ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

ほうれい線はたるみが原因!? 〜顔たるみの悩み相談

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「ほうれい線の原因としてのたるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

ほうれい線はたるみが原因!? 〜顔たるみの悩み相談

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「ほうれい線の原因としてのたるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

ほうれい線は「しわ」ではなくて「たるみ」!

h2:見出し

ほうれい線の問題は、老け顔になってしまうことです。 見た目年齢が一気に老けた印象となるため、美容の面でも大きなマイナスポイントとなります。 特に、大きな問題と言えるのが、ほうれい線を単なるしわだと思ってしまうことです。しかし、実は、多くの要因が重なったことによる「たるみ」の可能性もあり、 早めに対処しないと、ほうれい線がより悪化する可能性も考えられます。

ほうれい線の原因

h2:見出し

「ほほの緩み=たるみ」が深いほうれい線を生む

すでにある程度の深さのほうれい線ができている場合、単なるしわというよりもたるみの可能性を疑うべきです。 これは、頬の皮膚の緩みとも言えますが、特に真皮の衰えによって肌の土台が支えなくられなくなるとたるみが発生します。分かりやすく言いますと、皮膚のハリや弾力が失われることで「頬が緩んだ」ということです。
しかし、ほうれい線ができる原因はこれだけでなく、皮下脂肪の増加や、表情筋の衰えも、関係します。どのレベルでたるみが起こっているかも、適切に見極める必要があります。

浅いほうれい線は「乾燥」も疑おう

ほうれい線が比較的浅い場合には、乾燥による小じわが原因となっているケースもあります。顔の皮膚は、表情筋の動きによって動きますが、通常は、肌の弾力によってもとに戻ります。しかし、潤いを欠いた皮膚では、ダメージが蓄積し、 小じわが刻まれることになるのです。鼻の脇、口と方法の間に縦じわができれば、これは、立派なほうれい線です。適切なケアをしておかないと、たるみが加わることで深いほうれい線に発展する可能性が高いと考えられます。

アンチ老け顔!ほうれい線にどう対処する?

「たるみ」の改善は、思ったより困難

たるみの原因は既にご説明したように、皮膚だけでなく、脂肪や、筋肉も関係します。
仮に、スキンケア化粧品やダイエット、表情筋トレーニングなどをすべてを行っても、改善するとは限りません。つまり、セルフケアにら限界があります。 たかがほうれい線と思われるかもしれませんが、たるみが関係している以上、そのケアは想像以上に難しいと言わざるを得ません。

医師に相談して対処法を決めるべき理由

初期のほうれい線は、メイクなどでカバーすることも可能です。しかし、進行して、より深いほうれい線になると、 ファンデーションがシワの中に入り込むなどして、手におえない状態となります。
このようなことになる前に、ほうれい線に気づいたらごく初期の段階で、美容皮膚科などに相談すべきなのです。 すぐに思い出すこれ表層的なカバーではなく、たるみという原因にアプローチできる、信頼できる医師の元を訪れてください。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

注入系治療では、その重みでほうれい線が深くなるケースもあります。 実際に年齢を重ねると目の下あたりのボリュームは下がって、目の下の眼窩脂肪やその下の溝、マリオネットラインが目立つようになります。ボリュームが下がり、ほうれい線の上に垂れ下がってくることによって影が濃くなります。 また、ほほのボリュームが下がって行くことによって、ほうれい線が目立つだけではなく、マリオネットラインが目立って四角い顔になり、下顎骨の下のボリュームが増えてフェイスラインがたるみます。ヒアルロン酸後の変わった相談としては「ヒアルロン酸を繰り返し打っていると皮膚がたるんだ」という相談もあり、結局皮膚を何度か切り取ったことがあります。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事