ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「まぶたが重い」という悩みにクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「まぶたが重い」という悩みにクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

「まぶたが重い」は目元たるみを疑え〜顔たるみの悩み相談

h2:見出し

なんだか最近まぶたが重い。こんな症状をお持ちの方は、日頃の疲れが原因ではないかと疑っていることでしょう。しかし、疲れているからまぶたが重いのではなく、「まぶたが重いから常に疲れが出てしまう」という可能性があるのです。これは一体どういうことでしょうか?

「まぶたが重い」は疲れのせい?

h2:見出し

疲れではなくて「眼瞼下垂」が原因かも

疲れているときは、まぶたが重くなることもあります。体が休息を求め、眠気を感じている可能性もあるでしょう。
しかし、頻繁にまぶたが重いと感じるようでしたら、疲れではなく「眼瞼下垂」を疑うべきです。

眼瞼下垂とは「まぶたのたるみ」!

眼瞼下垂とは、まぶたのたるみです。正確には、目が開けにくくなる症状を言いますが、それは、まぶたを開くための筋肉に異常が生じているためです。

まぶたを引き上げるための筋肉は「眼瞼挙筋」と呼ばれますが、これが何らかの原因で伸びたり、あるいは断裂してしまうことで、目が充分に開けられなくなるのです。このほか、眼瞼挙筋の奥にある「挙筋腱膜」や、眼球の動きをコントロールする「動眼神経」に異常が生じている場合もあります。

眼瞼下垂にはこんな症状があります

片方のまぶたが下がってきた

眼瞼下垂は、一般に加齢とともにそのリスクが高まると言われています。特に、特徴的な症状としては、左右どちらかの瞼が下がってくる場合です。ただ疲れて眠たい場合には、両瞼が平等に重くなるでしょうから、左右のどちらかだけが下がるということは考えにくいといえるでしょう。
瞼が重く、なおかつ片方のまぶたが一方に比べて下がっているようでしたら、眼瞼下垂を疑うべきです。

肩こりや頭痛が慢性化している

眼瞼下垂の特徴的な症状として、肩こりや頭痛を併発することが挙げられます。通常の力ではまぶたを充分に引き上げることができないため、無意識に力んでしまい、常に緊張状態となってしまうのです。 それが、慢性的な、肩こりや頭痛の原因となるケースがあります。
この場合、疲れているから肩こりや頭痛、まぶたの重みが生じているのではなく、「眼瞼下垂によってまぶたが開きにくくなり、その結果肩こりや頭痛が発生している」と捉えるべきです。「疲れのせいだ」と決めつけて、眼瞼下垂を放置すると、肩こりや頭痛をいつまでも解消することができませんのでご注意ください。セルフケアは難しいため、医師に治療法を相談しましょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

まぶたにたるみがあり、まぶたがたるんで目が開きにくくなると、額の筋肉を補助的に使って、まぶたを持ち上げるようなクセが出現するケースがあります。まぶたが重いためですね。根本原因を放置した「対症療法」のようなものでは、不自然な表情になるわりには一時的な効果しかありません。そのような治療は総じて対症療法と言えます。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事