ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顔のたるみ治療 スペシャリストインタビュー

顔のたるみは、様々な原因で起こります。ケアや治療法は数多く紹介されているものの、本当に効果的があるのかは分かりづらいですよね。そこで今回は六本木境クリニックの院長 境隆博先生にお話を伺いました。 境先生は、小児外科や形成外科にも勤務した経験豊富な医師。国立大学やその関連病院で医師や医長としてご活躍され、都内美容外科分院にて院長を務められた後、2012年に六本木境クリニックを開院しました。アンチエイジングや刺青除去で造詣の深い形成外科医および美容外科医として知られ、日々全国から大勢の施術希望が来院する人気ドクターです。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顔のたるみ治療 スペシャリストインタビュー

顔のたるみは、様々な原因で起こります。ケアや治療法は数多く紹介されているものの、本当に効果的があるのかは分かりづらいですよね。そこで今回は六本木境クリニックの院長 境隆博先生にお話を伺いました。 境先生は、小児外科や形成外科にも勤務した経験豊富な医師。国立大学やその関連病院で医師や医長としてご活躍され、都内美容外科分院にて院長を務められた後、2012年に六本木境クリニックを開院しました。アンチエイジングや刺青除去で造詣の深い形成外科医および美容外科医として知られ、日々全国から大勢の施術希望が来院する人気ドクターです。

一般的なたるみ対策って効果はあるんでしょうか?

一般的なたるみ対策って効果はあるんでしょうか?

Q.年齢を重ねると皮膚がたるんできます。特に顔のたるみは目立ってしまって困ります。先生、たるみはなぜ起こるのでしょう?

境先生:1つめは加齢です。コラーゲンやエラスチンを作り出す「線維芽細胞」の働きが弱ってくることで、肌ハリが失われてくるのです。そこには当然、食事、睡眠、喫煙、飲酒などの生活習慣も関係します。
2つめは紫外線です。紫外線は肌のコラーゲン繊維を傷つけたり、肌老化を促進させる活性酸素を発生させます。最近ですと、太陽熱エネルギーの約半分を占める「近赤外線」も、より深い組織にまでダメージを与え、たるみを引き起こすとされていますね。

Q.なるほど。たるみの原因は1つではないのですね。

境先生:実は大切なものがもう1つあります。それが「触りすぎ、こすりすぎ」です。洗顔やメイク、マッサージやエステでお顔を強く触りすぎると、支持組織が引き伸ばされて伸びてしまいます。するとお肌が重力に負けて、たるんでしまうのです。

●ズバリ、効果のある「たるみ改善法」とは

Q. 触りすぎ、こすりすぎがたるみの原因になるのですね。それでは、ホームケアやエステなど一般的なケアはあまりしないほうが良いのでしょうか?

境先生:いいえ。特に、基礎化粧品を上手に使えば、保湿や紫外線ケアには効果的ですので、きちんとおこなったほうが良いと思います。ただし、基礎化粧品は予防的なケアなので、すでに起こっている「たるみ」を改善できるかというと、難しいかもしれないですね。

Q.そうしますと、効果のある「たるみ改善法」とは、どういったものになるのでしょうか?

境先生:やはり「物理的にたるみを引き上げる施術」が有効でしょう。いわゆるリフトアップ施術ですね。現在クリニックでおこなわれているリフトアップの名前が付いた施術は、次の5種類です。

・リフトアップ手術(たるんだ皮膚を切除する施術)
・糸によるリフトアップ施術
・糸の刺激による肌質向上施術
・照射系リフトアップ治療(高周波・超音波・レーザーなど)
・注入・注射系リフトアップ治療(ヒアルロン酸・ボツリヌストキシンなど)

この中で「リフトアップ手術」と「糸によるリフトアップ施術」が、物理的にたるみを引き上げる施術になります。物理的にたるみを引き上げる方法以外の施術で、たるみ治療ができる・リフトアップができると考えている医者はほとんどいないのに、それ以外の方法もなぜか?たるみ治療・リフトアップとして一般的に広く行われているのが現状です。

Q.でも「手術」なんて、なんか怖そうですね。お医者さんを前にして失礼ですが…。

境先生:いいえ、手術に不安があることはよく分かりますよ。実際に大がかりな手術になると、傷跡やその後の経過(ダウンタイム)も心配です。そこでわたくしは「できるだけ効果が高くて負担の少ない施術」を選択するように心がけています。

