ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

ヘッドマッサージで頭皮のたるみを改善

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「ヘッドマッサージによる頭皮たるみ改善」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

ヘッドマッサージで頭皮のたるみを改善

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「ヘッドマッサージによる頭皮たるみ改善」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

ヘッドマッサージ〜頭皮のたるみをリフトアップ!?

h2:見出し

ヘッドマッサージは頭皮のコリをほぐしつつ、血行促進などを狙うマッサージ。頭皮のたるみ改善や引き締めによって、お顔の皮膚のリフトアップを狙うことも期待できるとされていますが、はたして本当でしょうか?
セルフケアも可能な手軽さで人気の「ヘッドマッサージ」を徹底解説します。

ヘッドマッサージのたるみ予防効果とは

h2:見出し

頭皮のたるみから顔のたるみへ!?

人間の皮膚は、常に重力の影響を受けています。つまり、下方に引っ張る力がかかっているので、皮膚を支える力が低下した場合にはたるみという形であらわれるのですね。そして、重力の影響を受けているのは「頭皮」も例外ではありません。

頭皮が原因のたるみは、額やまぶたのたるみほか、場合によってはほうれい線がより目立つような形であらわれます。できる限り早急な対策やケアを始めたところですが、そこで注目されているのが「ヘッドマッサージ」(頭皮マッサージ)です。

ヘッドマッサージ(頭皮マッサージ)でたるみ予防〜顔たるみへの効果は?

頭皮たるみの予防には、頭皮をベストな状態に保つことが必要です。美容院でヘッドマッサージを受けた経験のある方は「頭皮が柔軟なほど良い状態」と言われたことがあるかもしれません。実際にヘッドマッサージでは、頭皮にごわつきがなく、また筋肉の過度な緊張などによって血流やリンパの流れが妨げられていない状態を目指します。つまり「頭皮を柔軟な状態に近づけること」を目指すわけですね。

逆に「頭皮が柔軟さのない状態」とは「頭皮に元気がない状態」ということができます。この時、頭髪の重みに耐えきれない頭皮が重力の影響で下方に引っ張られることも。髪の毛がペッタンコに寝てしまい、ボリューム不足な印象を与えることになります。こういった悩みをお持ちの方は、ヘッドマッサージを試すと良いかも知れません。

なお、顔と頭部の皮膚は、一枚で繋がっているのは事実。ただし、人間の顔の皮膚は「頭巾」を被せたような単純なものではなく、各ポイントで腱(リガメント)が強力に皮膚をつなぎとめているのです。したがって、仮に頭部の皮膚が引き締まっても、顔面のたるみ改善につながらない可能性も意識しておくべきかと思います。

ヘッドマッサージの方法&さらなる「たるみ対策」について

ヘッドマッサージ(頭皮マッサージ)の方法

もっとも簡単なヘッドマッサージは、生え際から頭頂部に向かってマッサージする方法です。まずは生え際に沿って指を並べます。そのままゆっくりと力を加え、頭頂部に向けて移動します。特に回数制限などはありませんので、好きな時におこなってください。こちらは眼精疲労に効くケースもあるようなので、デスクワークなどで目が疲れたときにおこなっても良いかも知れませんね。

また「マッサージブラシ」を使ってヘッドマッサージをおこなう方法もあります。強く押し当てると頭皮を傷つける恐れがあるため注意して頂きたいですが、血行促進には効果的と考えられます。ヘアスタイルを崩したくない、と言う方はブラッシングをしない傾向にあるようですが、頭皮の健康のためにも1日2〜3回程度はおこなうことが得策と言えるでしょう。

さらなる「たるみ対策」を考える

手軽におこなえるヘッドマッサージ。しかし、デメリットが全くないわけではありません。マッサージをおこなう場合、多かれ少なかれ「皮膚の繊維組織を引き伸ばすこと」につながります。プロがおこなう場合には潤滑油やゼリーなどで皮膚への不要な刺激をできるだけ避けてくれますが、それにも限界が。複数回の施術では、ごくわずかでも皮膚へのダメージは蓄積しますし、あるいはマッサージの効果を上回る速度でたるみが進行する可能性も考えられます。年齢を重ねていらっしゃる方では特にそうです。

「皮膚の繊維組織を引き伸ばさないような施術」とは「短期間で確実な効果をもたらす施術」のこと。現状では「フェイスリフト手術」や「糸を使ったリフトアップ施術」しかありません。たるみの「根本改善」を目指す方は、ぜひ検討すべきです。もちろん、これらの美容医療施術の中にも様々な種類がありますので「より体への負担が少なく、効果が持続するもの」を検討すると良いでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

気持ちがいいということを除けば全くいらない施術のように思えます。 どの部位でもあまり強くさわり続けると支持組織がゆるむので、たるみが強くなると言えます。 お顔と同じように頭もあまり強くこすっていいことがあるわけはありません。
お顔・頭・首はすべてつながっていますので、頭のボツリヌストキシン注射(いわゆるボトックス注射) を受けたところ「頭の汗は止まったが、お顔から首にかけて劇的にたるんで老けた」と言う冗談の様な相談が時々本当にありますので、頭がたるんでも髪の毛にかくれているからかまわないということにはならないように思います。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事