ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「口周りのたるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「口周りのたるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

口周りのたるみで、顔の印象が台無しに

h2:見出し

口周りに締まりがないのは、だらしのない印象を与えてしまいます。単にだらしがない印象にのみならず、ぼやけた顔の印象にもなってしまうので、早急なケアを考えたいですね。
また、老け顔でお悩みの方も、1度は「口周りのたるみ」を疑うべきです!

口周りのたるみ 〜その原因とは

h2:見出し

年齢が出やすい口周り

目の周りと口周りは年齢が出やすい箇所と言われています。両方に共通しているのは、「皮膚が薄い」と言う点です。
年齢サインとして、はじめはシワがが出来やすくなり、それらが深く刻まれるようになります。同時になんとなく化粧ノリが悪くなったり、しまりがなくなってきたときは、たるみが発生してきたと考えるべきです。

大きく2つの原因が!

口周りのたるみは「皮膚」と「筋肉」、2つの段階で起こっていると考えられます。つまり、口周りのたるみの原因は、大きく2つあるわけですね。
皮膚レベルでは、加齢や紫外線ダメージなどの影響で「肌の弾力が失われている状態」が起こると、たるみが発生。また、口周りの筋肉である「口輪筋(こうりんきん)」の衰えも、たるみを加速させます。

口周りのたるみ〜知っておきたい改善法!

普段のケア方法

口周りのたるみをケアするためには、普段からの注意が必要です。皮膚の薄い口周りには、添加物など刺激になるものが入っていない化粧品を使いましょう。また顔全体や首周りは紫外線を遮るものがないため、UVケアを徹底してください。
もう1つの予防ケアとして考えられるのは「口周りの筋肉をよく使うこと」です。食事においてしっかり咀嚼をすることも良いでしょう。また、カラオケで歌ったり、大きな口を開けて笑ったり、と言ったことにも、たるみ予防の効果が期待できます。 ただしこれらは予防的なケアであって、たるみ改善のケアではありません。

美容施術で「口周りのたるみ」の改善を目指す

たるみが発生しているのは、肌に元気がなくなっている証拠。たるみの原因となっている箇所は、表皮よりも「真皮」に着目して、真皮を構成するコラーゲンやエラスチンをきちんと生み出せる状態を作るべきです。
そのための美容施術としては、フォトフェイシャルなどがよく知られていますが「糸を使ったフェイスリフト施術」を行うことも有効。糸で物理的にたるみを引き上げると共に、糸の刺激によるコラーゲン生産促進効果で、肌ハリの改善も期待できます。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

「糸を使ったフェイスリフト施術」の中でも、 スプリングスレッドのように効果的なリフトアップを受けると、品がある顔になったり、何となく美人になったり、かわいくなったり、オーラが出たりするでしょう。
かつて施術した20代女性は、口回りのたるみが多く、下膨れにも見えました。しかし、スプリングスレッド後に再診に来られた時には別人と間違われるほど真逆の雰囲気の方に変貌されていて、スタッフ全員がビックリ。口回りのたるみは全然なくなっていたのと、フェイスラインがシャープになって 理想的な卵型の顔になっていました。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事