ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顔のたるみ治療 : フェイスリフト「眉下切開」

眉下切開(眉下リフト)は上まぶたのたるみを解消する施術です。 まぶたのたるみは「疲れた印象」「目力の弱い印象」を与えがち。しかし眉下切開によって、大変ナチュラルな仕上がりで、こうした印象を払拭することが期待できます。重いたるみが取り除くと、まぶたも上がりやすくなり、自然な目の動きや広い視野の回復も見込めますよ。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顔のたるみ治療 : フェイスリフト「眉下切開」

眉下切開(眉下リフト)は上まぶたのたるみを解消する施術です。 まぶたのたるみは「疲れた印象」「目力の弱い印象」を与えがち。しかし眉下切開によって、大変ナチュラルな仕上がりで、こうした印象を払拭することが期待できます。重いたるみが取り除くと、まぶたも上がりやすくなり、自然な目の動きや広い視野の回復も見込めますよ。

眉下切開について

眉下切開について

「眉下切開」は、まぶたの皮膚の切除によって、目元の印象をパッチリと改善する施術です。
上眼瞼形成術(アイリフト)が、まぶたの下側(まつげに近い部分)の皮膚を切除するのに対して、眉下切開ではまぶたの上側(まゆ毛側)の皮膚を切除します。大変似た施術ではありますが、眉下切開では手術したことが疑われるような不自然な目元になるリスクが少なく、大変ナチュラルな仕上がりが期待できます。

眉下切開のメリット

自然に「パッチリした目元」の印象に

「眉下切開」は、まぶたの皮膚の切除&縫合によって、引き上げます。これによって目元をパッチリした印象にすることが期待できるのです。
例えば上眼瞼形成術(アイリフト)のように、皮膚の薄い「まぶたの下側」の皮膚を切除すると、不自然な二重が形成される恐れが出てきます。具体的には、目だけがあまりにもクッキリした印象になりすぎたり、分厚い二重まぶたになる可能性が懸念されます。
一方、皮膚の厚い「まぶたの上側」を処理する眉下切開では、このような心配なく、より自然な仕上がりが期待できると言うわけです。

一重まぶたを温存したクールビューティに

眼瞼下垂手術など、目元施術の多くは、好むと好まざるとに関わらず二重まぶたになってしまうことがあります。それを喜ぶ方も少なくないでしょうが「いかにも整形した」という印象を周囲に与える心配もゼロではありません。しかし、女優の小雪さん、吉高由里子さん、多部未華子さん、夏目雅子さんのように「一重まぶたの美しい女性」が多く存在する以上「一重まぶたを温存しつつ目元をパッチリした印象にする」という選択肢も魅力的ですよね。
眉下切開は「まぶたの上側を処理する」という特徴によって「一重まぶたの温存&目元をパッチリした印象へ」を実現する、数少ない目元施術なのです。

眉下切開のデメリット

術後の傷跡が目立ちやすい

眉下切開は、まぶたの上側の皮膚切除を伴う施術です。
そのため、どうしても傷跡が目立ちやすくなります。ただしこちらのデメリットは「毛包斜切断法」という手術法によってカバーできます。
毛包斜切断法は、まゆ毛の中から下方斜めに切開。この方法では、毛根にダメージを与えないため、施術後にまゆ毛が生えると見事に傷跡が隠れることになります。症例数が豊富な確かな腕のドクターにかかれば、術後に「傷跡が消えたような状態」(ほとんど目立たない状態)となることも期待できるでしょう。

「眉頭の引きつれ」にご注意を

眉下切開は一般的に、まゆ毛の外側部分を切開・切除するケースが多いようです。すると反対側に不自然な張力がかかり、その結果「眉頭(まゆ毛の内側部分)の引きつれ」が起きる場合もあります。
ただし、この問題も、まゆ毛の内側から外側部分までを切開してバランス良く扇状に皮膚縫合することで解決可能。このように同じ施術名でも、クリニックごとで微妙に方法が異なるケースは良くあります。眉下切開は、そのメリット&デメリットを熟知した、信頼できるドクターに任せるべきだと言えるでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

眉下切開は私のおすすめ施術ナンバーワンと言っても過言ではないくらい良い手術です。
似た手術に上眼瞼形成術(上まぶたのたるみ取り手術)がありますが、まぶたのたるみを二重ラインで切り取ると、二重ができるのに理想的なうすくてしなやかな皮膚が切り取られてなくなってしまいます。そのため、分厚くてかたい部分で二重ができてしまうので、動きが悪くて丸っこい独特な二重ができることになります。この場合には「何年経っても腫れが引かない」・「初めてあった人から整形に失敗した顔だと思われる」などと言ったお悩みが多く、実際にお顔を拝見しても無表情な整形顔に見えます。
反対に眉下切開では眉毛の下で皮膚を切り取りますので、二重に適したうすくしなやかな皮膚がそのまま全て残ります。また、皮膚の薄い部分で皮膚切除するよりもずっとたくさんの分厚く重い皮膚を切除できますので、まぶたが軽くなって動きが非常にスムーズになります。このため、表情豊かでスッキリとした美しいまぶたとなるようです。
眉下切開を受けた人の一番多い意見は驚くべきことに、何と・・若いころの目を大きくしたイメージと言ったものです。

一方、若い方の美容整形目的の手術としてもすばらしい結果が出ています。
通常、美容整形では全くの他人顔になったり表情の乏しい不自然で人工的な整形顔になったりしがちです。そのために長年修正手術を受け続けているかわいそうな人がたくさんいると聞きます。
二重埋没法や埋没系の手術でも一度埋没された糸を取り出すことは容易ではありません。周囲の組織を傷つけることにもなるので、完全に元に戻すことはできないと考えた方が良いのが実情です。
二重の埋没法でも切開法でも「キレイにしてほしいと言ったのに・・誰も整形顔にしてほしいとは言っていない」などと言った意見が意外に多い中で、眉下切開後の方の意見は「自然で理想的」「思った以上に良かった」などと言った意見が多いのが特徴です。

また、眉下の傷跡は目立つと化粧でもかくれないと言われています。よって、当然ながら眉下切開で最も大切なことは傷跡が目立たないということです。
一般には毛包斜切断法を用いると傷跡が目立たないように言われていますが、この手技を上手く使いこなしている医師は有名な医師までふくめても非常に少ないと言います。
眉下切開を受ける場合には、複数院を回ってカウンセリングで実際の傷跡やノーメイクの傷や傷跡の拡大写真などを見せてもらってから実際に受けるかどうかを決めた方が良いと言えます。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事