ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「まぶたのたるみと頭痛の関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「まぶたのたるみと頭痛の関係」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

まぶたのたるみで頭痛が起きる

h2:見出し

頑固な頭痛、定期的な頭痛…。仕事だけでなく日常生活にも支障を及ぼすしつこい頭痛は、まぶたのたるみが原因かもしれません。 一見無関係に見える「まぶたのたるみ」と「頭痛」の関係について、そのメカニズムと具体的な改善方法をお伝えします。

「まぶたのたるみ」がなぜ頭痛につながるのか

h2:見出し

筋肉の緊張状態が原因に

まぶたのたるみは、まぶたの組織が伸びてしまったり、あるいは断裂してしまっているために起こります。 まぶたで働くのは「上眼瞼挙筋」と呼ばれる筋肉で、このほかミュラー筋や腱膜などの周辺組織と協力してまぶたを上げているのです。
さて、まぶたがたるんでいるということは、普通の力ではまぶたが充分に開かないということ。そのため、必要以上の力がかかり続けることとなり、筋肉が緊張状態になってしまいます。 このような、筋肉の緊張状態が、首や肩に起こると、慢性的な血行不良の原因となり、頭痛の症状が出てくるのです。

眼精疲労も関係

筋肉の緊張状態は当然、目そのものにも起きてきます。

具体的には、目の深部が緊張状態となり、眼精疲労が起こるのです。このような眼精疲労も、頭痛につながる恐れがあると考えられます。

「まぶたのたるみ改善」で頭痛を治そう!

まぶたのたるみでは頭痛以外の症状も出る

まぶたのたるみでは、頭痛以外にも症状が出るケースが多いようです。代表的な例としましては「肩こり」で、やはり筋肉の緊張状態や、慢性的な血行不良から症状が引き起こされています。まぶたがうまく開かず、人から「なんとなく眠そうな目をしているね」などと言われたら、眼瞼下垂の可能性もあります。
眼瞼下垂による「まぶたのたるみ」が、しつこい頭痛や肩こりの原因となっている可能性を疑いましょう。

まずはお医者さんに相談

まぶたのたるみがもとで、頭痛などの症状が出ているケースでは、やはり大元の原因であるまぶたのたるみを改善する必要があります。必要な施術は、まぶたのたるみ具合によっても異なります。また、頭痛の本当の原因が、まぶたのたるみでだけでなく「別の重大な病気」というケースもゼロではありません。そのため、安易に自己判断せず、1度病院でお医者さんに相談する必要があります。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

私は、まぶたのたるみに「眉下切開」をおすすめします。実際に眉下切開を受けて、ラクになる方が多く「体調がよくなった」「仕事がはかどるようになった」という意見も数多く聞かれます。中には、就職に成功した方もいるようです。まぶたがたるむと「まぶたを開けるために全エネルギーの半分以上使っていたようだ」と、辛い症状を訴える方も少なくありません。しかし、治療によって目を開けるのに使うエネルギーが軽減すれば、ストレスや疲労感がかなりなくなります。眉下切開を受けると、頭痛・肩こりが楽になった。体調がよくなったと言った声も多く、私としては嬉しい限りです。いずれにしても、頭痛は怖い症状なので、放っておかず医師に相談して頂きたいですね。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事