「糸によるリフトアップ施術」は、肌に糸を通していくだけなので、切開を伴いません。特に「スプリングスレッドリフト」は当院でも好評です。それから「リフトアップ手術」は、たるみの切開・切除を伴う手術ですので、しっかりした医師に任せるべきです。私の経験では耳の前や生え際など顔の側面からの手術は実感できる効果が少なく、「眉下切開」(眉下リフト)など顔の正面からの手術はおすすめできます。

美容クリニックでのたるみ治療について教えてください

美容クリニックでのたるみ治療について教えてください

●目が自然な仕上がりでパッチリ「眉下切開」

Q. 美容クリニックでおこなわれているリフトアップ施術(たるみ治療)についてもう少し教えて頂きたいのですが「眉下切開」は、まぶたの皮膚を切除すると聞きました。これは「アイリフト」と同じ施術ですか?

境先生:少々異なります。まずは、目を閉じた状態をイメージしてください。…上が眉毛。そして、まぶた、その下にまつ毛がありますね。
「上眼瞼(じょうがんけん)形成術」とも呼ばれるアイリフトでは、まぶたの下側の皮膚を切除します。つまり、まつ毛に近い部分ですね。
この施術は、傷跡が二重ラインにかくれて見えにくい点がメリット。眼瞼下垂の手術も一度に同じ切開からできます。しかし、まぶたの下側という皮膚の薄い場所を切除することで、自然な二重ができるために必要なうすい皮膚がなくなってしまうのです。皮膚が厚くなり「分厚く不自然な二重」になるリスクもあります。

一方、眉下切開では、まぶたの上側の皮膚を切除します。つまり、眉毛に近い部分です。まぶたの上側は皮膚が厚く、この部分の皮膚がなくなっても、二重に理想的なうすい皮膚は無傷で残るため二重が自然なまま仕上がります。脂肪や筋肉を取って減らさなくても良いので負担も少なめです。ただし、傷跡が目立ちやすいという難点はありますね。

Q.眉下切開とアイリフトには、それぞれメリットとデメリットがあるのですね…。

境先生:ただし眉下切開を「毛包斜切断法」(もうほうしゃせつだんほう)でおこなうと話は別です。これは眉毛の中から下方へ斜めに切開する施術法。術後に毛が生えますので、傷跡が隠れて目立たなくなります。ただし、ホームページに「毛包斜切断法」と書いてあっても「毛包斜切断法」を実際に上手く使いこなしている医師は少ないため、カウンセリングで実際の傷跡やスッピンの拡大写真を見せてもらった方が無難でしょう。
あとはやはり、切開のバランスですね。眉頭から眉尻までバランス良く長めに切開すれば、均等な張力で目が全体的にパッチリと大きく見せてくれます。これで引きつれも抑えることが可能です。なお眉下切開では、元の雰囲気のまま目が大きくなるので、不自然さもありません。特に、額(ひたい)と目じりのシワ・たるみには、眉下切開が非常に良いと私は思っています。

●たるみ対策の真実〜高額で痛い施術ほど効果的? そんなことはありません!

Q.美容クリニックでのたるみ治療は「徐々に効いてくる施術」と「即効性のある施術」に分かれます。「徐々に効いてくる施術」は手軽でダウンタイムも短い傾向があるので、選ぶ方も多いようですね。

境先生:後から効果がある・徐々に効いてくる・回数を重ねると効いてくる…。こうした施術は、施術を受ける方々に「効果への過度な期待」を抱かせてしまう問題はあるかもしれませんね。実際に、医療に関してはまじない・祈祷から発生したものだと言う説もあるようですが、施術が単なる気休めになってしまえば元も子もありません。
同様に「値段や痛みに比例して効果も高くなる」と思ってしまうことは美容施術の大きな落とし穴です。「理にかなっているもの」は効果があり、「理にかなっていないもの」には効果がない。その意味で、値段・痛みと効果に相関関係はない、と考えた方が無難かと思います。

Q. 「値段・痛みと効果に相関関係はない」という点は衝撃でした。ここに「たるみ対策の真実」が凝縮されている気がします。

境先生:私のクリニックに来られる方は、他の医療機関のたるみ治療に満足できなかった人も多くいらっしゃいます。そういった患者さんに誠心誠意接してきた経験に基づいていますので、少々考えが偏っているようにも見えるかもしれません(笑)一般的に氾濫している美容医療の情報の対極の立場から、日頃実感している意見ですので、このインタビューをご覧の方には多いに参考にして頂ければと思います。

最新のたるみ治療について教えてください

最新のたるみ治療について教えてください

●画期的なたるみ施術「スプリングスレッド」

Q.糸でたるみを引き上げる施術は数多くあります。中でも「スプリングスレッド」は2010年から日本に紹介された最新たるみ治療で、先生は施術創始者のフランス人医師・フリスマン氏から直々に指導を受けたと聞いております。「スプリングスレッド」はどのような点が優れているのでしょうか?

