ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顔のたるみ40代〜加齢による影響に備えよう

40代を迎えた皆さんは「顔のたるみケア」の方法を、アップデートする必要があります。何もしなければ、加齢とともに肌がたるむのは当然のこと。それに抗い、いつまでも美しくあろうとするならば「より積極的なケア」にシフトしていきましょう!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顔のたるみ40代〜加齢による影響に備えよう

40代を迎えた皆さんは「顔のたるみケア」の方法を、アップデートする必要があります。何もしなければ、加齢とともに肌がたるむのは当然のこと。それに抗い、いつまでも美しくあろうとするならば「より積極的なケア」にシフトしていきましょう!

40代〜顔のたるみ対策の「正念場」

40代〜顔のたるみ対策の「正念場」

40代以降になると真皮が弾力を失い、肌にたるみが出始めます。線維芽細胞の衰えが進み、コラーゲンやエラスチンが生成されづらくなるため、ハリと弾力の低下に拍車がかかるからです。ただし、たるみ対策をあきらめてしまう必要はありません。ただし、今までの予防的なケアではもう追いつかないことを意識しておきましょう。
30代までは比較的「予防的なたるみケア」でも大丈夫でした。しかし40代は違います。現に起きている「たるみ」に対して「より積極的なたるみケア」を、早めに検討しなければなりません。

40代の顔のたるみとケア方法〜敏感肌も意識した積極的なケアを

40代の顔のたるみとケア方法〜敏感肌も意識した積極的なケアを

40代は「積極的なケア」で攻めましょう

体の成熟期は20〜30代ごろに過ぎてしまいます。それに伴って、肌の若々しさは失われ、たるみが加速する一方です。そこで皆さんは、少し高い基礎化粧品を使ってみたりするのではないでしょうか。

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、ビタミンC誘導体…エイジングケアを意識した成分配合の化粧品は、今やあふれかえるほど豊富です。しかし、年齢を重ねた肌の衰えは自然の摂理。たるみを軽減するほど劇的な効果を期待するのは無理があります。それに、どんなに良い成分を肌に入れても「底の抜けたバケツに、一生懸命に成分を放り込んでいる」という状態ですから、一体いつたるみに効いてくれるのか分かりません。

40代のたるみケアでは「バケツの底を修復する」ような、直接的なケアを考えなければなりません。ある程度「即効性」を求めることも必要になってきます。

敏感肌で保湿ケアもままならない?

たるみ以外で40代の肌で起きてくる悩みに「敏感肌」があります。「なんか肌がかゆいな」「化粧品を使うと肌がピリピリするな」という方は、すでに立派な敏感肌。冬場の乾燥で荒れた肌には、ちょっとお水を垂らしても痛いですよね。これは「乾燥性敏感肌」のひどくなった状態と言えます。

なぜ敏感肌が起こるのかと言えば、肌環境の悪化で表皮の1番外側(角質層)の「バリア機能」が弱まっているからです。「角質細胞」と、その隙間を満たしてつなぎ止める「細胞間脂質」が隙間無く規則的に並ぶ角質層は、まるでレンガの防御壁のように、外からの刺激をしっかりカードしています。

私たちが色々なものに触れたり、お風呂に入ったりできるのは「肌のバリア機能」のおかげ。紫外線、ほこり、細菌などの刺激から日々私たちを守ってくれているのです。

しかし、加齢によって角質層の成分が減って構造が乱れると、肌環境が悪化。バリア機能が弱まって敏感肌に変わります。進行すると、基礎化粧品すら痛くて使用できなくなりますよ。これではたるみケアはおろか、保湿もままなりません。そこで40代に突入したら、できるだけ肌に優しい「低刺激&高保湿の基礎化粧品」を選びましょう。

40代の肌の仕組み〜「真皮と筋肉」両方の原因でたるむ

肌ハリ成分の「生産量」&「質」が低下する!

肌の土台としてその張りを支える真皮。その主成分は真皮の70%を占める「コラーゲン」ですが、すでに20代〜30代で生産量が低下します。真皮の「ヒアルロン酸」についても、赤ちゃんの頃に比べて半分ほどの量になってしまうのです。

さらに、40代に入ると生産されるコラーゲンの「質」も低下してくると言われています。
コラーゲンの質が低下するということは、弾力性に欠けちぎれやすい状態になっているということ。つまり、より肌を支える元気がなくなってくると言うことを意味します。

たるみはどのようにあらわれるか〜筋肉量減少も関係する

たるみの兆候の1つとしては「目周辺の細かいシワやクマ」「涙型の毛穴の広がり=たるみ毛穴」が見られることがあります。同時に、目の下やほほ、口元や首回りがたるむケースも少なくありません。これに伴って、ほうれい線が濃くなることもあります。

こうした兆候は「真皮の肌を支える力」が低下している証拠。そこにはさらに、加齢に伴う「表情筋の筋力低下」も大きく関係します。

理屈としては単純で、表情筋の筋力低下とはつまり「30を超える顔の筋肉量減少=筋肉が細くなること」に他なりません。しかし残念ながら小顔にはならず、余った皮膚がたるみます。本来あるべき場所の筋肉が無くなったのですから、皮膚は垂れ下がるほかありません。筋肉量の低下で血行不良や新陳代謝の低下が起こるため、真皮の代謝(生まれ変わり)も遅くなります。

一般的な顔のたるみ対策〜セルフケア・ホームケア編はこちら >>

ドクターズコメント

ドクターズコメント

40代になると、涙状の細長い毛穴の形が目立って困る、という方も増えてきます。皮膚のたるみによって毛穴が下垂すると、毛穴の方向が下を向いて影ができますが、これが「たるみ毛穴」です。

他にも、ほうれい線やマリオネットライン、額のしわやたるみ、あご下のボリューム増加や首のたるみ、ほほ・下まぶたのたるみなど、40代の悩みは尽きることがありません。

なお40代の肌は水分量の低下で乾燥しやすく、それによってバリア機能が弱まる傾向があるため「肌への負担が少なく保湿力の高い基礎化粧品」に変えるべきです。

ただし、乾燥を改善するとたるみが改善するということはありません。基礎化粧品だけではたるみの根本的な解決にはならないので、40代になったらクリニックで適切な施術を始めるべきかと思います。なお「施術前より、たるみが目立つ!」という残念な結果にならないように、医師と相談しながら施術方法をきちんと選択することも重要です。

クリニックでの顔のたるみ治療はこちら >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事