ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「整形しないでたるみを解消する方法」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「整形しないでたるみを解消する方法」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

整形しないでたるみは解消できるか

h2:見出し

整形しないで顔のたるみを解消したいという方も多いことでしょう。手術が怖いという気持ちももちろんあるかと思いますが、費用やダウンタイム、また「本当に効果があるのか」などを気になる点も多いことでしょう。 今回は、整形しないでたるみを解消する方法のほかに「整形手術を考えるべきたるみの状態」についてもご紹介いたします。

整形しないで解消!たるみのセルフケア方法とは?

h2:見出し

たるみの原因に合わせたケアを

たるみ解消のセルフケアとしては、基礎化粧品の使用、マッサージ、ダイエット、表情筋トレーニングなどが考えられます。しかし、このようなセルフケアはたるみを解消する目的よりも「たるみ予防」に役立つと考えるべきです。

そもそも、セルフケアの場合には「たるみの原因を正確に特定すること」が困難という問題も上げることができます。たるみは、皮膚だけでなく、骨や筋肉の各部位が原因となりえます。 間違った見立てに基づくケアは、たるみをかえって悪化させるケースもあるのです。

「たるみの原因」の正確な把握は難しい

すでに発生しているたるみを、セルフケアで解消することは難しいといえるでしょう。ご自分の体であっても、たるみが「皮膚、骨、筋肉のどの部位で起こっているのか」を正確に知ることが難しいからです。この点については、実は医師側にとっても難しい診断となります。そのため「経験が豊富で、たるみ施術に特化した医師」に相談する必要があるのです。

整形手術も考えたい「たるみの状態」とは

「適正価格で確かな効果」を得たいなら「整形手術」

「セルフケアを何年も続けているのに、効果がでない。あるいは、セルフケアでたるみが悪化してしまった」
「現在、中高年で、たるみに悩んでいる」
「思春期など、若い頃からたるみに悩まされてきた」
「他のクリニックでたるみ施術を受けて、かえってたるんでしまった」

このようなケースでは、整形手術が「最良のたるみ解決方法」となる可能性があります。
実は、たるみの「根本治療」であり「1度の施術で確かな効果が期待できる施術」は「整形手術」しか存在しないからです。ヒアルロン酸などの注入系施術やレーザーなどの照射系施術は、回数を重ねる必要がありますが、どれほどの効果が期待できるかは不透明。同時に、回数を重ねるため、1回の整形手術よりもかえって高額になる可能性も高いと考えられます。もちろん、整形手術を選択する場合には、信頼できる医師やクリニックをご利用ください。

まずは医師に相談することが最適

整形手術と聞けば、顔にメスを入れてダメージが大きく、費用も高額なイメージです。しかし、最新のたるみ施術は「糸によって皮膚を引き上げるフェイスリスト」のように、メスを使わない施術も存在します。切開を伴わないためダメージが少なく、ダウンタイムも短くて済みます。
「糸を使って皮膚を引き上げるフェイスリフト」ならば、メスを入れる必要がないため安全性も高いと言えるでしょう。さらに、注入系施術やレーザー(照射系施術)などよりも確かで、持続的な効果が期待できます。「糸を使って皮膚を引き上げるフェイスリフト」ならば、1回の施術で目に見えるたるみへの効果があらわれます。興味のある方は「糸を使って皮膚を引き上げるフェイスリフト」に実績を持つ医師に、相談されると良いでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

わたくしは特に若い方ほど気分や流行に大きく左右されるような極端な美容整形は受けるべきではないと思います。従来の20代の美容外科は、失敗した場合はもっと悲惨でしょうが・・・。例え大成功であったとしても全くの別人になったり、痛々しい整形顔になったり、その容貌を気に入らず、どうしても激変した自分の要望を自分自身で受容できずに修正手術を繰り返す、いわゆるポリサージェリーになったり、悲惨な例は枚挙にいとまをつけられないほどです。
誰でも全くの他人になることはできません。自分の骨格や顔だちに逆らうような無理な美容整形は、人から見たら「整形に失敗したような顔」に過ぎず、間違いなく執刀医とのイメージ共有もうまく行きませんので、おすすめではありません。自然なリフトアップ・若返りやキレイになる方法を追求する方が、確実にキレイに可愛くなれるのではないでしょうか。私が多く手がけた「糸によって皮膚を引き上げるフェイスリスト」は、そのような条件を満たす施術の1つと言えると思います。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事