ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

ほうれい線とたるみの関係&原因

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「ほうれい線とたるみの関係&原因」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

ほうれい線とたるみの関係&原因

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「ほうれい線とたるみの関係&原因」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

ほうれい線は「たるみ」が原因だった!

h2:見出し

頬と鼻に深く刻まれる「ほうれい線」。年齢を感じさせるサインとしてお悩みの方も多いことでしょう。実は「ほうれい線」はたるみの一症状。放置すれば、より濃く目立つようになる可能性もあるため、早めのケアが必要となります。

ほうれい線とたるみの関係〜原因から知るたるみケア

h2:見出し

たるみで「ほうれい線」ができる仕組み

ポニーテールにすると、ほうれい線が薄くなったり、消えたりする。 …そんな方は、肌のたるみによってほうれい線が発生していると考えられます。肌は、支えを失うことでたるみますが、特に頬から側頭部にかけてのたるみはほうれい線を目立たせる要因となるのです。

ポニーテールで、ほうれい線が薄くなったり、消えたりしたのは、たるんだ皮膚が後ろ側に引っ張られたことによる「リフトアップ効果」なのですね。

ほうれい線を発生させる「たるみ」の原因は?

皮膚は、支えを失うことでたるみます。皮膚は、皮膚自体にも支える構造がありますが、それを担うのが「真皮層」です。真皮はコラーゲンとエラスチンによる繊維ネットのような構造で、肌表面の「表皮」を支えます。そして、その下層ではさらに「筋肉や脂肪」といった皮下組織が、皮膚を支えます。さらに、最下層とも言える「骨」もまた、皮膚を支える重要な要素です。

急激なダイエット、運動不足、加齢など様々な要因が、皮膚の支えを失わせ、「たるみを発生させる原因」となります。

「たるみが原因のほうれい線」〜ベストなケア&改善法は?

「たるみ」はセルフケアが最も難しい

例えば美白目的であれば、ビタミンCやUVケアが効果的。セルフケアも比較的容易です。しかし、ほうれい線をはじめとする「たるみ」は、原因が多岐に渡っています。

まず、発生したたるみが、皮膚、筋肉、脂肪、骨のどのレベルで起こっているのかについても、私たち素人では判断できません。実際にセルフケアでは「適切なケアすら選べていない」というケースがほとんど、と考えられるのです。

「たかがほうれい線」と侮るなかれ

ほうれい線はたるみの1つの症状です。目立つほうれい線に悩まされている方は、すでに顔の各部でたるみが発生している可能性があります。現在は大丈夫でも、これからさらに年齢を重ねれば、たるみが顔全体に発生する恐れも懸念されます。表情筋が衰え、骨量が減少してゆけば、顔の皮膚の支えもどんどん無くなっていきますよ。

5年後、10年後の美しさは「現在の適切なケアしだい」。間違ったセルフケアで時間やお金を費やさず、数々のたるみを見、治療を実践してきた医師に相談することが最も賢い方法です。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

病院でおこなう施術にも多様な選択肢があります。ほうれい線をはじめ、ほほ、口回り~目の下、ゴルゴライン、マリオネットライン、フェイスライン…わたくしの経験上、完全に一続きと言っても良いと思います。一見広く感じるこれら部位のトータリティを小分けに考え、施術をおこなうのは、ある意味でごまかしが入っているとも思います。ほうれい線のお悩みは、広い視野で施術をプランニングできる医師へご相談ください。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事