ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

リフトアップマッサージはたるみに効果的?

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「リフトアップマッサージの効果」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

リフトアップマッサージはたるみに効果的?

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「リフトアップマッサージの効果」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

リフトアップマッサージでたるみ改善

h2:見出し

リフトアップマッサージは、たるみ解消を目指す施術。サロンのホームページなどの写真では、ビフォアー・アフターで、お顔の印象が大きく変わっているため、思わず期待してしまいますよね。
しかし、仮にこのような即効性があるとしても「効果の長期的な持続」は期待できません。さらに「回数を重ねれば重ねるほど効果的」なのではなく、むしろ「回数を重ねるほど、たるみが悪化するリスクがある」という点も知っておきましょう。

リフトアップマッサージの方法&注意点

h2:見出し

リフトアップマッサージの方法

リフトアップマッサージはその名の通り「たるみの引き上げ・改善」を目指すマッサージ。サロンほか、市販の美顔器やマッサージオイルを使ってセルフケアすることも可能です。
リフトアップマッサージは、決まった一定の方法が確立されているわけではありません。いわば民間療法であるため、サロンやエステティシャン、マッサージを行う方の数だけ方法があると言えるでしょう。 基本的には、血行促進や筋肉の引き締めをおこなうために、上方に向けてたるみを引き上げるようにマッサージします。その際、ツボ押しやリンパマッサージも同時におこなうこともあるようです。

リフトアップマッサージの注意点

リフトアップマッサージで注意しなければならないのは「強さと回数」です。マッサージやリフトアップの力が強すぎると、真皮を構成する繊維状のコラーゲンを傷つける恐れが。皮膚繊維がちぎれてしまったり、のびてしまい、かえってたるみが悪化して逆効果になることもあります。特に、我流で長時間、毎日マッサージをされる方などは要注意です。

また、プロがどんなに注意を払っても、頻繁にマッサージをおこなう場合には、真皮にダメージが蓄積し、肌の弾力を低下させるリスクも高まります。けれど、マッサージでのリフトアップ効果は短めなので、あまりに時間をあけると効果が実感できない…。 リフトアップマッサージは、常にこうしたジレンマや危険性と隣り合わせ。プロがおこなっても、このようなリスクは根本的になくなりません。

顔たるみの根本ケアとは?

表皮に影響を与えずにたるみを引き上げたい

マッサージそのものの美容・健康効果は否定できません。しかし、どうしても「肌の上」から施術をおこなわざるを得ないために「皮膚繊維がちぎれる・のびる=皮膚の弾力低下や、たるみ悪化のリスク」がついて回ります。
このようなリスクを回避するには「皮膚へのダメージを極力避ける」ようにしながら「効果的にたるみを引き上げる」しかありません。今のところ、そのような希望を叶える施術は「美容医療施術」以外にはないのですね。

美容医療施術も完璧ではない

ただし、全ての美容医療施術に「顔たるみの根本ケア」が期待できるわけではありません。例えば、手軽な施術として選ばれることの多い「プチ整形」(注射・注入系施術、レーザー・照射系施術など)には注意が必要です。

注射・注入系施術では、注射した成分の重みによって「新たなたるみの原因」になることも。一方、レーザー・照射系施術についても、物理的にたるみを引き上げて固定するわけではないため、仕上がりや効果の持続も不安定(不確定)になりがちです。
そのように考えますと、美容医療施術の中では「糸でたるみを引き上げて、しっかり固定する施術」が、最良の選択肢の1つと言えるでしょう。また、切開・切除を伴う「フェイスリフト手術」の中にも、比較的負担が少なく、費用対効果の高い目元の施術(眉下切開など)もありますので、信頼できるクリニックで、1度話を聞いてみることもおすすめです。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

マッサージを始めてからひどくたるんだと言う相談は多いので要注意です。たるみ治療であるはずのリフトアップマッサージを行うと支持組織が引き伸ばされて、お顔が間延びしたようにたるみます。元々やらない方がよいものですが、刺激を加えるため直後は引き締まって見えるためか、なかなかなくならないようです。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事