ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顔のたるみ治療:フェイスリフト「ミッドフェイスリフト」

ミッドフェイスリフトは、顔面の中心部分をメインターゲットとしたたるみ改善施術。目元、頬たるみやほうれい線に対しての効果が期待できます。しかし、施術方法は各クリニックの考え方や方針によっても異なるようです。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顔のたるみ治療:フェイスリフト「ミッドフェイスリフト」

ミッドフェイスリフトは、顔面の中心部分をメインターゲットとしたたるみ改善施術。目元、頬たるみやほうれい線に対しての効果が期待できます。しかし、施術方法は各クリニックの考え方や方針によっても異なるようです。

ミッドフェイスリフトについて

治療法について

「ミッドフェイスリフト」は目元やほうれい線、頬のたるみなど「中顔面への効果をメインとしたフェイスリフト施術」です。ミッドフェイスリフトの施術ではまず、下まぶたのすぐ下を、まつげに沿ってカーブを描いて切開。ここから、皮膚を剥離していきます。下まぶたの脂肪の処理、筋肉の引き上げ、さらに最後に余った皮膚などを切除・縫合して手術完了です。なおミッドフェイスリフトでは、こめかみなど耳周辺の切開からアプローチして中顔面の改善をおこなうケースも。これらをまとめて「ミッドフェイスリフト」と呼ぶクリニックもあるようです。ミッドフェイスリフトは、各クリニックごとに施術バリエーションも豊富と言えるでしょう。

ミッドフェイスリフトのメリット

頬や目元のたるみに効果が期待できる

ミッドフェイスリフトでは、下まつげの下にある頬の肉を引き上げることが期待できます。そのため、ほほ、目の下、目尻などのたるみの解消が見込めるのです。なお、ミッドフェイスリフトをおこなうと目の下のクマが改善する場合もあるといいます。見た目年齢を大きく左右する目元の印象へアプローチするため、若々しさの底上げも期待できる可能性があるでしょう。

物理的なたるみ引き上げによる高いリフトアップ効果

ミッドフェイスリフトは、たるみを直接引き上げる施術です。例えば注入系施術の場合、コラーゲンやヒアルロン酸の増加による「肌ハリアップ」でたるみを改善しようとします。しかし、肌のボリュームアップ施術は重みよって、よりたるんでしまう危険性も指摘されています。またレーザーや高周波などの照射系施術は熱エネルギーによる肌の活性化によって、肌ハリ改善を図りますが、これもたるみ改善につながる保証はありません。
しかし、ミッドフェイスリフトのように「たるみを物理的に引き上げる施術」では、注入系施術や照射系施術よりも確実で長期的な効果持続を期待することができます。

ミッドフェイスリフトのデメリット

「目元の強い腫れ」などダウンタイムに注意

ミッドフェイスリフトでは、目元の切開を伴います。目元はもともと皮膚が薄く、ダメージに弱い箇所ですから、術後に強めの腫れが起こることも珍しくないようです。特に内出血や感染を伴う場合には腫れが長引くかもしれません。また腫れが引いたとしても、目元は傷跡が気になる箇所でもあります。ドクターの腕に依存する面も大きいですが「傷跡がゼロ」ということにはなりませんので、注意が必要です。

効果や仕上がりに満足いかないケースも

ミッドフェイスリフトは、目元、頬たるみやほうれい線など「中顔面のたるみ改善」を目指す施術。日本人はそもそもこめかみや生え際などを切開してもフェイスリフトによる張力が、顔の正面まで届きにくいという問題があります。西洋人に比べて「頬骨が高い」という骨格的な問題のためです。そのための打開策としてミッドフェイスリフトは目の下を切って気になる部分の近くからたるみにアプローチする施術です。しかし、傷あとが目立つと気になる部位と言うこと自体が問題ですし、効果を大きく出そうとするあまり、術後に突っ張りなどの違和感を感じたり、不自然な仕上がりとなるケースもあります。このようなリスクを避けるためには、医師選びはもちろん「施術そのものの充分な比較・検討」も必要となるでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

ミッドフェイスリフトは、こめかみや生え際の切開からアプローチするフェイスリフトと違って、目の下を切ってすぐ近くの中顔面に効果を出そうとする方法で理に適っていると思います。切開線から遠く離れた部位にまで効果を出すことは非常に難しく、生え際やこめかみを切開するようなフェイスリフトでは実感できる効果が少ないと言えます。一方、眉下リフト(眉下切開)が典型例ですが、切開線からすぐ近くの効果は劇的で長続きしやすいと言えます。しかも、ミッドフェイスリフトや眉下切開などの手術ではお顔の正面効果があるのですから受けた人の満足度が高い施術と言えるでしょう。しかし、長所と欠点が同じ特徴に起因しています。お顔の正面ですからダウンタイムが気になりますし、ましてや傷跡が目立つと長期に苦しむなど大変なことになってしまいます。また、ミッドフェイスリフトのように目の下の皮膚を切るような手術はダウンタイムが長いことが特徴で2~3週間かかるイメージがあります。最近では、スプリングスレッドなどの強力な糸を用いるとお顔の正面・ミッドフェイスまでリフト効果が出せると言う意見もあります。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事