ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

基礎化粧品での顔のたるみ対策

日常的なスキンケアをサポートする基礎化粧品。ホームケアの代表として、多くの女性が使用しています。しかし残念なことに、間違った選び方や使用法によって、基礎化粧品に期待できる効果を半減させている方も多いようです。 このページでは、それぞれの基礎化粧品の役割と期待できる効果を1つずつチェックしていきます。そして、基礎化粧品によるケアが「どの程度たるみに対して有効なのか」という点にも迫ります。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

基礎化粧品での顔のたるみ対策

日常的なスキンケアをサポートする基礎化粧品。ホームケアの代表として、多くの女性が使用しています。しかし残念なことに、間違った選び方や使用法によって、基礎化粧品に期待できる効果を半減させている方も多いようです。 このページでは、それぞれの基礎化粧品の役割と期待できる効果を1つずつチェックしていきます。そして、基礎化粧品によるケアが「どの程度たるみに対して有効なのか」という点にも迫ります。

基礎化粧品での顔のたるみ対策って?

「顔のたるみ解消」が期待できる基礎化粧品選び

「顔のたるみ解消」が期待できる基礎化粧品選び

みなさんは基礎化粧品にどのような効果を期待しますか?美白、潤い、透明感、ニキビの減少、そして顔のたるみ解消…。しかし基礎化粧品は万能薬ではありません。「どんな基礎化粧品でもいいから、毎日使っていれば少しずつキレイになれる」という考えは、間違ったスキンケアの入り口です。例えばカゼでもないのにカゼ薬を飲んでも、効果も期待できませんよね。それどころか逆に体調を崩してしまう危険もあります。スキンケアも同じで、ご自分の肌状態に合わせて適切な基礎化粧品をチョイスしなければ意味はありません。

さて、顔のたるみ解消を目指す方は「肌ハリ成分の補給」を考えることが得策です。肌ハリを担うのは、表皮の下にある「真皮層」。コラーゲンやエラスチンが柱の役目を担い、その間でヒアルロン酸が水分を蓄える形で成り立っています。しかし真皮のこれら成分の生産量は加齢と共に減少。肌を支えることができずにたるみが発生するのです。したがってコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を配合する基礎化粧品が良さそうですが、ちょっと注意が必要。なぜなら、基礎化粧品は「角質〜表皮への効果」が基本だからです。ただし「角質&表皮」の健やかさを守る点で、基礎化粧品は優れており、顔のたるみ予防には不可欠。日々きちんとおこないたいですね。ただし、使う順番を間違えると期待できる効果も半減…。それぞれの基礎化粧品が持つ役割を正確に把握することで、こうした間違いは防げますので、化粧水、乳液、美容液、パック、クリームの役割&特徴は把握しておきましょう。

基礎化粧品での顔のたるみ対策まとめ

  • 化粧水で顔のたるみ対策

    化粧水で顔のたるみ対策

    化粧水の主な役割は「水溶性成分をお肌に補給すること」です。肌のみずみずしさを底上げすることで、他の基礎化粧品を導入するための用意をします。ただし、化粧水だけで肌のうるおいキープ(保湿)や顔のたるみへの劇的な効果が期待できるわけではない点には注意が必要です。

    詳細はこちら >>
  • 乳液で顔のたるみ対策

    乳液で顔のたるみ対策

    乳液の主な役割は「油性成分をお肌に補給すること」です。適度な油分で肌の保湿をサポートします。なお、たるみ対策として注目できるのが乳液の紫外線カット効果です。紫外線は皮膚に様々な悪影響を与えますが、中でも「線維芽細胞へのダメージ」は、たるみの悪化にもつながると考えられます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチンの生産力が低下するため、肌ハリにも影響することが懸念されます。

    詳細はこちら >>
  • 美容液で顔のたるみ対策

    美容液で顔のたるみ対策

    美容液の主な役割は「化粧水の補助」ということができます。顔のたるみをはじめとする、気になるそれぞれの悩みに対して適切な美容液をチョイスすることで、サポート効果が期待できるのです。有効成分が濃縮配合されているため、集中的なケアにも適していますが「複数の美容液を1度に使用すること」は逆効果になる可能性があります。

    詳細はこちら >>
  • パックで顔のたるみ対策

    パックで顔のたるみ対策

    パックの主な役割は「有効成分を表皮に補給すること」と言えるでしょう。顔全体への成分補給はもちろんのこと、目元専用パックなどを使用すれば、気になる箇所のスペシャルケアとしても利用できます。このように大変効果的の感じられるパックですが、肌ハリを担う真皮に対してどの程度の効果が期待できるかについては、きちんと知っておく必要があります。

    詳細はこちら >>
  • クリームで顔のたるみ対策

    クリームで顔のたるみ対策

    クリームの主な役割は「基礎化粧品の効果を閉じ込めること」といえます。肌に油分を補うことで肌内部の水分をキープし、乾燥を防ぐ役割も重要です。実際に表皮の1番外側に位置する「角質層」の元気を底上げするアプローチについては期待できますが、真皮まで元気にして肌ハリをアップさせるかについては疑問が残ります。長期的な視点でみれば、顔のたるみ予防に多少つながる可能性はありますが、たるみの劇的な改善までは難しいと考えられます。

    詳細はこちら >>

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事