ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顔のたるみは姿勢が原因 !?

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「顔のたるみと姿勢の関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顔のたるみは姿勢が原因 !?

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「顔のたるみと姿勢の関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

顔たるみ〜姿勢が原因のケースも

h2:見出し

現代社会は姿勢が悪くなりやすい環境です。長時間同じ姿勢であることを強いるパソコンでの仕事(デスクワーク)をはじめ、スマートフォンなどのモバイル端末を見るために下を向き続ける姿勢も、首や腰に大きな負担をかけます。
このような悪影響は様々な症状としてあらわれますが、その1つが「顔のたるみ」です。特に、スマートフォンなどのモバイル端末を見るために下を向き続けることで発生する「顔のたるみ」には「スマホ顔」などと呼ばれ、注意喚起されています。

「顔のたるみ」と「姿勢」の関係

h2:見出し

姿勢の悪さが顔のたるみに

技術の進歩で私たちの生活は便利になりました。一方で「運動不足」や「デスクワークの増加」によって、姿勢が悪くなるシチュエーションも増加しています。

本来は立ち上がった時に、横から見てスッとまっすぐになっていることが望ましいですが、肩(肩甲骨)が前方に下がって胸が閉じ気味の「猫背」の方も少なくありません。このような状態ですと、頭への重量のかかり方が前方に集中。すると、バランスをとるために顎が前に付きだすようになります。なんとか顎をひくように意識されている方も、猫背のままですから、首や背中の筋肉が不自然に張るような形で、血行不良やリンパの流れを阻害する原因に。
これが、頭痛や肩こり、むくみや冷えほか、頬のたるみ、フェイスラインのぼやけ、二重あごなどにもつながると考えられます。

こんな方は要注意!

姿勢が悪くなる大きな原因としては、やはり「運動不足」と「デスクワーク」の2つが挙げられます。定期的にスポーツをせず、なおかつあまり歩かない方。仕事がデスクワークで、肩こりや腰の痛み、冷え性などに悩まされている方は、すでに顔のたるみが起きている可能性も充分に考えられるでしょう。

「姿勢が原因の顔のたるみ」の解決法

意識的な改善が大切です

姿勢の悪さは顔のたるみにもつながる恐れがあります。意識的な改善が望ましいですが、仕事(デスクワーク)を辞めたり減らしたりすることはなかなか難しいですよね。

そんな方には、1〜2時間おきの「ストレッチ」がおすすめ。まず、胸を大きく開くようにして立ち、とてもゆっくりと肩をまわしてください。その際「深い呼吸を意識すること」「肩甲骨を大きく意識すること」を心がけましょう。もしくは大きく伸びをすることも効果的です。

また、運動不足の解消に関しては、今日からすぐに実践できます。おすすめは「歩くこと」。頭頂部から伸びたい糸を上から引っ張られているようなイメージで立ち、顎を引き気味にしてください。これが基本姿勢となりますが、姿勢の悪さが習慣化している方はうまくできないかもしれません。そんなときは、腹筋に力を入れ、胸を開き気味にすると良いでしょう。

複合的な「顔のたるみ」の解決法

姿勢の悪さを改善することは、健康維持の観点のみならず、顔のたるみ予防の意味でも重要です。
ただし「顔のたるみ」は複合的な要因によって起こるため、安心はできません。例えば、加齢による筋力や骨密度の低下をはじめ、生活習慣や食習慣も深く関係しています。ただし、これらの全てに配慮しても「すでに起こってしまったたるみ」が無くならない可能性も少なくありません。自力でなんとかしようとするよりも、1度美容医療の専門家やドクターに相談したほうが「間違ったケアでかえってたるみを悪化させるリスク」を避けることができます。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

体中はつながっています。姿勢が若い方が内蔵にも良いと言えますし、血流も良くなるでしょう。
よって、若さを保つために姿勢をよくすることは必須条件と言えます。また、たるみと姿勢の関係には、一見不思議に思える現象があって、顔全体のたるみの話ではないのですが、まぶたのたるみが改善すると姿勢がよくなるというのは有名な話です。
まぶたのたるみに対して眉下切開を受けたり、眼瞼下垂の手術を受けると、見違えるように姿勢がよくなることは以前からよく知られています。このことはまぶたの筋肉の一つであるミュラー筋という筋肉が全身の筋緊張と関連性があるとされていることと何かしら関係がありそうです。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事