ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

頬のたるみへ「改善エクササイズ」!

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「頬のたるみ改善エクササイズ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

頬のたるみへ「改善エクササイズ」!

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「頬のたるみ改善エクササイズ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

頬のたるみ改善エクササイズをはじめよう

h2:見出し

頬のたるみがひどくなると、いわゆる「ブルドック顔」と呼ばれる容貌に近づきます。締まりのなさは見るからに年齢を感じさせてしまうことでしょう。今回は頬たるみの改善を目指した「エクササイズ」を厳選してご紹介します。

頬のたるみ改善! エクササイズ前の事前知識

h2:見出し

頬のたるみはなぜ起こる?

たるみの原因を考える場合には、皮膚にばかり関心が行きがちです。確かに、皮膚の深層(真皮層)が弱まることで、たるみは起きます。しかし実は、皮膚の下(筋肉や脂肪、骨)の各レベルでもたるみが発生するのです。セルフケアを考えた場合には、皮膚だけで無く「顔の筋肉」にも注目することで、よりしっかりとたるみへのアプローチが出来るかと思います。

「表情筋の衰え」が諸悪の根源!?

頬に限らず、顔たるみの一因には「表情筋の衰え」が関係していると考えられます。

表情筋が痩せることで、皮膚の内側からかかる圧力が弱まります。同時に皮下脂肪が付きやすくなり、その重みで皮膚が下垂しやすくもなるのです。

頬たるみを改善するエクササイズ2選

口すぼめエクササイズ

頬たるみを改善するエクササイズとして、まずおすすめしたいのが「口すぼめ」です。

方法は簡単で、唇を突き出しながら、空気を吸い、唇をすぼめるだけです。口周りの筋肉(口輪筋)を中心に、両頬の筋肉の存在が感じられたらベター。唇をすぼめた状態をキープして、唇だけを上下に開閉してください。口角を引き寄せるイメージでおこなうと上手くいきやすいですよ。

大きな口を開けるエクササイズ

こちらは、大きく口を開けてエクササイズをおこないます。 普段、大きく口を開けない方は難しいかもしれませんが、これだけでも、口周りや顎関節のストレッチとなります。もちろん、ムリは禁物ですよ。

大きく口を開きましたら、まず左の頬を上げて数秒キープします。頬が左上に引っ張られるイメージで筋肉を上げましょう。終わりましたら、右の頬も同様に上げて数秒キープします。
これを1セットとして、5セットおこなってください。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事