ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

たるみのセルフチェック

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「たるみのセルフチェック」を実施します。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

たるみのセルフチェック

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「たるみのセルフチェック」を実施します。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

「たるみのセルフチェック」で現状を知ろう

h2:見出し顔のたるみは老け顔の原因になります。しかも困ったことに、美容を気にして毎日鏡を覗いている方ほど気づかない可能性が。顔のたるみは日々少しずつ進行するため、自覚症状が出たときにはすでに相当たるんでしまっている、なんていうこともありますよ。 そこで今回は「たるみのセルフチェック」で、現状を把握することにしましょう。

セルフチェックで知る!私の「顔たるみ」の状態は?

セルフチェックで知る!私の「顔たるみ」の状態は?

きちんと把握したい「顔たるみ」

皮膚、筋肉、脂肪…。「顔のたるみ」はそれぞれの部分で起こります。顔のたるみの原因は、1つではなく複合的ということです。もちろん加齢ほか、生活習慣、あるいは普段のちょっとしたクセも、たるみの原因として見逃せません。そこで、ご自分ではなかなか気づきにくい「顔のたるみの原因・危険度」が分かるセルフチェックをご用意致しました!

15の質問で分かる!たるみのセルフチェック

ご自分に当てはまる項目を選んで下さい。いくつ該当するでしょうか?

・姿勢が猫背ぎみ
・デスクワーク/パソコンを使う仕事だ
・最近、運動不足かも
・足を組む・頬杖をつくなど、座るときのクセがある
・クレンジングや洗顔がしっかり(ゴシゴシ)おこなう
・寝る時間が0時以降/睡眠時間が短い
・お口の片側で食事することが多い
・喫煙者だ(タバコを吸う)
・口角が下がってきた
・二重あごが気になる
・首のシワが気になる
・UVケアをしていない/紫外線に当たる機会が多い
・どちらかと言えば表情が豊かではない(最近、あまり笑ってないかも)
・ポニーテール/髪をアップにすると顔がハッキリした印象に(若々しく見える)
・急激なダイエットをしたことがある(あるいは、きついダイエットに何回かチャレンジしたことがある)

多く当てはまると危険かも…今すぐ改善を!

いくつ当てはまりましたか?たるみのセルフチェック

15項目のセルフチェック。あなたはいくつ当てはまりましたか?
3個以上当てはまった方は、たるみが進行している可能性があるため、より積極的なケアを考える必要があるでしょう。なお、チェック項目の中の「クレンジングや洗顔の方法」「睡眠時間」「喫煙」などは、心がけしだいで今日からでも改善できるはずです。次にご紹介する「セルフチェックの項目にはどんな意味があったの?」で、なぜこれらが悪習慣なのかを確認しつつ、今後のたるみ改善の足掛かりにしてくださいね。

セルフチェックの項目にはどんな意味があったの?

最後にセルフチェック項目の意味を知っていきましょう。

姿勢が猫背ぎみ
…重力のかかり方がいびつになり、前方の皮膚が下に引き伸ばされます。そのため顔の皮膚がたるむ原因になるのです。
デスクワーク/パソコンを使う仕事だ
…運動不足による筋力や代謝の低下がたるみにつながる可能性も。また、眼精疲労や眼瞼下垂から、まぶたのたるみにつながる心配もあります。
最近、運動不足かも
…運動不足による筋力や代謝の低下がたるみにつながる可能性も。
足を組む、頬杖をつくなど座るときのクセがある
…重力のかかり方がいびつになり、顔の皮膚がたるむ原因に。 ・クレンジングや洗顔がしっかり(ゴシゴシ)おこなう
…こすりつけるような洗い方は、皮膚組織を引き延ばし、たるみの原因になることも。
寝る時間が0時以降/睡眠時間が短い
…お肌の代謝(ターンオーバー)や修復が充分におこなわれず、肌たるみの原因にも。もちろん、その他の肌トラブルの原因にもなります。
お口の片側で食事することが多い
…お顔の筋肉の付き方がいびつになり、エラ張りなどの原因に。逆に、使っていない側の筋肉は衰えて、たるみにつながる心配も。
喫煙者だ(タバコを吸う)
…肌ハリを生み出す「線維芽細胞」へのダメージが心配。喫煙は、コラーゲン合成を助ける「ビタミンC」を消費するため、肌たるみにつながる可能性も。
口角が下がってきた
…口輪筋の衰えや、たるみの自覚症状です
二重あごが気になる
…あごたるみの自覚症状です
首のシワが気になる
…皮膚たるみの自覚症状です
UVケアをしていない/紫外線に当たる機会が多い
…肌ハリを生み出す「線維芽細胞」へのダメージが心配。シミ、小じわが気になる方は紫外線ダメージが蓄積しているかも。
どちらかと言えば表情が豊かではない(最近、あまり笑ってないかも)
…表情筋の衰えによるたるみが心配。
ポニーテール/髪をアップにすると顔がハッキリした印象に(若々しく見える)
…ポニーテール/髪のアップは、顔の皮膚が引き上げられた状態。前後で印象が違う場合は、たるみが進行している可能性も。
急激なダイエットをしたことがある(あるいは、きついダイエットに何回かチャレンジした)
 …脂肪細胞や筋肉の急激な収縮によって、支えを失った皮膚がたるむ可能性も。また、急激なダイエットによる基礎代謝の低下が、肌ハリの衰えにつながることも。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

お顔全体のたるみについては、一般的に若い人ほどたるんでいない、高齢になればなるほどたるんでいると言った相関関係があります。しかし、意外に年齢と100%相関するものではなく、20代から30代でも仰向けになったらキレイに見えるようになる人は間違いなくたるみがあると言えます。 実際に当院でも、20代から30代のたるみ相談が多く、いつも非常にビックリさせられています。また、まぶたのたるみについてはもっと分かりやすく、ひたいにしわが出る人はまぶたのたるみか眼瞼下垂があると言っても過言ではないと言えます。お顔全体のたるみをお肌のたるみ・一部分の症状・ハリや乾燥などと結びつけて説明している場合には要注意と言えます。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事