ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

20代だって油断禁物!顔のたるみケアをはじめよう

20代では「肌がたるんできたかも…」と危機感を感じる方はまだ少ないかもしれません。しかし、10代に比べれば「確実にたるみは進行している」のです! 20代で毎日のスキンケアを怠ると「30代以降」に衰えが加速します。20代で「顔のたるみ対策」をしておくことは美しい30代を迎える上で絶対に必要なのです。まずは20代の肌がどのようにたるむかを正確に知って、メイクでのごまかしではない「本当に必要なケア」を導き出しましょう。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

20代だって油断禁物!顔のたるみケアをはじめよう

20代では「肌がたるんできたかも…」と危機感を感じる方はまだ少ないかもしれません。しかし、10代に比べれば「確実にたるみは進行している」のです! 20代で毎日のスキンケアを怠ると「30代以降」に衰えが加速します。20代で「顔のたるみ対策」をしておくことは美しい30代を迎える上で絶対に必要なのです。まずは20代の肌がどのようにたるむかを正確に知って、メイクでのごまかしではない「本当に必要なケア」を導き出しましょう。

20代の顔のたるみとケア方法

20代の顔のたるみとケア方法

20代では「肌がたるんできたかも…」と危機感を感じる方はまだ少ないかもしれません。しかし、10代に比べれば「確実に顔のたるみは進行している」のです!

20代で毎日のスキンケアを怠ると「30代以降」に衰えが加速します。20代で「顔のたるみ改善対策」をしておくことは美しい30代を迎える上で絶対に必要なのです。まずは20代のお肌がどのようにたるむかを正確に知って、メイクでのごまかしではない「本当に必要なケア方法」を導き出しましょう。

20代のスキンケアの重要性について

20代の顔のたるみとケア方法

20代の「油断」が危ない

20代は、学生を経て社会人として活躍する時期。寝不足、ストレス、夜更かしなどは付きものですが「ちょっと肌が荒れる程度」で済んでいるかもしれません。そこで基礎化粧品よりも「メイクで手軽にカバーする」という方も多いはずです。

しかしその「油断」が、知らないうちに顔たるみを進行させます。顔のたるみは少しずつ進行するので、毎日鏡でチェックしている方のほうがかえって気づきにくいものです。
むしろ「なんとなく元気のない・覇気の足りないぼやけた顔」「なんとなくメイク乗りが悪い」など「なんとなく肌の調子が悪い」というサインを見逃さないようにしましょう。これが「たるみの開始サイン」という可能性は充分にあります。
なお、顔たるみの自覚症状がちょっとでも出てきたら「顔たるみがどんどん進行している状態」だと思ってください。

20代のスキンケアは「30代への貯金」

20代になったら基礎化粧品を上手に使い「保湿」と「UVケア=紫外線ケア」をメインにスキンケアしていきましょう。 たるみ予防のためには「疲れた肌をいたわること」そして「肌をたるませる外的な要因をシャットアウトすること」が大切です。

特に紫外線は、肌ハリ成分を生み出す「線維芽細胞を弱らせる」ため、ガードは必須です。外出時はUVケア化粧品や日焼け止めを使い、こまめに塗り直して、紫外線対策をしましょう。こういった地道なケアが、美肌で30代を迎えるために必要な「貯金」なのです。

20代の肌の仕組み

「若々しい肌ハリ」の秘密

若々しさを「ピチピチ」と表現することがあります。これは文字通り「肌がピチピチに張っている状態」を表しています。

20代前半の肌は、コラーゲンやエラスチンなど弾性線維の生産が活発。コラーゲンやエラスチンは肌の土台となる「真皮」を形成するので、たるむことなく肌に弾力が出ます。これが「ピチピチ肌」です。
しかし25 ~ 30歳以降、体が成熟期を過ぎると、コラーゲンやエラスチンなど弾性線維の生産が少しずつ減少し、肌の弾力も失われます。これが「たるみの始まり」です。

なぜ、コラーゲンやエラスチンの生産が少しずつ減少するのでしょう?それは、コラーゲンやエラスチンを生産する「線維芽細胞の元気がなくなってくるから=線維芽細胞の生成機能の衰え」に他なりません。

肌の元気は20代から無くなってゆく〜メイクよりも基礎化粧品

ショッキングなことに、「線維芽細胞の生成機能の衰え」によって、肌の元気は20代中頃から無くなってゆきます。特に日常のスキンケアを怠ると肌にダメージが蓄積して、30代以降に肌の衰えが加速する要因になるのです。

肌へダメージを蓄積させないためには

1.香料や添加物で刺激が強いコスメ・基礎化粧品を使わない
2.洗顔やクレンジングで肌をこすりすぎないこと
の2点を重視して下さい。

その上で、冒頭でもお伝えしたように「保湿」と「UVケア=紫外線ケア」を徹底しましょう。乾燥や紫外線もお肌にとっては大きなダメージです。

肌の水分量については生まれてから年々低下しますので、年齢を重ねるほど乾燥肌になりやすい状態へと変わります。赤ちゃんの肌がみずみずしく、高齢者の肌が潤いを欠くのはそのためです。
みずみずしい肌のキープには、早くから「保湿ケア」を意識しておいても損はありません。
同時に、肌ハリの基礎となる線維芽細胞を守るための「紫外線対策ケア」も欠かさずにおこないましょう。

20代でいかにごまかさず肌ケアをしたか。気づかずに進む「顔のたるみ」を20代で意識できたかどうかで、30代以降の肌ハリが変わります。

一般的な顔のたるみ対策〜セルフケア・ホームケア編はこちら >>

ドクターズコメント

ドクターズコメント

20代は「自分がもともと潜在的に持っている良さ・チャームポイント」を強調するような美容を目指すと良いでしょう。これは非常に意義のあることだと思います。逆に、気分や流行に大きく左右されるような「極端な美容整形」には注意が必要です。

極端な美容整形では「ポリサージェリー」のような状況に陥ることがあります。 全くの別人顔や痛々しい整形顔になると、激変した自分自身を受容できないケースがあり、何度も修正手術を繰り返す…。このような状態は美容整形における「ポリサージェリー」といえます。美容整形は「修正の方が難しい」ので、回数を重ねるほど思い通りにならない危険性も。まだ若い方や、手術に失敗した方はとても悲惨です。ちなみに私は20代でも、いわゆる美容整形ではなくリフトアップ系施術の方が、自分らしさを残したまま自然にキレイになれると考えています。

また、基礎化粧品に「たるみ改善」まで期待するのはちょっと過信です。しかし無理な整形手術をするよりは「日常のスキンケア」に目を向けたほうが良いでしょう。生活習慣や日々のスキンケアの問題点を見直すことも、若い方の美容では有効です。

基礎化粧品での顔のたるみ対策はこちら >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事