ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

50代以上の顔のたるみケア〜美しく長寿でありたい!

50代以上に顔のたるみが起こってくるのは当然の現象です。「新陳代謝の低下」と「線維芽細胞の衰え」など、肌の元気がなくなる要因が重なるからです。50代以上のたるみを改善するには難しいですが、不可能と言い切ることはできません。そこで、近年めざましい進歩を遂げている「美容医療」に注目することが得策です。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

50代以上の顔のたるみケア〜美しく長寿でありたい!

50代以上に顔のたるみが起こってくるのは当然の現象です。「新陳代謝の低下」と「線維芽細胞の衰え」など、肌の元気がなくなる要因が重なるからです。50代以上のたるみを改善するには難しいですが、不可能と言い切ることはできません。そこで、近年めざましい進歩を遂げている「美容医療」に注目することが得策です。

50代以上の顔のたるみ

50代以上の顔のたるみケア〜美しく長寿でありたい!

50代以降はしわが目立つようになり、肌もたるんできているはず。「顔たるみは目立つから…」と、基礎化粧品などでケアをがんばっている方も多いことでしょう。しかし「毎日のスキンケア」を使命とする基礎化粧品に「劇的なたるみ改善効果」を期待するのは少々厳しい話です。
一昔前ならば、たるみ改善に対しては、気休め程度の対症療法しかありませんでした。しかし「美容医療」の飛躍的な進歩によって「美しく長寿でありたい」という願いを、現実に叶える方も出てきています。

50代以降のケア方法〜即効性を求めた「根本解決」を目指す

50代以降の顔のたるみとケア方法〜即効性を求めた「根本解決」を目指す

「即効性」を求めることも必要

保湿やUVケアなど、日々のスキンケアは健やかな肌にとって大切です。しかし、それが「たるみ改善」につながるのでしょうか?

日々のスキンケアは「毎日のお掃除」に似ています。家の外見はキレイになるけれど、長年住んだことによる「劣化」を隠すことはできません。例えば、家を支える大切な柱の「腐食」などは、いくらピカピカにお掃除したところで解決しませんよね。

本当の意味でのたるみケアは「劇的なリフォーム」に似ています。築ウン十年の家に大掛かりな工事をして改築しなければなりません。そこで、時間と根気の要る日々のスキンケアとは別の「即効性がある劇的な方法」を検討する必要があります。

たるみをあきらめないで!

「即効性がある劇的な方法」とは、高度に発達した「クリニックでの美容医療」のことです。数十年前では考えられないほどの変化を、多くの方にもたらしています。したがって50代の方は「たるみをあきらめなくて良い」と言えるでしょう。
「クリニックで治療を受けるのなんて怖い」「お金がかかりそう」多くの方が、そんな恐怖心を抱いていると思いますが、近年の美容医療は負担が少なく、効果も高くなっています。

日本女性の平均寿命は、戦後右肩上がりに延び続け、今では世界一となっています。2014年度の日本女性の平均寿命は「86.83歳」ですから、50代以上でもまだまだお若いと言っても過言ではありません。子育てや日々の生活に追われ、自分の美しさは後回し…それは大変もったいない話。外見に自信が出ると人生の質(Quality of Life)も見違えますよ。

50代の肌の仕組み〜新陳代謝の低下&線維芽細胞の衰え

「年齢を感じさせる症状」が出ていませんか

50代になると、肌の乾燥、しみ、しわ、そして「たるみ」と言った、年齢を感じさせるあらゆる症状が肌に出ているはず。今まできちんとスキンケアをしてきた人でもこうした症状はでますので、落ち込む必要は全くありません。

このような症状は「肌の元気がなくなっている」ために起こります。肌の元気がなくなるとは「新陳代謝の低下」と「線維芽細胞の衰え」を意味します。

「元気のない肌」の仕組み〜新陳代謝の低下&線維芽細胞の衰えとは

新陳代謝の低下とは「肌の代謝=ターンオーバー」が遅れてくることを意味します。肌の生まれ変わり周期が遅くなることで、肌トラブルが蓄積しやすくなるのです。「しみ」がその典型と言えます。

一方、線維芽細胞の衰えとは「肌ハリ成分が充分に作られなくなること」を意味します。線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンなど「真皮」を形作る成分です。真皮はお肌表面(表皮)の奥にある部位で「お肌の土台」として肌ハリを担っています。
線維芽細胞の衰えは「コラーゲンやエラスチンの生産量が減る→真皮が肌ハリを生み出せなく」という形で、影響します。一言で言えば「肌がたるんでくる」わけです。ちなみに、こうした「肌のたるみ」は、20代後半から実は始まっていました。

それでは「50代からのたるみケア」についてドクターに聞いてみましょう!

一般的な顔のたるみ対策〜セルフケア・ホームケア編はこちら >>

ドクターズコメント

ドクターズコメント

たるみの根本的な解決には、クリニックで適切な施術を受けることが近道です。ドクターと相談しながら施術方法を選択することが大切ですが、経験豊富なドクターでないと「たるみの本質」を見逃した施術されてしまう危険性があります。

例えば私は、下まぶたのたるみ取りに対して「少しだけ脱脂すること」をおすすめしています。脱脂しすぎるとしわが増えたりくぼんで貧相な顔になったりするケースがあるため、相当の経験とセンスが要求されます。

また「肌ハリを出すため」と言ってヒアルロン酸を注射してしまうケースがありますが「肌が重力の重みに耐えられずたるんでいる」のに、さらにヒアルロン酸の重みを加えてどうなるのか…「さらにたるむ」というのは、簡単な理屈ですよね。
実際にヒアルロン酸のような注入系治療では、その重みでしわが深くなるケースもあります。例えば、ほうれい線はそのままなのに頬だけにハリを出すと「しわが深くなったように見える」わけです。

韓国には美容施術を受けすぎて大変なお顔になった「扇風機おばさん」という方がいましたね。これは少々極端な例にしても、安全で確かな方法を選択できる「信頼できるドクター」以外には、大切な体を任せないほうが賢明かと思います。信頼できるドクターとは「分かりやすく納得のいく説明をしてくれるドクター」のことかと思います。
50代以降のたるみ対策は「信頼できるドクター」と共に、2人3脚でおこないましょう。

「顔のたるみ治療 スペシャリストインタビュー」はこちら >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事