ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「顎のラインをシャープにする方法」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

気になる「顔のたるみ」についてのあらゆる話題をご紹介。顔たるみへの知識を身につけることでベストなケア方法を探りましょう。今回は「顎のラインをシャープにする方法」にクローズアップ。より美しく、フレッシュな印象のお顔でありたい方は、ぜひチェックしてください!

重力によってたるみやすい「顎」

h2:見出し

顎は、顔の下側に位置するため、重力の影響を受けやすい箇所といえます。従って、たるんでしまいやすい箇所とも考えられます。顎のラインをシャープにするためには、きちんと原因を把握した上で、適切なケア方法を探っていく必要があるのです。

顎のラインがシャープじゃない原因は?

h2:見出し

肥満やむくみ

肥満による脂肪の蓄積はたるみの原因となります。例えば顎に脂肪が蓄積すると、脂肪の重みでたるみが発生しやすく、顎のシャープさが失われます。
また、ターンオーバーが悪化したり、血行が悪くなったりすることでむくみが発生すると、皮下組織に水分が溜まり、これもたるみの原因となります。

筋肉や姿勢

顎のラインは、脂肪だけでなく筋肉によっても形作られています。 特に、オトガイ筋の発達している方は、顎の筋肉が引き上げられることでシャープさが失われるケースがあります。特に、顎にしわが寄っている方は顎の筋肉が発達しているケースも考えられます。

また、姿勢の悪さが顔の骨格の歪みにつながり、その影響が顎のラインに出ているケースもあります。特に、噛み合わせの悪い方などは、顔の骨格が歪み、それが顎のたるみの原因となっていることがあると思われます。

顎のラインをシャープにする方法は?

肥満気味の方はダイエットにトライ

体脂肪率が高い方は肥満による顎のたるみや脂肪の蓄積が疑われますので、ダイエットによる改善を検討するとよいでしょう。1日の摂取カロリーを摂りすぎないように注意して、定期的な運動習慣を実践することが望ましいと考えられます。

筋肉や加齢が原因なら自力ケアは難しい

肥満気味の方は、ダイエットによって顎のラインをシャープできる可能性があります。一方、筋肉の発達や骨格、加齢による皮膚のたるみが関係している場合は、自力でケアすることは難しいといえるでしょう。 筋肉の発達や骨格が関係している場合、医学的な処置が必要な可能性が高く、加齢が原因で皮膚がたるんでいる場合にもやはり同様です。まずは信頼できる医師に相談し、具体的な対策法をアドバイスしてもらうことが最適です。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

ほほのボリュームが下がって行くことによって、ほうれい線が目立つだけではなく、マリオネットラインが目立って四角い顔になり、下顎骨の下のボリュームが増えてフェイスラインがたるみます。このとき、同時にあご下のボリュームも増えて、首もたるんでしまいます。また、ボリュームは重みですので重力で下がります。間違えた施術では、希望する場所よりも下側がふくらむことが多く下膨れになります。実際に気になる部位と違うところがふくらんだ、下膨れになった、大きな顔になったなどと言ったヒアルロン酸後の相談が多い印象があります。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法のトップページに戻る >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事