ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

眼の下のたるみ

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「眼の下のたるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

眼の下のたるみ

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「眼の下のたるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

眼の下のたるみを改善したい

h2:見出し

「目は口ほどにものを言う」と昔から言われます。お顔のパーツの中でも最も印象的な部位であると同時に、実際にお顔の印象を大きく左右する箇所です。今回は目元の中でも「眼の下のたるみ」の原因や改善法を知っていきましょう。

眼の下のたるみはなぜ起きる?

h2:見出し

h3:見出し

目元の皮膚は薄いため、異変が起きると大変目立ちやすいです。その代表格が「くま」で、疲れや睡眠不足による血行不良がどす黒く目の下にあらわれます。

さて、眼の下のたるみも「年齢を感じさせるサイン」としてあらわれますが、実際に加齢が引き金となって発生するケースが大半を考えられます。実は、眼の下のたるみによってできた影を「くま」と勘違いするケースも多いようです。特に40代を過ぎた方では注意したいポイントと言えます。

「加齢」が原因のことが大半

眼の下のたるみはまず、加齢によって目周辺の筋肉が衰えるところから始まります。これにより脂肪(眼窩脂肪)が蓄積しやすくなり、その重みでたるみが発生するというわけです。もちろん、加齢による「線維芽細胞の減少」が、コラーゲン・エラスチンの減少につながることで、肌ハリが保てなくなるという条件も重なります。

眼の下のたるみをケアしよう

セルフケアで解消できるの?

結論から言えば難しいでしょう。
まず、目周辺の筋肉が衰えについては「目元の筋肉トレーニング」(表情筋トレーニング)などで、改善できる可能性があります。しかし、それで蓄積した脂肪(眼窩脂肪)が燃焼してなくなる、などということは、ほぼ100%期待できないでしょう。背中や脚など大きな筋肉ならばまだしも、目元の筋肉は鍛えたところでたかが知れています。

美容整形であっけないほど簡単に解決?

眼の下のたるみが「蓄積した脂肪(眼窩脂肪)の重み」によって、起きているならば、それを取り除くことがベストな方法です。

そのための方法として、例えば眼の下の脂肪をほんの少し取り除く(脱脂する)という施術があります。これならば、ほぼ即日で眼の下のたるみが解消するケースもあるようです。どの位の量の脂肪を取り除くかという判断は、医師のノウハウや経験にかかっています。施術を検討される方は、1度、信頼できる美容ドクターに相談しても良いかと思います。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

目の下の加齢については、時間的猶予があるように思います。自分で気づき、気になるようになってから、他人から見ても見苦しくなるまでに10年くらいの開きが一般的ではないでしょうか。わたくしは、強く触らずこすらずにそーっとしておくことを第一選択と考えています。理由としては、下まぶたのたるみ取り手術は「ダウンタイムが長いこと」と「傷あとや外反(アカンべー状態、下まぶたのふちが赤く見える)のリスクがあること」が挙げられます。ちなみに注入系治療では、不自然なほど目元が膨らむケースも。「気にせず触らず」を第一選択としたら、その次の段階の治療はどのようなものでしょうか? 
わたくしは「少しだけ脱脂すること」をおすすめしています。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事