ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

たるみは睡眠不足も原因に!?

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「たるみと睡眠不足の関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

たるみは睡眠不足も原因に!?

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「たるみと睡眠不足の関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

たるみ〜睡眠不足にも気をつけて!

h2:見出し

睡眠不足は、お肌のみならず、体の調子も狂わせます。厚生労働省も注意喚起しているため、たるみ予防だけでなく健康面からも気をつけたいところです。
今回は睡眠セルフチェックほか、良質な睡眠をとる方法や睡眠不足の意外な原因に至るまでをわかりやすくお伝え致します。

睡眠不足によるたるみ〜セルフチェック10選

h2:見出し

まずは知りたい!良質な睡眠の健康効果

寝ている時、私たちの体内では「成長ホルモン」が分泌されます。すでに成人を過ぎた私たちの身長を伸ばすようなことはありませんが、傷ついた細胞の修復などによって、私たちの体調やお肌を整えてくれるのです。つまり、肌ハリ低下によるたるみ予防をはじめ、美しい肌の維持にも「良質な睡眠は不可欠」と言えるでしょう。

また厚生労働省のサイトには「質の悪い睡眠が生活習慣病リスクを高め、なおかつ悪化させる」と明記されています。睡眠不足は、特に肥満とも大きく関係し「高血圧」「糖尿病」「脂質異常」のリスクを高め、ひいては心筋梗塞・脳血管疾患といった「心血管疾患」へとつながる危険性が懸念されているのです。

美容にとどまらず、私たちの健康やQOL(人生の質)をも大きく左右するのが「睡眠」なのですね。

良い睡眠はとれていますか?〜「セルフチェック10選」コーナー

・ 睡眠時間は6時間以下/就寝時間は深夜0時過ぎが多い
・ 寝る直前まで、テレビ、スマートフォン、パソコンなどをいじっている
・ 電気をつけたまま寝る
・ 入浴よりもシャワーが多い
・ 寝付きが悪い
・ 寝る数時間前までにお酒を飲んでいることが多い/夕食が遅い
・ 寝起きの時間が不規則
・ 日中でも眠気を感じる/うとうとすることが多い
・ コーヒーや紅茶など「カフェイン入りの飲み物」を夜に飲むことが多い
・ 最近運動不足だと思う


以上、10のチェック項目から当てはまるものを選んでください。
実は1〜2個当てはまるだけでも、良質な睡眠がとれていない心配がありますので気をつけましょう!

良質な睡眠法&睡眠不足の意外な原因

良質な睡眠をとる方法

良質な睡眠をとるためには「リラックス」が不可欠。日中は活動のために「交感神経」が優位に働いていますが、睡眠時には逆に「副交感神経」を優位にする必要があります。
可能であればなるべく残業を控え、美味しいものを食べ、ゆっくりお風呂に入るなどして、体の緊張状態を解いていきましょう。(ただし、お酒は適量に!)
加えて、適度な運動はかえって疲労回復や安眠をもたらします。お忙しい社会人の皆様は運動の時間を作りにくいかもしれませんが、歩く機会を増やしたり、就寝前にゆったりとストレッチをするだけでも眠りの質は全然違います。
なお、入眠前は不要な刺激を避けたいので、テレビ、スマートフォン、パソコンも早めに切り上げましょう。

睡眠不足の意外な原因とは

1つめは、「肩こりや頭痛」が原因の睡眠不足です。肩こりや頭痛は「筋肉の持続的な緊張状態」が一因。その根本原因が、実は「まぶたのたるみ」や「眼瞼下垂」だった、というケースが最近話題となっています。
まぶたが下がると、目を開けにくくなり、他の筋肉を不自然に酷使することになります。その結果「慢性的な筋肉の緊張状態」が広がり、肩こりや頭痛の症状としてあらわれているケースがあるのです。しかし軽度の眼瞼下垂では保険が適用されないケースも。また保険適用されたとしても、不自然な仕上がりに不満を持つ方も少なくないと言います。ナチュラルな仕上がりの美しさを求める場合、美容整形に頼ることがベストなケースもあるため、気になる方は1度、信頼できる美容ドクターに話を聞いてみても良いかもしれません。

2つめは近年注目を浴びる「睡眠時無呼吸症候群」です。早めに寝て、睡眠時間も充分なはずなのに、なぜか日中眠い…。そんな方は、睡眠中に呼吸困難に陥っている可能性が。特にご家族から「大きないびき」などを指摘されている方は、1度早めに受診なさってください。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

睡眠不足はたるみのもと…当然、そうでしょう。睡眠不足は老化の元。 たるみの予防には必要ですが、いったん生じたたるみを睡眠で改善することはできません。
なお、眠りすぎるとむくんだ顔になり、一時的にたるみが目立たないかもしれませんが そのこと自体がたるみのケアになるわけではありません。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事