ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

化粧水で顔のたるみ対策

化粧水は、基礎化粧品の中でも最初に使用されます。付けた直後は肌がみずみずしくなるので「保湿が化粧水の効果かな?」と考えてしまいがちですが、それは少し違います。 また、顔のたるみケアを目指す場合には、いくつかある種類の中から適切な化粧水を選ばなければなりません。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

化粧水で顔のたるみ対策

化粧水は、基礎化粧品の中でも最初に使用されます。付けた直後は肌がみずみずしくなるので「保湿が化粧水の効果かな?」と考えてしまいがちですが、それは少し違います。 また、顔のたるみケアを目指す場合には、いくつかある種類の中から適切な化粧水を選ばなければなりません。

「たるみ対策」の前に確認!化粧水の役割&種類

「たるみ対策」の前に確認!化粧水の役割&種類

【そもそも化粧水の役割とは】

化粧水をつけると肌がみずみずしくなります。実際に化粧水の70〜80%は水分であるため、つけた直後に肌が潤うのはむしろ当然のことです。しかし、ただ単に「直後の付け心地」だけでは、その化粧水の本当の効果を知ることはできません。 化粧水は「肌の調子・状態を整えること」が役割です。そのため、主に「水溶性成分」を肌に補給します。多くの方が考える「水分」の補給は、正しい化粧水の役割ではないのですね。

【化粧水の種類】

化粧水は「肌の調子・状態」を整えますが、肌がどのような状態にあるかは千差万別です。そこで、肌に悩みに対応する形で複数の化粧水が存在します。最も一般的な「保湿化粧水」は、セラミドやヒアルロン酸などを補給することで肌の水分キープ力向上を狙います。「美白化粧水」は、ビタミンC誘導体ほかUVケア成分を補給することで肌の白さ向上を目指します。この他、古い角質除去に適した「拭き取り化粧水」、あかぎれ・ひびにアプローチする「アルカリ性化粧水」、さらに「ニキビ化粧水」「導入化粧水」など、多くの種類が存在するのです。

顔のたるみに対する化粧水選び&効果

顔のたるみに対する化粧水選び&効果

顔のたるみにはどんな化粧水を選べばいいの?

通常は、一般的な「保湿化粧水」を選びます。なお、顔のたるみへの効果が期待できる保湿化粧水の成分としては「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」などを挙げることができるでしょう。
なお「ビタミンC(ビタミンC誘導体)」「アスタキサンチン」などの抗酸化成分はコラーゲン産出をサポートする働きがあるため、こちらが配合された化粧水にも注目しましょう。
なお、たるみとは別の肌トラブル(肌荒れ、敏感肌…)などを抱えている場合、まずはこちらの解決を目指すことが得策です。悪化した肌環境もまた顔のたるみを悪化させる要因となります。特に強いかゆみが収まらない、などの症状がある方は「アトピー性皮膚炎」などの可能性も考えられるため、必要に応じて皮膚科や美容皮膚科を受診してください。

顔たるみへの効果〜そのメカニズム

肌は加齢と共にたるむ傾向があります。その要因は「肌ハリ成分の生産が低下するため」です。肌ハリは、表皮の下に位置する「真皮」が担いますが、これらを構成する成分が不足することでたるみがおこってきます。「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」は真皮を構成する成分ですから、これらの成分を保湿化粧水で補うことで「肌ハリアップ→顔たるみの解消」につながると期待されているわけですね。ただし、これらの成分がどの程度の深さまで肌に浸透するか、という点については注意が必要です。

化粧水の正しい使い方&注意点

化粧水の正しい使い方

どんなに良質な化粧水を用意しても、肝心の使い方を間違えていては無意味です。まず鉄則と覚えておきたいのは「化粧水は1番はじめに使用する」という点でしょう。先に油分(油性成分)が肌に塗布されてしまうと、化粧水の水溶性成分がうまく浸透しなくなります。油は水を弾きますから、これは当然の結果ですね。例えるなら、フタをしたカゴにボールを投げ入れようとしているようなものです。また、化粧水を付けすぎるとかえって肌がごわつく原因になるため注意しましょう。化粧水は「1度にたくさん付けるほど効く」のではなく、あくまでも「適量を使用し続けること」で効果が期待できるのです。

化粧水を使用する際の注意点

化粧水は他の基礎化粧品と併用して、はじめて充分な効果が期待できるようにデザインされています。化粧水の後は、美容液・乳液・クリームなどを適切に使用しましょう。なお、化粧水を使用する前は必ず洗顔をして、皮脂や汚れを落とすようにしてください。
ところで、化粧水は「表皮とその外側にある角質層への保湿&ケア」に最も適しています。例えば先ほどご紹介した「ヒアルロン酸」は分子が大きく、肌に塗っても真皮までは浸透しません。各社が、成分の浸透を意識した化粧水を研究開発していますが、たるみへの効果を過度に期待することは難しいと言えそうです。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

化粧水は、水溶性成分を肌に浸透させて潤いを与えます。実際に、乾燥している人はたるんでいる人が多く、反対に、たるんでいる人には乾燥している人が多い。…これらは何となく皆さんも感じていらっしゃるでしょう。

しかし「乾燥を改善するとたるみも改善する」という理屈は短絡的かもしれません。この点についてはデータや因果関係の証明が充分ではないと思います。人の体は、例えば植物などに比べてはるかに複雑な構造。乾燥でたるみ、しわしわの植物に水分を与えると、すぐにピンとします。しかし、人体にただ水分を与えてもそういうわけにはいきません。

実際に、たるみ改善の目的から見ると、化粧水はその効果が不明瞭です。仮に肌ハリが出てきても、たるみを引き上げるほどの効果や持続性は無いと言えるでしょう。

「たるみを無くす」「ほうれい線をなくす」「目の下のたるみ・クマに効く」など、テレビやネット情報ではコスメのたるみ改善効果についての言葉で溢れています。そして派手な宣伝のせいか、皆さん基礎化粧品に「過度な期待」をしすぎているようにも思えてなりません。コスメには「保湿以外の効果を期待しないほうがいい」というのが私の見解です。

化粧水については高額な製品を購入するよりも「お肌を刺激する変なもの・余計なものが入っているコスメを使わない」「お顔をゴシゴシ強く触らないように、洗顔などもそっと、やさしく行う」というシンプルな原則を守りましょう。そのほうがお肌にとっての良い結果が期待できますよ。

「顔のたるみ治療 スペシャリストインタビュー」はこちら >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事