ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顎のたるみ〜原因を知ってスッキリしたい

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「顎たるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顎のたるみ〜原因を知ってスッキリしたい

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「顎たるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

「顎のたるみ」は太っている印象! 原因は何?

h2:見出し

顎がたるんで、 いわゆる「二重顎」のような状態になっていると、太った印象を与えてしまいます。 実際に、若い頃と比べて基礎代謝が落ち、太ってしまうことで顎のたるみが発生する場合もあります。しかし一方で、若い頃と体重が変わらないのに、顎のたるみが発生するケースもあります。その原因は一体なんなのでしょうか。

顎たるみの原因とは

h2:見出し

脂肪の重み

体重増加が気になる方や、体脂肪が増えてしまった方は「脂肪の重みが原因で顎がたるんでいる」ということが考えられます。
皮膚は、外側から表皮、真皮、筋肉や脂肪などの皮下組織といった多重構造をしています。 脂肪が増える要因としては、もちろんカロリー摂取のしすぎも考えられますが、同時に顔の筋肉量が低下することで、脂肪が蓄積しやすくなっている可能性もあります。 筋肉量の低下も、たるみの原因として懸念されますから、より、顎のラインが崩れる結果となるわけです。

皮膚が支えきれなくなった

特に太ったり、体脂肪率が増加していない場合には、皮膚のレベルでたるみが発生している可能性もあります。 肌を支える部位として、真皮層は重要ですが、その構成要素であるコラーゲンは、生産量が年齢とともに低下。また、その質も悪くなっていきます。そのため、重力に対して、皮膚が支えきれなくなるという現象が起きるのです。
また、体重増加や肥満とは逆に、急激なダイエットによって脂肪が縮小した場合も、皮がだぶつくような形で顎がたるむケースも考えられます。

「顎たるみ」は、痩せれば解消する?

ダイエットも無意味ではない。しかし…

肥満や、体重増加が認められる場合には、ダイエットも無意味ではありません。顎たるみの解消だけでなく、生活習慣病の予防的な側面からも、無理のない範囲でダイエットを試みるのも良いでしょう。 ただし、いちど発生してしまったたるみが、ダイエットによってどの程度解消するかは未知数と言わざるを得ません。また、過度なダイエットによって、体脂肪率だけでなく、筋肉量も低下してしまえば、さらなるたるみの要因となるため注意が必要です。

「努力」よりも「医師への相談」が最適

ダイエットなどで努力をしても、顎たるみが改善する保証はありません。このように考えると、ダイエットも無駄ではありませんが、非効率的な方法であるといえます。さらに、肥満や体重増加だけでなく、加齢などの要素も加わっている場合には、 顎たるみがそのまま残ってしまう可能性も考えられます。そして、そもそも顎たるみの原因が、体重や体脂肪の増加ではない場合、ダイエットをしても無意味です。
そのため、最も適切な方法は「顔のたるみに対する深い知識を持った医師などに相談すること」と言えるでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

顎は、お顔の下側に位置しているため、重力の影響を最も受けやすい箇所といえます。そのため、皮膚に支える力がなくなると、症状が出やすい箇所の1つといえるでしょう。 適切な治療法が望まれますが、注入系の治療コラーゲンやヒアルロン酸といった注入系の治療は御法度。重みを加えることとなり、さらにたるみを悪化させることになります。それよりも、糸を使ってお顔全体のたるみを引き上げるようなリフトアップ施術が最適かと思われます。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事