境先生:「施術後の違和感が少なく、持続力が高い」という点が優れています。
従来の糸のフェイスリフトでは伸縮性のない固い糸を使用していました。そのため、施術後に、突っ張りや違和感が出やすかったのです。表情筋の動きに、糸がうまく対応できていないということですね。これは、糸に強い負担がかかっているわけなので、当然、緩んだり、外れやすい状態です。
しかし「スプリングスレッド」で使用される糸に「伸縮性」がありますので、こうした問題が起きにくく、さらに仕上がりも自然です。その意味でも画期的な施術かと思います。

Q. リフトアップ効果はどうですか?

境先生:大変高いと思います。「スプリングスレッド」の糸は突起がトゲではなく「丸みを帯びた無数のコグ」なので折れたりささくれたりしにくく強度が高いと言います。また、コグは糸の全長にわたって2mmおきにたくさん付いており、なおかつ伸び縮みがあります。このため一点にかかる力がほぼゼロですので、後戻りもしにくいです。このような特徴から、切るリフトアップ手術では難しい「顔の正面部分のリフトアップ」も問題なくおこなえます。スプリングスレッドをおこなうと、お顔の印象がガラリと変わって、担当した私自身ですら驚くことがありました。

Q.大変メリットの多い施術ですね。やはり、最新治療のほうがたるみに効果的なのでしょうか。

境先生:全部がそうとは言い切れません。最新風・最先端風の「手軽な美容医療施術や商品」はカラフル・ファッショナブルなイメージで目を引きます。しかし、あまり新しい施術だと、患者さんの長期的なデータも不充分。効果が机上の空論に過ぎない可能性もゼロではありません。
こういった、流行の最新風・最先端風の美容医療施術やプチ整形にはむやみに飛びつかず、しばらくじっと静観することも、施術でひどい目に会わないためには大切なことかもしれません。
本来、良質な美容外科・美容医療は「安全性の追求」「医師の経験」「緻密なカウンセリング」など、地味で目立たない要素の積み重ねで完成すると信じています。最後は「最新治療かどうか」ではなく、医師個人の経験やノウハウが重要かと思います。

Q.「医師個人の経験やノウハウが重要」。これも、たるみ治療を受ける際のキーワードですね。

境先生:「施術医師によって大きな差がでる施術」がある一方、逆に「ほとんど差がでない施術」も存在します。
若い医師や美容医療を始めたばかりの医師でも一応できそうな施術は、本当はどんな医師が手がけてもほとんど差が出ないことに含まれます。むしろそうでなければ、経験が少ない医師が施術することすら許されることではありません。そのような施術に対して、あたかも医師の上手い下手があるかのように宣伝してしまうことも事情をややこしくしています。
執刀医によって大きな差が出るものは、やはり溶けない糸と切る手術のように元の状態に戻すことがほとんど不可能な施術です。充分な経験やノウハウを持つ医師の腕こそが、満足な仕上がりへの近道と言えるでしょう。

インタビュー後記

境先生は分かりやすく冷静に、そして熱意をもって「顔のたるみ治療」を語って下さいました。最も印象的だったのは「自分が納得した治療しか患者さんにすすめない」という強い責任感です。

「外見がキレイに変わり、内面までもポジティブになった方を見ると…美容外科医冥利に尽きます」
インタビュー中のこの一言に、精力的に美容医療を追求する境先生の「モチベーションの原点」を見た気がします。

たるみの悩みは、信頼できるプロに頼むべき。今回のロングインタビューを通じてその点を強く感じました。

(インタビュー:ライティング事務所ホモ・ルーデンス 武田 寿正)

