ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「まぶたの皮膚たるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「まぶたの皮膚たるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

老け顔の原因! 皮膚たるみはまぶたにも起こる

h2:見出し

老け顔の原因として知られる皮膚のたるみ。実は、まぶたがたるむこともあり、あなたの美しさを大きく損ねることをご存知でしょうか。今回は、瞼の皮膚たるみの原因や、予防法、解消法についてお伝えします。

まぶたの皮膚たるみはなぜ起こる?

h2:見出し

皮膚・筋肉の衰えや筋繊維へのダメージが原因

まぶたの皮膚がたるみ、 目が充分に開かなくなると、目が小さく見えたり、なんとなく眠そうな印象の表情となってしまいます。その原因の1つとして考えられるのが、皮膚や筋肉の緩みです。
年齢を重ねると、皮膚のハリが失われますが、それによって皮膚が緩み、たるみの原因となります。

もう一つは、皮膚を支える筋肉の衰えで、特に目の周辺に位置する眼輪筋は重要です。一般的に、筋肉は加齢とともに衰えてくると言われていますので、 年齢を重ねた方で、特に表情が乏しい方などは注意が必要です。

また、まぶたを引き上げるための筋肉が伸びてしまったり、断裂するなど、目を引き上げるための筋繊維にダメージが加わっていた場合、ひどいまぶたのたるみとともに「眼瞼下垂」と診断されるケースがあります。

実は顔全体にたるみが発生しているかも!

皮膚や筋肉の衰えがまぶたの皮膚たるみの原因となっている場合、たるみが顔全体に発生しているケースも考えられます。
当然のことながら、皮膚、筋肉はつながっていますので、まぶただけがたるみ、他の部位にたるみがないという状態は考えにくいといえるでしょう。頬のたるみはほうれい線を深くする要因となりますし、首のたるみは二重あごにつながることもあります。 美容の観点からはぜひ、たるみの予防や解消法を考えていきたいところです。

まぶたの皮膚たるみは予防・解消できるの?

まぶたの皮膚たるみの予防方法

まぶたの皮膚たるみの予防方法としましては、表情筋のトレーニングなども有効です。まぶた単体で鍛えることは難しいですが、目をぎゅっと閉じて、それから大きく開くなど眼輪筋のトレーニングは有益です。

さらに、まぶたをこすったり、アイメイクの際に負担をかけないことが大変重要です。花粉症や敏感肌のかゆみなどでつい目をこすってしまいがちな方は、それらの治療を行うことが、結果としてはまぶたの皮膚たるみの予防となります。

まぶたの皮膚たるみの解消方法

上記に挙げた方法は、まぶたの皮膚たるみの予防方法であって、既に起きているたるみを解消するための手段ではありません。特に、まぶたの筋繊維に断裂などのダメージが変わっている場合は、医師に相談して適切な施術を受ける以外に解消方法はありません。なるべく負担が少なく、なおかつ効果的な方法を、医師へ相談してみましょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

まぶたのたるみ、額のしわ・たるみの一番理想的な治療は「眉下切開」か「眼瞼下垂」の手術になると思います。ただし眼瞼下垂は本当はかなりレアな疾患です。一概に眼瞼下垂という診断を下すのには注意が必要と考えられます。私の経験では、まぶたのたるみについては20代から感じている人も大勢いました。同時に、かなり多くのケースで「眉下切開」の適応が良い結果をもたらしています。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事