ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「顔たるみの悩み」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「顔たるみの悩み」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

そろそろ本気で解決したい!顔たるみの悩み

h2:見出し

顔のたるみは、あなたの美しさを確実に損ねる原因となります。そのため、顔のたるみに悩む方は多く、良いスキンケア化粧品を様々に試すコスメジプシーとなっている方も多いようです。一方、なんとなく化粧のりが悪い、顔に覇気がない、などといった悩みの原因がたるみだった、というケースもあります。今回は、顔のたるみについて皆さんが悩んでいることをご紹介いたします。

関心の高い「目元のたるみ」の悩み

h2:見出し

顔の最重要パーツ〜目元の悩み

顔の印象を大きく左右するパーツは目です。保険証で目を大きく見せたり、二重形成などの手術も相変わらず人気が高いことを考えると、特に女性にとっては最も関心の高いパーツといえるのではないでしょうか。
近年話題となっている眼瞼下垂は、瞼(まぶた)の皮膚が垂れ下がってくるという症状。まぶたが瞳を覆い隠すことで、目が小さく見えたり、なんとなく眠そうで、覇気のない印象を与える原因にもなります。

「目元のたるみ」が悪化すると、心身にも影響が…

目元のたるみは、表情や顔の印象大きく変えてしまいますが、実際に心身の健康面に悪影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。多く聞かれる悩みとしては、まぶたの重さとともに、肩こりや頭痛が発生するというもの。 このような症状によって、仕事や勉強に集中できず、日常生活を元気に過ごせないという方も少なくないようです。

その他のたるみの悩み

たるみが「見た目年齢」をアップさせる!

顔のたるみは、目元だけに起こるのではありません。頬にたるみが起きた場合は、顔が何となく膨らんで見えたり、ほうれい線が濃くなったりということが起きてきます。また、顎にたるみが発生すると、フェイスラインのシャープさが失われてしまいます。このような顔のたるみは、なんとなく老けた印象となり、見た目年齢も確実にアップしている状態といえるでしょう。
また、お子さんを出産後に、腹部などにたるみが発生してしまうケースもあり、そのケアに困り果てていると言う方も少なくありません。

たるみの悩み解決には何が必要?

このような、たるみの悩みに対して、皆さんはどのような解決法を思いつきますか。スキンケア化粧品、運動、ダイエット、整形手術…。 どれも、決して間違っているとは言えませんが、実は、医学の心得なしに、適切なケア方法は判断できません。

人間の皮膚は表皮と真皮に分かれ、さらに土台としては、筋肉や脂肪といった皮下組織が存在します。もちろん、それが乗っかっている骨も忘れることができません。たるみは、 このいずれのレベルでも起こりえるのです。そのためまずは、たるみの状態から、どのようなケアが適切かを見極めなくてはなりません。いくら自分の体とはいえ、それを自分自身で判断するのは不可能といえるでしょう。つまり、たるみの悩みの解決に最も必要なことは「たるみに対して深い見識を持つ医師」に「現状を正確に判断してもらうこと」なのです。どのようなケア・治療を行うかは、そこからスタートします。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

わたくしの経験上、たるみは、完全に一続きと言ってもよく、関連性があります。ほほ、口回り~目の下、ゴルゴライン、ほうれい線、マリオネットライン、フェイスラインを小分けにするのはごまかしですし、個別に治療しても意味がない場合もあります。一見広く感じるこれらの部分の関連性を見抜き、適切な治療法を考える。たるみ治療をおこなう医師には、このような視点が必要です。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事