ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

現役美容ドクターと知る「顔のたるみ」対策!今回は、「肩こりとまぶたの関係」について知っていきましょう。いつまでも若々しく素敵な印象でありたい全ての方へ。「永久保存版のたるみ対策特集」をお届けします!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

現役美容ドクターと知る「顔のたるみ」対策!今回は、「肩こりとまぶたの関係」について知っていきましょう。いつまでも若々しく素敵な印象でありたい全ての方へ。「永久保存版のたるみ対策特集」をお届けします!

その肩こりは「まぶたのたるみ」のせいかも!

h2:見出し

あなたの抱える肩こりが、実は「まぶたのたるみ」から来ているかもしれない。…そう聞けば、誰もが驚くことでしょう。しかし、まぶたのたるみを手術で取り、肩こりが解消したという方も数多く存在します。今回は、つらい肩こりの解消を「まぶたのたるみ」という側面から見ていきましょう。

「まぶたのたるみがなぜ肩こりに?」

h2:見出し

肩こりの原因とは

肩こりは持続的な筋肉の緊張や、それによる血行不良が原因です。デスクワークなどで同じ姿勢をとり続けたり、あるいは慢性的な運動不足であったり…。すると筋肉が凝って硬くなり、酸素の供給量が減ります。その代わりに疲労物質である乳酸が溜まることで、痛みやだるさが感じられるケースも多いです。

まぶたのたるみと肩こりの関係

まぶたの組織が伸びてしまい、目が開けづらい。このような状態は眼瞼下垂と呼ばれます。まぶたの組織が伸びてたるんでいる状態なので、視野が狭くなっています。逆に言えば通常の視野を確保するためには、目元の筋肉が必要以上に働く必要があるのです。このような慢性的に筋肉の緊張状態は、交感神経を慢性的に活発化することにつながります。その結果首元や肩のコリへとつながっていくのです。

まぶたのたるみによる肩こりの解消方法

【対症療法】ストレッチやマッサージ

肩こりの解消にはストレッチやマッサージも効果的です。肩こり解消のストレッチとしては、肩甲骨をぐるぐると回すような方法がベター。この時息を止めてしまわず、酸素を取り組むように呼吸しながら、肩甲骨を回すつもりで、大きくゆっくり回すようにしてください。同様に硬く凝ってしまった肩の筋肉をほぐすにはマッサージ受けてみるのも良いでしょう。

しかしこれらの方法はあくまでも対症療法。根本的な原因がまぶたのたるみにある以上、これを解消することが根本療法となります。

【根本治療】手術でまぶたのたるみによる肩こりを解消!

肩こり解消のために、ストレッチやマッサージを行うことが対症療法とするならば、根本治療とは何でしょうか。それは、まぶたのたるみを直接改善することです。

まぶたのたるみがかなりひどい場合には、眼瞼下垂と診断される可能性も高いかと思います。眼瞼下垂の治療には、保険が適用されます。ただし、眼瞼下垂と診断されず、軽度から重度のまぶたのたるみであった場合も、やはり解消することが望ましいといえます。

手術の方法はいくつか考えられますが、目元の印象をよりナチュラルに、かつ美しく見せたいのならば「眉下切開」が大変優れた方法です。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

まぶたがたるむと、目を開けるのにエネルギーの半分を使っているとも言えます。これは大変なストレスであり、頭痛・肩こりが起きることも珍しくありません。そんな時は、眼瞼下垂手術が必ずしも適当ではありません。例えば「眉下切開」を受けると「頭痛・肩こりが楽になった」「体調がよくなった」と言った意見も数多く聞かれます。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事