ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顔のたるみ治療:フェイスリフト「SMAS法」

SMAS法はたるみ改善のフルフェイスリフト施術として大変ポピュラー。多くの美容外科クリニックでもおこなわれています。皮膚よりも深い表在性筋膜(SMAS)を引き上げるため、高い効果も期待できます。ただし、皮膚が強く固定されている箇所では効果が出ないケースも。満足な仕上がりを求めるには、経験豊富な熟練ドクターのテクニックが不可欠となります。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顔のたるみ治療:フェイスリフト「SMAS法」

SMAS法はたるみ改善のフルフェイスリフト施術として大変ポピュラー。多くの美容外科クリニックでもおこなわれています。皮膚よりも深い表在性筋膜(SMAS)を引き上げるため、高い効果も期待できます。ただし、皮膚が強く固定されている箇所では効果が出ないケースも。満足な仕上がりを求めるには、経験豊富な熟練ドクターのテクニックが不可欠となります。

SMAS法について

治療法について

「SMAS法」は皮膚だけでなく筋膜組織を直接引き上げるフェイスリフト手術です。特にほほ、口周り、首元など「顔の下部分のリフトアップ」に効果が期待できます。さて、SMAS法の施術はまず、耳の前方を付け根に沿う形で切開。直線的ではなく、耳の形に沿って切開することで術後の引きつれを軽減します。次に、皮膚と筋膜を剥離。剥がした筋膜に対して垂直に複数本の糸をかけ、それを結んで筋膜を引き上げます。最後に余った筋膜や皮膚を切除・縫合して手術完了となります。

SMAS法のメリット

顔の下のたるみを強力に引き上げる

耳前方にそっと指を添え、フェイスラインにそって、ゆっくりと上後方に引っ張ってみましょう。そうしますと、口周り(マリオネットライン)を中心に、ほうれい線や、首元への張力を感じるはずです。SMAS法ではこれらと同じ箇所に対するリフトアップ効果を期待することができます。ただし、手術操作がおよぶ範囲が比較的広いため、医師の熟練したテクニックや、蓄積された経験・ノウハウが不可欠です。

たるみが進行している場合にも効果的

SMASとは「表在性筋膜」(Superficial MusculoAponeurotic System=表情筋を覆う筋膜)のこと。表皮、真皮、皮下脂肪よりもさらに深い箇所に位置します。年齢を重ねて、たるみの程度が強い方の場合は特に、SMASがゆるんでいるケースも考えられます。しかし、SMAS法ではこちらを物理的に直接引き上げると同時に、皮膚の切除&引き上げも行いますので、確実なリフトアップ効果が期待できるのです。

SMAS法のデメリット

ダウンタイムや合併症に注意が必要

SMAS法は切開を伴う施術のため、ある程度のダウンタイムを想定しておきましょう。術後、傷口以外のメイクは当日から、軽いシャワーなどは翌日からOKですが、洗髪は数日程度控えなくてはなりません。なお、腫れや内出血については1~2 週間程度続くこともあります。ただし、これらの症状が長引いたり、何か違和感や異常を感じたりする場合には感染症など合併症の疑いもあるため、クリニックへ早めに連絡してください。
SMAS法では1週間後の抜糸をはじめ、経過観察などで複数回の通院が必要となります。

効果が出ない・長続きしないというケースも

SMASを持ち上げることで、皮膚(表皮、真皮)だけを持ち上げるよりも、さらに深いたるみ改善が見込めるSMAS法。ただし、骨と筋肉が強く固定されている部位では充分な効果が望めないケースもあります。顔の皮膚や筋肉は全体が同じ強さで張り付いているわけではないため、SMASを持ち上げても効果の出ない箇所が想定されるのです。こういった問題点に対して、皮膚を骨に固定する線維組織「リガメント=靱帯」を切離する「リガメント法」なども考案されています。ただし、施術時間やダウンタイムはSMAS法よりも長く、体への負担も大きめです。
体への負担軽減、効果の持続性といったことを考えると、例えば「糸によるリフトアップ施術」なども検討したほうが得策かもしれません。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

SMAS法を用いたフェイスリフトを受けても効果を実感できない人が比較的多いように思います。このことは患者さんの個人差と言われているかもしれませんが、人種の差かもしれません。顔の細い欧米人ではSMASを処理するだけで十分な効果が望めたとしても、日本人では頬骨が高くお顔の正面に力が直達できないため、リガメントを切離するなどもう一工夫が必要なのかもしれません。また、そもそもハイリスク・ハイリターンを目指したフェイスリフト手術がお顔の正面には効果が少ないことが言われてきたために糸のリフトが流行りだしました。糸とSMAS法の併用についてもいろいろと言われていますが、私は強力な糸を用いるとSMASの処理どころか皮膚切開自体が必要ないように思っています。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事