六本木境クリニック院長 境隆博のプロフィールを見る

顔のたるみ治療:スレッドリフト

記事一覧
  • スプリングスレッドリフト

    スプリングスレッドリフト

    ほうれい線、額、鼻や目周り、フェイスラインなど、特に顔の中心部のたるみを一気に改善することが期待できる最新施術の1つです。
    フランス生まれの「スプリングスレッドリフト」はつっぱり感などの違和感が生じにくく時間が経っても緩みづらい点が大きな特徴。
    使用される「伸縮性のある糸」は顔の筋肉と一緒に動くため、術後もナチュラルな表情が得られます。経験豊富な医師の手にかかれば「最も効果的なたるみ施術」と言う声もあります。

  • ハッピーリフト

    ハッピーリフト

    異物挿入の反応によって「コラーゲンやエラスチンの生成=肌を支える真皮層に欠かせない物質の生成」が期待できます。「ハッピーリフト」は、肌に吸収される素材「ポリ乳酸(PLA)とε-カプロラクトン」の糸を皮膚の下に挿入することで頬のたるみやほうれい線、しわなどの解消を期待することができる施術です。

  • ウルトラVリフト

    ウルトラVリフト

    「ウルトラVリフト」は、ほほのたるみにお悩みの方にもおすすめのリフトアップ施術です。皮膚に吸収される「PDO」と呼ばれる素材の極細糸を皮下に挿入することで、長期間のコラーゲン生成を促進します。リスクが低くダウンタイムも短いため、手軽にチャレンジできるたるみ改善策の1つと言えるでしょう。

  • TRライン

    TRライン

    肌の引き締めと同時に、美肌効果も期待できます。「TRライン」は皮膚に吸収される「PDO」素材の糸を皮膚下に埋め込むことで、細胞の活性化と皮膚の引き上げ効果を目指す施術です。顔だけでなく、年齢が出やすい首の小じわやたるみに悩む方にもおすすめできます。

  • エンドタインリフト

    エンドタインリフト

    線ではなく面で組織を引き上げるため、希望箇所へのより高いたるみ改善効果が期待できます。アメリカで開発された「エンドタインリフト」は、数本の突起がついたリボン状素材「エンドタイン」によって、筋膜や皮膚を強力に引き上げる施術です。ごく小範囲ですが皮膚切開を伴う施術のため、カウンセリングと施術は信頼と経験のあるドクターに任せましょう。

  • リードファインリフト

    リードファインリフト

    徐々に溶けて吸収される特殊な極細糸を皮下に挿入することで肌のコラーゲン生成を促します。「リードファインリフト」は、美容大国としても知られる韓国で認可された最新施術です。顔のあらゆる部位に対応することができ、例えば首のシワやたるみにお悩みの方も検討する価値があります。

  • ショッピングスレッドリフト

    ショッピングスレッドリフト

    大幅なたるみ改善が必要なく、なおかつ身体的負担を最小限にとどめたい方にもおすすめ。「ショッピングスレッドリフト」は、皮膚を切除せず、医療用の特殊な糸を希望箇所の皮下に数本埋没させることで、皮膚や筋肉組織を引き上げるほか、糸の刺激によるコラーゲン生成の促進や、お肌の若返り効果を期待することができる施術です。

  • ミラクルリフト

    ミラクルリフト

    頬のたるみ改善、リフトアップ効果をお望みの方に。お隣韓国で開発された「ミラクルリフト」では、折り返しのついた特殊形状の糸を側頭部から数本挿入して、皮膚を引き上げ固定します。溶けない糸を使用しているため、半永久的なリフトアップ効果を期待することができる施術法です。もちろん、異物挿入によるコラーゲンやエラスチンの生成促進も期待できます。

  • シルエットリフト

    シルエットリフト

    アメリカのFDA(アメリカ食品医療局)などで承認を受けた安全性と、高いリフトアップ効果が特徴。2000年代後半から日本でも導入された「シルエットリフト」は、体内で吸収されるコーン(三角錐の突起物)のついた特徴的な糸を用いて、たるみを立体的に引き上げることができる施術です。皮膚を切除しないため身体的な負担も少なく、効果の長いキープを期待することができます。

  • 金の糸(ゴールデンリフト)

    金の糸(ゴールデンリフト)

    皮膚の活性化にアドバンテージのある半永久的なたるみ改善法です。 1969年のフランスで開発された施術「ゴールデンリフト」は、皮膚下に純度99.99%以上の純金の細い糸を埋め込みます。それによって血行が促進され、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促されますので、元気のない肌ハリへ永続的なアプローチが期待できます。

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報