ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

たるみ改善には「咀嚼」を意識しよう

たるみは肌だけでなく、筋肉や骨も関係します。特に、表情筋の衰えは「ほうれい線」「あごのたるみ」につながる恐れもあるのです。そこで、表情筋を効果的に鍛えることが望ましいですが、ふだん私たちが食事におこなう動作「咀嚼」(そしゃく)に対する意識を変えるだけでも、効果的な表情筋トレーニングが期待できます。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

たるみ改善には「咀嚼」を意識しよう

たるみは肌だけでなく、筋肉や骨も関係します。特に、表情筋の衰えは「ほうれい線」「あごのたるみ」につながる恐れもあるのです。そこで、表情筋を効果的に鍛えることが望ましいですが、ふだん私たちが食事におこなう動作「咀嚼」(そしゃく)に対する意識を変えるだけでも、効果的な表情筋トレーニングが期待できます。

たるみ改善には「咀嚼」が効く!?

h2:見出し

基礎化粧品には、たるみの改善効果は期待できない…。このサイトでも特にお伝えしている点です。それでは、セルフケアとしてできることはないのでしょうか?そんなことはありません。
例えば、万人にとって身近な「咀嚼」の見直しが、効果的なたるみ予防につながります。加齢による筋力の衰えを感じる方はもちろん、魅力的な表情でよりキレイになりたい若い方もチェックしましょう!

たるみにも効く「咀嚼」の効果

h2:見出し

私たちは意外と「咀嚼」していない!?

食事が「貴重な表情筋トレーニングの機会である」ということを意識している方は少ないはず。考えて見れば、様々な食物を粉砕し細かく、かみ砕く動作は、筋トレ以外の何ものでもありません。

しかし、従来から指摘されているように、私たちは昔の人に比べて、堅いものを食べる機会が減っているようです。膨大な種類が販売される既製品の食物で、あまりにも堅いようなケースはほとんどありません。万人が口にできる工夫、そして、クレームを避ける意味合いがあるのでしょう。加えて、仕事や学業など何かと忙しい現代人は、食事も早めに済ませる傾向が。そのため、充分に咀嚼する食事ができていない方も多いと考えられます。

「咀嚼」に期待できる効果

咀嚼すると、口周りや顎の筋肉が使われるため「表情筋を鍛える効果」が期待できます。たるみの予防にも効果が期待できるほか、脳への刺激となり「活性化」につながるとも言われています。満腹中枢がきちんと刺激されるため「食べ過ぎ防止によるダイエット効果」もあるようです。しかし、期待できる効果はこれだけではありません。

咀嚼によって食物が細かく粉砕されると、消化吸収が良くなります。食物は、体内に摂り入れられると、消化酵素によって細かく分解されます。しかし、充分な咀嚼によって食物が細かく粉砕されていれば「消化と栄養吸収がより容易かつスムーズ」になるのです。この他、充分な咀嚼をおこなうと唾液の分泌も盛んになり「虫歯や歯周病の予防」も期待できます。

咀嚼に期待できる「たるみ」への効果

咀嚼で使われる筋肉

咀嚼では、噛みしめるための筋肉「咬筋」(こうきん)を中心に多くの筋肉が刺激されます。具体的には、頬の筋肉「頬筋」(きょうきん)ほか、おとがい筋、そして、口周りに位置する「口輪筋」(こうりんきん)や舌の筋肉への効果的に刺激できるでしょう。

これらが効果的に鍛えられることで、頬やアゴのたるみ、ほうれい線や二重あごの予防や小顔効果も期待できると考えられます。

簡単にできる「咀嚼筋トレーニング」

咀嚼筋の最も簡単なトレーニング方法は「噛む回数を増やす」ということです。できれば、1度に30回前後の咀嚼を目指したいところですね。しかし、普段食べている食物が柔らかいものばかりの方では、なかなか難しいはず。そこで、せんべいやイカなど、よく噛んで食べざるを得ない食物を積極的に口にしましょう。

また、ガムを噛むことも表情筋トレーニングとしては効果的です。通勤通学時など、ちょっとした時間に噛むだけでも、咀嚼筋を簡単に鍛えることができます。たるみの効果的な予防法としてぜひお試しください!

ドクターズコメント

ドクターズコメント

咀嚼運動は確実にたるみに劇的ではないですが、よい効果があると思います。消化吸収の面でも、よく咀嚼して食事を摂るようにすることには大きなメリットがありますよ。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事