ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

美容液で顔のたるみ対策

美容液はスキンケアの悩みに対するサポート的な役割を持っています。従って「化粧水+クリーム」のケアがしっかりおこなわれていなければ期待する効果を望むことはできません。また、顔のたるみについては保湿やUVケアをサポートしてくれる美容液に注目しますが、すでに進行している「たるみ」への効果については、過度に期待できないかもしれません。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

美容液で顔のたるみ対策

美容液はスキンケアの悩みに対するサポート的な役割を持っています。従って「化粧水+クリーム」のケアがしっかりおこなわれていなければ期待する効果を望むことはできません。また、顔のたるみについては保湿やUVケアをサポートしてくれる美容液に注目しますが、すでに進行している「たるみ」への効果については、過度に期待できないかもしれません。

「たるみ対策」の前に確認!美容液の役割&種類

「たるみ対策」の前に確認!美容液の役割&種類

【そもそも美容液の役割とは】

美容液は「化粧水の補助的な役割」を担います。しみ、しわ、乾燥など、肌にまつわる悩みは数多くありますが、それぞれの悩みの数だけ美容液の種類があるわけです。したがって配合成分と、それぞれの美容液のテクスチャーなどもバラバラ。そのため、ご自分の悩みや目的に合わせて適切な美容液をチョイスする必要があります。

【美容液の種類】

美容液は目的に応じて様々な種類が発売されています。この点は化粧水とも似ていますから1つずつご紹介しましょう。まず、セラミドなどの配合で、肌が薄く乾燥しやすい目元や唇などの集中ケアも期待できる「保湿美容液」。アスタキサンチン、アルブチン、ビタミンC誘導体などの配合で、メラニン色素へのアプローチ(UVケア)が期待できる「美白美容液」、この他、「ニキビ用」「しわ・しみ用」などの美容液があります。さらに、化粧下地の機能を兼ねた美容液もありますので、ベースメイク作りに役立てることも可能です。

顔のたるみに対しての美容液選び&効果

顔のたるみに対しての美容液選び&効果

顔のたるみにはどんな美容液を選べばいいの?

乾燥肌の自覚症状がある方は「保湿美容液」を選んでケアすると良いでしょう。…乾燥がひどくなって肌内部の水分が不足する「インナードライ」。この状態は真皮の成分(コラーゲンやエラスチン)へのダメージとなり、たるみにつながる可能性もあります。ただし、保湿美容液の使用によって「本当に真皮まで潤うのか」「元々のたるみが解消されるのか」については疑問が残ります。
なお、真皮の成分(コラーゲンやエラスチン)へダメージを与える要因には「紫外線」や「活性酸素」などもあります。こちらの対策としては「UVカット&ケアが期待できる美容液」ほか、ビタミンA、C、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなど「抗酸化作用のある成分を含む美容液」の使用が適しているでしょう。

顔たるみへの効果〜そのメカニズム

コラーゲンはたんぱく質の繊維であり、真皮の主成分。こちらが「網」のような構造を成すことで肌を支え、ハリを生み出します。エラスチンはこの編み目に絡みつき、やはり弾力を生み出します。これらの成分のおかげで肌が重力を受けても、たるまずにいられるのですね。ところが加齢と共に、コラーゲンやエラスチンを産み出す「線維芽細胞」が衰えてくると、肌ハリが低下。なお、「紫外線」や「活性酸素」はコラーゲンやエラスチンだけでなく「線維芽細胞」そのものにもダメージを与えるといわれています。美容液を正しく選んで使用すれば、たるみへとつながる要因にアプローチすることが期待できるでしょう。

美容液の正しい使い方&注意点

美容液の正しい使い方

製品によっても異なりますが、美容液は「化粧水の後」に使用することが基本。乳液、クリームの使用はその次です。基礎化粧品はその選び方はもちろん、使用する順番がとても大切ですから、必ず意識するようにしましょう。なお、美容液についてはどうしても「重ねづけ」をしたくなる方も多いかと思いますが、それはNG。互いに干渉しあって効果を打ち消し合う可能性もあるからです。それならば「日中は紫外線予防、夜は保湿」のように一日の中で使い分けたほうが良いでしょう。

美容液を使用する際の注意点

美容液をきちんと使いこなして「たるみへとつながる要因にアプローチしよう」という気持ちは大切です。しかし、美容液をはじめとする基礎化粧品によるケアは「たるみを解決する」ではなく「たるみの要因を少しでも予防する」という意味合いに近いといえるでしょう。たるみの根本的な解決は、残念ながら「美容液では難しい」と言えそうです。そのため進行した「顔のたるみ」などについては、また別のケアや対策を講じる必要があります。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

美容液は、基礎化粧品における「スペシャルケア」に位置づけられています。保湿目的で使用される場合、化粧水のサポート効果もそれなりに期待できるでしょう。

しかし、たるみ改善にどれだけ期待できるか、については不明瞭な点が多いですね。美容液には「コラーゲン・成長因子・培養」など、女性の皆様の目をひく成分が配合させていますが、直接的なたるみ改善効果についてはエビデンス不足(証拠不足)と言えるでしょう。

これは基礎化粧品選び全般に言えることですが「よく理解できない成分が入っているコスメ」については、使わないほうが賢明です。「何だか分からないけれどスゴそう」という選び方では、効果が出ないばかりか「かえってお肌に良くない」という可能性もあります。

特に年齢を重ねた女性では、わらにもすがる思いで高額な美容液を購入されるケースもあるようです。しかしまずは、クリニックの医師など美容医療のプロの視点でたるみの状態をチェックしてから、適切なケア方法を考えるほうが、はるかに効率的で確実です。

「顔のたるみ治療 スペシャリストインタビュー」はこちら >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事