるケースも多いですが、本当はかなりレアな疾患です。若い頃から、まぶたのたるみを感じている方も大勢いますので「眉下切開」の適応と言える場合も多いです。目だけでなく、額のしわやたるみに悩む方は「眉下切開」もぜひ検討すべきかと思います。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事