ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

たるみの改善&予防に良い食べ物

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「たるみと食べ物の関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

たるみの改善&予防に良い食べ物

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「たるみと食べ物の関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

たるみと食べ物の深い関係を知ろう!

h2:見出し

顔のたるみ解消に効く食べ物はあるのでしょうか。あるいは、たるみ予防が期待できる食べ物は?
今回は、食べ物の知識を通じて美容に関する知識を深めましょう。単に食べ物そのものだけでなく、そこに含まれる栄養素についても理解することが重要です!

顔のたるみの原因&予防に必要な栄養

h2:見出し

「顔のたるみ」はなぜ起こる?

顔のたるみは、重力に耐えきれなくなった皮膚が下垂することで起こります。加齢によって骨や筋肉が痩せることで、お肌の支えが弱まることも原因の1つ。もちろん、お肌そのものの弾力が失われることも、たるみの原因となりますよ。

さて皆様は、基礎化粧品などで美容成分を日々お肌へ補給していることでしょう。しかし、お肌にはバリア機能(異物の侵入を防ぐ働き)があるため、なかなか効率的に美容成分を補給することは難しいと言えます。

そこで注目したいのが、美容成分の「内側からの補給」。具体的には、毎日の食事を見直すことで、お肌に良い成分を摂り入れてみましょう。

顔のたるみ予防に必要な栄養とは

皮膚はおおまかに「表皮」と「真皮」に分けることができます。土台である「真皮」の上に「表皮」が乗っているイメージです。お肌の美しさについては、皮膚の外側に位置する「表皮」(または、外界と接する「角質層」)が大切ですが、こと「たるみ」に関しては「お肌の土台=真皮」に注目しましょう。

真皮は「コラーゲンとエラスチン」が編み目を形成し、その隙間で「ヒアルロン酸」が水分を蓄えています。つまり「コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が摂れる食べ物」を積極的に採り入れることが、たるみ予防にとってもプラスになると考えられます。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が摂れる食べ物

顔のたるみ予防に!注目したい食べ物

【コラーゲン・エラスチンが摂れる食べ物】
動物性たんぱく質、つまり動物のお肉にコラーゲン&エラスチンは多く含まれます。具体的には、牛すじ、鶏皮など豊富です。食べ方としては「煮込みスープ」がおすすめ。コラーゲン繊維がほぐれ、吸収効率も高まりますよ。

【ヒアルロン酸が摂れる食べ物】
優れた水分保持機能によってお肌のみずみずしさを生み出すヒアルロン酸。こちらは、うなぎ、鮭、フカヒレなどのお魚ほか、豚足や鶏軟骨にも多く含まれます。さらに、海藻、オクラ、納豆、山芋といった「ねばねばした野菜」にもヒアルロン酸は豊富です。

ビタミン・ミネラルも忘れずに!

「コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸」は単体でたくさん摂っても意味がありません。これらの栄養がきちんと消化吸収されるためには「ビタミン・ミネラル」も充分に摂っておく必要があります。

例えば、ビタミンC(ローズヒップやアセロラに豊富です)にはコラーゲン生成をサポートする働きが。栄養を全身に運ぶ血液をさらさらにしてくれるポリフェノール(ケルセチンなど。タマネギに豊富です)もきちんと摂っておきたいですね。
効率的な摂取としましては、日々の野菜・果物を多品目にすること。熱に弱いものもありますので「野菜と果物のミックスジュース」などは、大変に良いビタミン・ミネラルの摂取方法と言えるでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

当然、たるみ予防のためには必須ですが、たるんでしまったものを改善できるような栄養はないでしょう。
サプリメントなども同様にあくまで予防です。決して治療ではないことに注意してください。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事