ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

眼瞼下垂の症状を知っていますか

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「眼瞼下垂の症状」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

眼瞼下垂の症状を知っていますか

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「眼瞼下垂の症状」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

眼瞼下垂の症状

h2:見出し

眼瞼下垂とは、簡単に言えば「まぶたが上がりにくくなる状態」です。単なる「まぶたのたるみ」というよりも、心身の様々な不調にもつながりやすいため、早めの対処が肝心となります。今回は「眼瞼下垂の症状」について知って頂きます。自覚症状がないほど怖いので、1度はチェックを!

眼瞼下垂の症状とは?

h2:見出し

目が開きにくい

「目が開きにくい」のは、眼瞼下垂の代表的な症状です。正確には、上まぶたが充分に上がらないことで、視野が狭くなります。ひどい場合には、瞳孔を覆い隠すようにまぶたがかかっており、かなりムリをしてもそれ以上にまぶたが上がらないこともあります。
「まぶたが重い…」と感じる方は、眼瞼下垂の疑いが高いです。

頭痛や肩こり、疲労感

眼瞼下垂は、単に「まぶたが上がらない、重い」という症状にとどまりません。
眼瞼下垂に多い症状は「頭痛や肩こり、疲労感」。むしろ、その原因がわからず、不定愁訴かと思っていた方が、実は眼瞼下垂だった…というケースも多いです。

眼瞼下垂でまぶたが上がらない方は、無意識のうちに、前頭筋や額の筋肉を酷使します。ムリしてまぶたを上げようとするため、筋肉の緊張状態が続き、それが頭痛や肩こり、疲労感につながると考えられます。

「眼瞼下垂の症状」をもっと詳しく

「眼瞼下垂の容貌」を知っておきましょう

眼瞼下垂の疑いがある方は、特徴的な容貌(顔立ち)になっていることも多いため、ここでチェックしましょう。

まず、眉の位置が上がり、額にしわがある方は、眼瞼下垂の可能性が比較的高いです。加えて、目の上がへこみ気味で、さらに左右の目の大きさがアンバランスなケースも。これは、左右の目で、眼瞼下垂の度合いが異なるためです。さらに、二重の幅が広がっている方も、眼瞼下垂の可能性を疑いましょう。
トータルとして、何となく疲れて眠そうで、表情が暗いような印象になっているかと思います。

早めの病院受診がおすすめです

眼瞼下垂は、病院で簡単にチェックできます。症状がひどい場合には、保険適用で治療できることもあるため、いずれも早めに病院で見てもらったほうが良いでしょう。

ただし、保険適用で安いからと、すぐに手術を受けるのは待ってください。眼瞼下垂の保険適用手術では、目元の印象が大きく変わってしまします。一般の病院は、あくまでも「眼瞼下垂の治療」を目的としているため、仕上がりまでは気にしません。むしろ、美容外科クリニックで施術を受けた方が、仕上がりが自然で、高い満足感を得ている方も多いようです。いずれも、慎重に検討したいポイントですね。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

保険適用治療はリーズナブルな反面、仕上がりの美しさなどは必ずしも考慮されていない場合があります。より積極的に美しくなるということを念頭に置いた場合、価格だけで安易に治療法を選択してしまうのは、必ずしも正しくないかもしれません。 安易に、眼瞼下垂の手術をし、出来栄えに後悔してしまうケースが少なからずあり、私のもとへ相談に来られる方もいらっしゃいます。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事