ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

ツボ押しで「目の周りのたるみ」解消

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「ツボ押し」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

ツボ押しで「目の周りのたるみ」解消

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「ツボ押し」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

顔たるみに効く!?〜ツボ押し

h2:見出し

「最近むくみがひどい。疲れているのかな?」と思ったら、実は、額やまぶたのたるみだった…。そんな方は「ツボ押し」を試してみてはいかがでしょうか。
現在の医学界では、西洋医学と東洋医学が少しずつ歩み寄っています。病院で漢方が処方されるのは、もはや当たり前になっていますよね。東洋医学の中でも特に根強い人気を誇るのが「ツボ押し」です。
今回は、目元をはじめとするお顔のたるみ・むくみ防止のツボを皆様に伝授!その効果についても考察しました。

ツボ押しで気になる「目元のたるみ」解消!

h2:見出し

目元のツボ押し〜まぶたのたるみ

こちらでは、目元の中でも特に「まぶた」のたるみ改善・予防のツボ押しをおこなっていきましょう。

・ 魚腰(ぎょよう)
…眉下の真ん中にあるツボです。こちらを痛くない程度の強さで指圧します。この時、眉を若干押し上げるように意識するとうまく刺激できるはずです。
・ 瞳子りょう(どうしりょう)
…目尻から指先1本分外側にあるツボです。目尻の小ジワや、目の周辺のたるみにも効果があると言われています。

目元のツボ押し〜目の下のたるみ

こちらでは、目元の中でも特に「目の下」のたるみ改善・予防のツボ押しをおこなっていきましょう。

・ 救後(きゅうご)
…目尻のすぐ下にあるツボです。繊細な場所なので指圧などはせず、目尻側へはじくように刺激します。
・ 承泣(しょうきゅう)
…瞳のすぐ下、下まつげの真ん中(目周辺の骨のふち)にあるツボです。こちらは、中指で押し下げるように指圧すると効果的と言われています。

顔のむくむ&たるみ予防〜ツボ押しの効果はどのくらい?

顔のむくむ&たるみ予防のツボ押し

こちらでは目元に限らず、顔全体のリンパの流れを意識しながら、むくみ予防のツボ押しをおこなっていきましょう。

1. 唇のすぐ下を指圧しながら5秒前後数えます
2. 次は唇の周りや脇を指圧しながら、同様に5秒前後数えます
3. 鼻のすぐ下、小鼻の両サイドから、頬骨、耳の前部まで指圧していきましょう

リンパの流れが滞ると、水分や老廃物の重みによってたるみが起こる可能性もあるようです。こちらのツボ押しをおこなうことで、顔のむくむやたるみの予防が期待できます。

ツボ押しの効果はどのくらい?

ツボ押しには、リンパや血流の改善、表情筋のコリをほぐす効果、一種のリラックス効果が期待できます。しかし、たるみの改善については限定的な効果しか期待できないでしょう。

例えば、リンパや血流の滞りによる「むくみ」がたるみの要因になっている場合には、その改善も見込めます。しかし、表情筋や線維芽細胞の衰え、皮膚繊維が引き延ばされて起こっているたるみについては、いくらツボ押しをしても改善は望めないでしょう。もっと悪いことに、たるみを改善したい一心でツボ押しやマッサージをしすぎれば、それもまた「皮膚繊維を引き延ばす原因=たるみの原因」になる危険性があります。実は「我流のケア=セルフケア」が、たるみをより悪化させるケースも少なくないようです。
40代以降の方は特に、30代以下の方でもできれば、1度信頼できるドクターにアドバイスを受けるべきかと思います。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

迷信のようにも思いますが、ツボについては昔からの治療ですので何かしらの一時的効果が本当にあるのかもしれませんし、他の施術と同じように、一時的に腫れたのをたるみに効果があるかのように勘違いし続けた結果なのかもしれません。でも、まさか長期効果があるなんてことは一切ないと思います。また、特に指を強く動かして刺激を加えるようなものは総じてエステ・マッサージのようなお顔を強くさわるような施術のようにたるむかもしれません。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事