ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「輪郭のたるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「輪郭のたるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

輪郭のたるみがあなたの魅力を奪う

h2:見出し

小顔は美人の大切な要素。しかし、実際の顔の大きさよりも「輪郭がしゅっとしまっている」という印象のほうが大切です。輪郭(フェイスライン)のたるみは顔の印象をもぼやけさせ、顔をなんとなく大きく見せてしまうケースもあります。あなたの魅力を奪う「輪郭のたるみ」に対して、適切な対処法を知ってください。

輪郭のたるみ〜その原因とは?

h2:見出し

輪郭がたるむとこんなデメリットが

輪郭がたるむデメリットは「顔が大きく見えてしまうこと」です。シャープな印象が損なわれ、若々しさが感じられなくなることも。どんなにメイクをしっかりおこなっても、どうもイマイチ…そんなふうに感じる方も多いといいます。

輪郭たるみの原因

大きな要因は「加齢」です。皮膚のレベルでたるんでくることも考えられますが、やはり「表情筋の衰え」は大きく関係していると言えそうです。

表情筋が衰えると、そこに乗っていた脂肪や皮膚を支えきれなくなります。また、筋肉の衰えはエネルギー代謝の減少にもつながるため、脂肪が蓄積しやすくなります。そのためフェイスラインに対して、ダブついてしまりのない印象を生み出してしまうのですね。

輪郭のたるみ〜その改善法は?

輪郭のたるみ改善はまず「あご」から

輪郭のたるみによって、顔が大きく見えてしまう…。その改善には、あごや首周りに注目する必要があります。アゴの下がたぷたぷダブついてきたり、首周りがたるんでいると、顔が必要以上に大きく見えてしまいます。特に二重顎が目立つ方では、輪郭のたるみがかなり進行していると考えてよいでしょう。

表情筋トレーニング&美容施術を試してみて!

表情筋を効率よく鍛えるには、大きな筋肉を鍛えるのが良いでしょう。そのためには口周り(口輪筋)のトレーニングが有効です。表情筋トレーニングや様々な方法がありますが、三日坊主になってしまう人も多いかと思います。そこで、どんな方でも毎日おこなっている動作でトレーニングしていきましょう。それは毎日の食事(咀嚼)に他なりません。

食物をかむときに、最低でも30回の咀嚼を意識します。これを数ヶ月続けただけでも、輪郭の引き締めを多少実感できるかと思います。ただし、顔のたるみにはどうしても年齢が関係します。特に40代以上の方はセルフトレーニングだけでは限界があります。1人で頑張りすぎて悩みよりも、負担の少ないフェイスリフト施術などを検討したほうが、結果的に満足ゆく解決が期待できるでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

フェイスラインがぼやけるということは、皮膚が下垂してたるんでいる可能性があります。肉のだぶつきによって顔が大きく見えたり、太っているような印象を与えてしまうことでしょう。少なくとも若々しさや精悍なイメージとはほど遠くなります。ひとつの対策としては、やはり表情筋をしっかり鍛えることも大切なので、日常生活で気をつけることができる点も少なくありません。しかし、進行したたるみに対しては効果がほとんど出ないケースも多いので、1度医師に相談するようにしましょう。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事