ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

ストレスが原因でも顔がたるむ

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「たるみとストレスの関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

ストレスが原因でも顔がたるむ

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「たるみとストレスの関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

たるみをもたらす「ストレス」の悪循環

h2:見出し

仕事、家庭、人間関係、そして女性ならば生理周期でも…。私たちの生活には「ストレス」が付きものです。ストレスは、下痢、円形脱毛症や胃潰瘍など、体への具体的な症状とあらわれます。そして、症状の中には、美容を損ねる「たるみ」も含まれているのです。

たるみをもたらす「ストレス」の悪影響

h2:見出し

悪影響1:自律神経系の乱れ

ストレスの悪影響として筆頭にあげたいのが「自律神経系の乱れ」です。自律神経とは、私たちの意志とは関係なく働いて、生命活動や健康維持をおこなってくれる神経系。ストレスは、その働きを乱れさせるのです。 私たちはストレスを感じると「副腎皮質ホルモン」が分泌され「交感神経」が優位になります。「うとうとしながら運転していたら、目の前に子供が飛び出し、急ブレーキ!眠気が吹き飛んだ」というようなシチュエーションを思い浮かべると、分かりやすいでしょう。

「交感神経」は、私たちの日常生活に欠かせない「活動優位の働き」をします。しかし、慢性的なストレスを感じ続けると「交感神経」が働き過ぎ、不眠の原因にも。肌の修復&生成にも欠かせない睡眠が不足することで、肌への悪影響が出てきます。

悪影響2:活性酸素の発生

ストレスを感じ続けると「交感神経優位=活動優位の働き」が続きます。これが、体内に活性酸素を発生させる要因となるのです。「活動優位」の状態では、体が酸素をより多く取り込む状態。過剰な酸素摂取は、体が処理しきれない活性酸素を発生させる要因になるわけですね。

活性酸素は、正常な細胞やDNAにダメージを与えるほか、肌のコラーゲン合成を助ける「ビタミンC」を大量に消費します。そのため、肌のたるみにつながる可能性が高まると考えられるのです。

「ストレスによるたるみ」の解決法

根本原因の「ストレス」を上手に解消しましょう。

私たちの生活はストレスの連続です。しかし、ストレスは決して悪い意味だけではありません。例えば、筋トレの負荷もストレスですし、恋愛や結婚など、人生を彩る嬉しいイベントもストレスと言えるでしょう。一方、仕事や学校、ご家庭でがんばりすぎている方、人間関係でお悩みの方は要注意。特に、疲労感の取れない方や不眠気味の方は、早めに「ストレスの解消」を目指しましょう。

「ストレスの解消」はやはり「良質な睡眠」が不可欠となります。肌の修復や生成も、良質な睡眠が育むのです。そのためには「交感神経」によって、気が高ぶった状態から「副交感神経」のリラックスした状態へと、上手にシフトする必要があるでしょう。寝る数時間前までには食事を終え、刺激の強いテレビ番組などは控えます。温かな湯船にのんびり浸かって、カモミールなどのハーブティーを飲む…。こんなふうに、日中の気の高まりを鎮める時間を作りましょう。

「たるみな積極的な解消」がストレスに効くことも

ストレスの影響は、顔のたるみやシワをはじめ、あらゆる肌トラブルは不調という形で出てきます。しかし美意識の高い方などの場合には、すでに発生した「たるみやシワそのもの」がストレスになっている方もいらっしゃることでしょう。そんな方は、美容にこだわることで、ストレスの根本を断つことも期待できるかと思います。

ただし、お金を使っても効果が出にくかったり、即効性が無いケア方法では、ストレスを感じ続けることになるため、注意が必要です。確実な「たるみやシワの解消」を目指すなら、ぜひ1度、美容に通じたドクターへご相談ください。プロに悩みを聞いて貰うだけでも、精神的にはかなりラクになりますよ。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

ストレスをゼロにすることはできません。しかし、過剰であったり、充実感や達成感、喜びにつながらないような「ストレス」については特に気をつけましょう。
こういった「悪いストレス」は、健康ほか、肌のシワ・たるみと言った形で美容を損ねる原因ともなります。そして、健康や美容の喪失がさらなるストレスへ…といった「悪循環」を生み出すリスクもあります。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事