ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顔のたるみ30代〜「乾燥とたるみ」の関係を知る

30代は「お肌の分かれ道」などと言われます。それくらい肌の変化を急激に感じる瞬間がこの年齢には訪れるのです。顔のたるみを直視することは怖いですよね。しかし現状を受け入れて「先延ばししないケア」を見直してみませんか。「いつまでもキレイで、若々しくありたい」。その願いを叶えるには、今、この瞬間から正しい知識を身につけ、実践すべきと言えるでしょう!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顔のたるみ30代〜「乾燥とたるみ」の関係を知る

30代は「お肌の分かれ道」などと言われます。それくらい肌の変化を急激に感じる瞬間がこの年齢には訪れるのです。顔のたるみを直視することは怖いですよね。しかし現状を受け入れて「先延ばししないケア」を見直してみませんか。「いつまでもキレイで、若々しくありたい」。その願いを叶えるには、今、この瞬間から正しい知識を身につけ、実践すべきと言えるでしょう!

待ったなし!運命の分かれ目〜30代の顔のたるみ対策

待ったなし!運命の分かれ目〜30代の顔のたるみ対策

「私の肌は20代の頃とあまり変わっていないみたい…」。そんなふうに感じられても30代を迎えた肌は、20代の頃と比べて確実に変化しています。たるみは肌の表面(表皮)ではなく、肌の奥(真皮)で進むため、目には見えにくいのです。たるみなどの症状として、目に見える形であらわれてくるのは、30代後半。ケアを怠っていればいるほど、変化は急激に訪れます。
なお、年齢を重ねるほどあらわれやすい「乾燥」も大問題。乾燥は肌のバリア機能を低下させ、敏感肌などにもつながる「肌トラブルの入り口」です。甘く見ていると、やはり5年後、10年後に大きな差が出てしまいますよ。

30代の顔のたるみとケア方法〜乾燥たるみチェック

30代の顔のたるみとケア方法〜乾燥たるみチェック

本格的な「保湿」を意識すべき年齢

肌の水分量は、生まれた時から減少し続けますが、それがはっきり感じられるのが30代です。20代で特に意識していなかった方も「保湿ケア」を始める必要があります。

特に、肌内部(インナードライ)の乾燥は真皮にダメージを与えます。真皮のコラーゲンやエラスチンといった「肌ハリ成分」がダメージを受けることで、たるみの原因となる可能性が出てきます。

そこで、20代からちゃんとスキンケアしていた方も1度、お使いの基礎化粧品を見直してみるべきです。具体的には「より肌に優しく、より高保湿な基礎化粧品」に変えましょう。合成着色料・色素や、石油系成分、アルコールなど「肌への刺激となる可能性のある成分」が無添加の基礎化粧品を使用して、30代からのスキンケアをスタートしてください。

簡単なたるみチェック法〜必ずしも基礎化粧品ばかり頼る必要はない

顔たるみは、ご自分ではなかなか判断しにくいもの。しかし簡単にできるチェック方法があります。鏡でご自分の顔の「毛穴」を見てください。

…もしも、涙型に目立っていたら「たるみ毛穴」の可能性が高いです。たるみ毛穴は肌のたるみによって、毛穴が下方に引っ張られることで起きる現象。毛穴が開いているとお化粧も乗りにくくなります。「最近メイク乗りが悪いな…」という自覚症状のある方は「確実に肌がたるんできている証拠」だと思ってください。

対策としては、まず良質な基礎化粧品を欠かさず使用して様子を見ます。しかし変化が感じられない場合には、クリニックのドクターへ早めに相談して、ケアの方向性を決めましょう。

30代の肌の仕組み〜肌の輝き低下&たるみの進行

お肌の曲がり角〜水分量の低下で「肌の輝き」が失われてくる

30代の肌の水分量は、10代の頃と比べて約30%も低下すると言われています。肌の水分量が低下すると何が起きてくるのでしょう?

1つめが「肌の輝きの低下」。これは、乾燥わかめを想像すれば分かりやすいです。乾燥わかめには水分がないため、光の反射が少なく、色がより暗く見えますよね。乾燥した肌もこの状態に似ています。
また、乾燥したわかめの表面を見ると「細かい亀裂」も目立つようになります。肌表面(表皮)で同じ事が起きたとき、それが「小じわ」と呼ばれます。

水分量の低下で「たるみの進行」が起きてくる

肌の水分量低下で起きてくる問題。
2つめは、冒頭でもお伝えしたように肌内部(インナードライ)の乾燥がもたらす「真皮のダメージ」です。

真皮は網目状のコラーゲンとその間にあるエラスチンによって構成されます。この編み目には「肌の土台=肌ハリのキープ」と「水分保持」という2つの役目があるのです。

乾燥によって、真皮のコラーゲンやエラスチンにダメージを受けると、真皮の張力が弱まることでハリや弾力のある肌が支えきれなくなり、たるみもどんどん進行していきます。

なお、20代以降は線維芽細胞の衰えが進み、コラーゲンやエラスチンの生産量も低下しますので、水分を蓄える編み目が不完全な形に。すると乾燥とたるみがダブルで進行するのです。

一般的な顔のたるみ対策〜セルフケア・ホームケア編はこちら >>

ドクターズコメント

ドクターズコメント

乾燥が先か、たるみが先か。あるいはこの2つが全く無関係に進行するのか。
…因果関係についてはまだまだ不明点も多いので「基礎化粧品で乾燥ケアすればたるみも解消する」とは、必ずしも言えません。しかしそれをきちんと分かった上でなら、日常のスキンケアや生活習慣を見直すことは大切です。

なお「たるみ毛穴」は30代のみならず40代の方も悩んでいます。「たるみ毛穴」を発見したときは、一時的なメンテナンスでごまかすよりも、原因である「たるみそのもの」にアプローチする「根本的な対策」を始めるべきですね。

「30代でたるみケア」というと、何となく抵抗がある方がほとんどだと思います。しかし私は「たるみケアが効力を発揮しやすいのは30代かもしれない」と考えています。適切な施術を受けた場合、若い女子が潜在的に求めている肌の若々しいが実現できるケースも多いですよ。

多くの相談を受ける身から言えば、30代の方はレーザー・高周波などの照射系治療、注入系施術・溶ける糸といった「プチ整形を選択したがる傾向」にあるように思えます。しかし「安全性が高くお手軽」というイメージのあるプチ整形を受けた方から「思い通りにならなくて困っている」という相談を頂くことも少なくありません。

プチ整形といえどもリスクがありますので、すぐに飛びついてしまわないほうが良いでしょう。適切なたるみ対策を目指すならば、ケア方法を慎重に検討してゆくことが求められます。

基礎化粧品での顔のたるみ対策はこちら >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事