ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「産後の顔たるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「産後の顔たるみ」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

産後の顔たるみ〜これって疲れのせい?

h2:見出し

生命をはぐくみ生み出す出産には想像以上の体力を使います。妊娠中はもちろん、出産後の子育てなどの疲労で大変な思いをされている女性も多いことでしょう。そんなある日、ふと鏡を覗くと顔がたるんでいる…。けれど、そのたるみを「疲れのせい」と決めつけることは得策ではありません。

産後に顔がたるむ原因とは

h2:見出し

原因その1:ホルモンバランスの乱れによるむくみ

女性の生理周期などを司る女性ホルモン。産後にそのバランスが崩れることによって肌に様々な影響が出ることが知られています。例えばニキビや吹き出物、シミなどが現れることもあります。このほか、肌のむくみが発生することで、顔がたるんでように見えることもあるようです。単なる疲れややつれとは異なるため、適切なケアを考えましょう。

原因その2:骨盤の歪みから顔のたるみへ

産後は失禁、便秘、腰痛などが起こりやすくなるケースがありますが、これは出産に伴う骨盤のゆがみが原因となっている可能性もあります。出産後、通常は2ヶ月前後の「産褥期」(さんじょくき)を経て体が元の状態に戻りますが、上記のような不調が続くようであれば、骨盤のゆがみも疑うべきです。

骨盤のゆがみは、姿勢の悪さにもつながることがあり、それが顔のたるみへとつながるケースも考えられます。

産後の顔たるみを解消するには

まずは生活リズムを整えて、体調を戻しましょう

産後の顔たるみを悪化させないためには、生活リズムを整えて、食生活などにも気を配る必要があります。充分な睡眠と栄養摂取はたるみの予防にも不可欠です。

また、軽めの運動をすることはターンオーバーにも良い効果をもたらし、脂肪の蓄積も防ぐため、皮膚たるみの防止になると考えられます。

なお骨盤のゆがみが戻らない方は、骨盤ベルトを使うことも検討してください。骨盤をサポートしつつ引き締めることで、妊娠前の骨盤に戻すことが期待できます。骨盤のゆがみが辛い場合は、無理をして運動することは控えて下さい。

美容医師への相談も検討しましょう

このように、産後の顔たるみの悪化を防ぐ手段はいくつもありますが、すでに発生しているたるみを改善することは難しいといえます。間違ったセルフケアで、たるみを悪化させてしまう可能性もあるため、1度は美容クリニック等で相談されることをおすすめします。信頼できる医師ならば、適切な診断に基づいて、ベストな美容医療ケアをすすめめてくれます。納得いくまで施術の説明を聞き、熟考した上で利用されるのも、たるみ解消のひとつの方法といえるでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

妊娠中はどうしても運動不足になりがちです。妊婦向けのマタニティー運動も様々な施設で実施されていますが、つわりや体調不良などによって満足に運動できない方も多いかと思います。運動不足によって、表情筋の筋肉量が低下することも、顔たるみの原因になることがあります。また、出産によって体質が変わり、それが顔たるみへ影響することもあります。心配な方はかかりつけ医ほか、セカンドオピニオンとして、信頼できる美容外科医などにも相談されると良いかと思います。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事