ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顔のたるみ治療:フェイスリフト「リガメント法」

皮下組織の下にある「SMAS」(表在性筋膜)を引き上げると、より確かなリフトアップ効果が期待できます。しかし、顔の皮膚を骨に固定する線維組織「リガメント=靱帯」が邪魔をするため、充分なリフトアップが実現できないケースもあったのです。しかし「リガメント法」では、リガメントを切断することで、筋膜の大幅な引き上げ(たるみ改善)が期待できるようになりました。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顔のたるみ治療:フェイスリフト「リガメント法」

皮下組織の下にある「SMAS」(表在性筋膜)を引き上げると、より確かなリフトアップ効果が期待できます。しかし、顔の皮膚を骨に固定する線維組織「リガメント=靱帯」が邪魔をするため、充分なリフトアップが実現できないケースもあったのです。しかし「リガメント法」では、リガメントを切断することで、筋膜の大幅な引き上げ(たるみ改善)が期待できるようになりました。

リガメント法について

治療法について

「リガメント法」はフェイスリフト手術の1つ。耳の前で皮膚を切り取って、頬のタルミを引き上げます。この時、顔の皮膚を骨に固定している線維組織「リガメント=靱帯」を切ってしまうことがリガメント法の大きな特徴です。つまり、皮膚や筋膜(SMAS)を強力に引き上げることが可能で、従来よりも高いリフトアップ効果が期待できます。
私たち東洋人は西洋人と比べて頬骨が張っている傾向にあります。そのため、ほうれい線やマリオネットラインのような正面部分のたるみではフェイスリフトの効果が出にくく、施術後にたるみが戻りやすいという問題も抱えていました。「リガメント法」はこうした問題を解決する施術としても注目を浴びているようです。施術箇所としましては耳の前部を中心に、上下の生え際に沿って広範囲に切開しておこなわれます。

リガメント法のメリット

広範囲なたるみ改善が期待できる

リガメント法は広範囲な切開を伴う施術です。皮膚自体は耳のすぐ前で切開するのに対して、筋膜は耳から数センチ前方で切開。たるみにより近い箇所を狙って引き上げるため、リフトアップの力が伝わりやすくなります。これによって、ほうれい線やマリオネットラインはもちろん、口元のたるみに対しても効果的なリフトアップが期待できます。

リガメント切断による強力な引き上げが期待できる

老化などによって、顔がデコボコと四角い印象になることがあります。皮膚や皮下脂肪のハリが失われるためですが「顔の皮膚全体が同じ強さで張り付いているわけではない」という点も大きく関係します。顔の皮膚を骨に固定している「リガメント」のある部分は強く固定され、無い部分は固定されていないため、同じ顔のたるみ方も部分的にムラが出るのです。
リガメントのない部分の皮膚は固定されていないため、たれやすくなっています。一方リガメント部分は、たるんだ皮膚に挟まれて、凹んで見えます。リガメントは、皮膚を固定する「強力な抵抗」ですから、通常のリフトアップでは効果の及ばない箇所が出るのです。
リガメントの切断を伴うリガメント法では、引き上げに対する抵抗がないため、従来よりも強力な引き上げが期待できるのですね。

リガメント法のデメリット

ダウンタイムが長い

リガメント法は施術箇所の広い、大がかりな手術であるため、身体的ダメージも大きくなります。施術時間は4時間以上、場合によっては6時間程度かかることもあるようです。なお術後は個人差があるものの、おおよそ1~2週間前後、腫れや痛みが続くとお考えください。その間は、仕事を休まねばならない、外出ができない、などの不自由が生じ行動が制限される可能性も充分に想定できます。リガメント法は靱帯の切断を伴い、皮膚を剥がす範囲も大きいため、例えば神経を傷つけるようなリスクも高いと言えるでしょう。

高度な技術が要求される

リガメント法は全身麻酔を伴う手術。しかも、ただ不具合を治癒する、病巣を取り除くという手術ではなく、美容を目的としているため、仕上がりにおいて「医師の美的センスと高度な技術が問われる」という大変に難しい手術です。リガメント法を一概に否定するものではありませんが、ケースによっては「もっと負担やリスクの少ないたるみ施術」が選べるケースもあるかと思います。リガメント法ばかりをすすめる医師やクリニックに対しては即決せず、他に良いは施術がないか、セカンドオピニオン(他の医師にも治療方針のアドバイスを求めること)してみることがおすすめです。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

フェイスリフトのリガメント法は、大きな手術侵襲(局所や体に対する影響が大きいこと)や長いダウンタイムと引き換えに長期間持続する大きな効果を得られるようにという考え方に基づいています。ローリスク・ローリターンであふれている今の時代と逆行するようなハイリスク・ハイリターンを目指した治療と言えます。しかし、そこまでのリスクを伴ってもほうれい線などお顔の正面の効果はやはり満足が行くものではないようです。リガメントリフト後の結果に不満と言った患者さんの相談も実際に多いようですし、学会などでもそのような意見が多く聞かれます。お顔の正面の効果は手術でも不可能なのでしょうか?むしろそのために糸のリフトが開発されたと言えます。学会などでは糸との併用についても色々言われており、最近の学会ではリガメント部だけを剥離して強力な糸(スプリングスレッド)で全体を引き上げると言った意見もありました。でも、私はスプリングスレッドのような強力な糸であればわざわざ皮膚を切らなくても同等の効果があると考えています。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事