ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

頬のたるみ〜原因・症状・改善法を徹底解説!

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「頬たるみの原因・症状・改善法」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

頬のたるみ〜原因・症状・改善法を徹底解説!

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「頬たるみの原因・症状・改善法」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

頬たるみで「老け顔」に!

h2:見出し

みなさんは「頬のたるみ」と聞いてどのような印象を受けるでしょうか?「おたふく」程度ならば、まだ可愛いですが、垂れてくると一気に老け顔の印象に。例えば、ブルドックをイメージすれば分かりやすいでしょう。頬のたるみ改善を目指して、原因や具体的な症状をチェックしましょう。

頬がたるむ原因&チェック方法

h2:見出し

頬がたるむ原因を知ろう

頬のたるみが起こる原因には「老廃物の滞り」「頭皮のたるみ」「顔の筋肉の衰え」などが考えられます。
リンパの流れが慢性的に悪いと、老廃物が滞りがちに。その結果、排出されない老廃物の重みがたるみにつながるケースもあるようです。また、加齢などによって顔の皮膚全体がたるむ傾向にある場合には、その影響が頬にも及ぼされます。特に「頭皮のたるみ」は、頭部の下側にあるまぶたや頬のたるみとしてあらわれることも。
さらに、表情筋の衰えなども、支えを失った皮膚をたるませる一因になります。

頬たるみには「毛穴のチェック」を!

頬のたるみについては自覚症状が無い方も多いよう。そんな方は、鏡でご自分の頬を見てみましょう。その際、着目したいのが「毛穴」。皮膚がたるむと、その重みで毛穴が開いて形も歪みます。具体的には「涙型」になることが多いです。

「最近、頬の毛穴が目立つな…」とお悩みの方は、頬にたるみが発生している可能性があります。

頬たるみの予防&改善を目指す

頬たるみの予防策

頬たるみを予防するには「皮膚レベルの予防」と「表情筋レベルの予防」の2つが考えられます。
「皮膚レベルの予防」では、肌を支える「真皮層」をケアすることです。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など真皮層を構成する栄養素をしっかり摂取します。化粧品に含まれる成分は分子が大きくて満足な浸透が期待できないこともあるので、毎日の食事に気をつけましょう。 なお、紫外線はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを作る「繊維芽細胞」を傷つけるため、UVケアはしっかりおこなうべきです。

「表情筋レベルの予防」では、加齢による表情筋の衰えを防ぎます。 意識的な表情筋トレーニングも重要ですが、毎日の食事で咀嚼(ものを噛むこと)をしっかりおこなうだけでも、手軽に運動量がアップできます。

頬たるみの改善策

上記は、頬たるみの予防に効果が期待できますが、すでに起こっているたるみの改善まで見込むことはできません。

すでに起こっているたるみについては、皮膚、あるいは皮下組織が伸びている可能性が高いと考えられます。よって「伸びた皮膚・皮下組織の切除」か、あるいは「医療用糸を使用しておこなう物理的なリフトアップ」が、確実なたるみ改善には必要になるでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

頬たるみの「予防策」と「改善策」を混同してはいけません。

予防は、セルフケアやホームケアでも可能なことがありますが、たるみの本当の意味での改善は、完全に「美容医療の領域」と言えるかと思います。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事