ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

喫煙がたるみを加速させる!!

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「喫煙とたるみの関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

喫煙がたるみを加速させる!!

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「喫煙とたるみの関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

喫煙による顔たるみ〜「たばこ顔」をご存じですか?

h2:見出し

たばこを長年吸っている…。そんな方の顔にはある特徴が出ることがあります。歯の黄ばみは何となくイメージできるでしょう。
しかしそれだけで無く「肌の不調」という形で特徴が出ることも多いため、注意が必要です。シワはもちろんのこと、頬やまぶたの「たるみ」もタバコ顔の典型的な状態と言えます。

喫煙とたるみの関係

h2:見出し

喫煙はなぜ美容&健康に悪いのか

喫煙はよく「美容や健康に悪い」と言われます。その理由は「活性酸素」が発生するからです。活性酸素は、激しいスポーツほか、ストレスや飲酒などでも体内に発生します。そして、細胞やDNAを攻撃することで、病気の原因になるとされているのです。

活性酸素は、生命活動に「酸素」が不可欠な、私たち人間には避けることができません。実際に、体内で処理できるレベルで発生した活性酸素であれば問題なし。ただし日常的な喫煙によって生まれる活性酸素の過剰だと、体の処理能力を超えることがあります。

たばこが原因の「たるみ」

たばこが肌に悪い理由の1つが「ビタミンC」を大量に消費する点です。ビタミンCは「美肌のビタミン」とも言われます。その理由は、肌のコラーゲン合成を助けるからです。つまり、若々しい肌ハリには欠かせない成分と言えるでしょう。

しかし、タバコを吸うと、体内で発生した「活性酸素」の処理にビタミンCが使われます。ビタミンCは大変酸化しやすい物質なのです。日常的な喫煙習慣がある方では、体内のビタミンC不足から、肌のコラーゲン合成が充分におこなわれず、結果的にたるみが発生しやすくなっている可能性が考えられます。

「喫煙によるたるみ」の解決法

ベストな方法は「減煙・禁煙」

今回は、悪習慣の原因が明確に分かっています。そこで、禁煙にトライすることが最も良い方法と言えるでしょう。いきなりの禁煙が難しければ、段階的に本数を減らす方法もあります。
ご自分だけでは無理そうならば、禁煙外来を訪れ、医師の指導や判断を仰ぐのが禁煙の近道と言えそうです。特に、30〜40歳になっており、すでに肌のたるみに悩んでいる方は、一刻も早い禁煙をおすすめします。

すでに起こってしまった顔たるみをどうするか

禁煙は、顔たるみの予防として効果的です。しかし、禁煙しても「すでに起こってしまった顔たるみ」が改善されるわけでは無い点には注意しましょう。進んでしまった時間は、元に戻すことはできませんよね。

喫煙習慣はある意味で、時間の速度を早めることに似ています。つまり、自ら老化を促進させてしまった、とも言えるわけです。こうなると、基礎化粧品や生活習慣の改善と言った「予防的なケア」には、たるみ改善の効果は期待できません。「すでに起こってしまった顔たるみ」についても「たるみを専門とする医師」の指導や判断を仰ぐのが確実な方法と言えるでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

たばこを吸っている人って臭いだけじゃなくて 写真で見ても分かる場合がありますよね。 日常的にたるみ診療・たるみ治療を行っているわたくしは たばこ顔を簡単に言うとたるみと肌荒れだと思います。
肌の色は黒っぽくくすんで見えますし、同年代の人と比べて老けて見える人が多いですよね。
しかし、禁煙したからと言って、積極的なたるみ治療になるわけではありません。それ以上たるむリスクが激減するかもしれませんが、あくまでたるみ予防と言えます。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事