ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

顔のたるみ治療:レーザー・光

「レーザー&光治療」は、顔のリフトアップ法の中でも「切らない施術」に属します。注入・注射系治療と並んで「気軽に受けられる施術=プチ整形の1つ」と認知されているようです。 実際にレーザー&光治療は、ダウンタイムが短く安全性も高いと言われており、実施するクリニックと共に、施術を希望する方も多くいらっしゃいます。一方で施術の失敗例もゼロではなく、また、効果持続の短さに不満を抱える方も少なくないようです。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

顔のたるみ治療:レーザー・光

「レーザー&光治療」は、顔のリフトアップ法の中でも「切らない施術」に属します。注入・注射系治療と並んで「気軽に受けられる施術=プチ整形の1つ」と認知されているようです。 実際にレーザー&光治療は、ダウンタイムが短く安全性も高いと言われており、実施するクリニックと共に、施術を希望する方も多くいらっしゃいます。一方で施術の失敗例もゼロではなく、また、効果持続の短さに不満を抱える方も少なくないようです。

レーザー・光

レーザー&光治療のメリット&デメリット

レーザー&光治療のメリット&デメリット

レーザー&光治療は「高周波・超音波」あるいはIPLなどの「光」を照射する機器を使った美容施術です。これらのエネルギーを照射することで、皮膚の細胞を活性化や新陳代謝(ターンオーバー)を促進。これにより、数々の肌トラブルをはじめ、シワ・たるみの解消も期待することができます。切る施術と異なり、傷跡が残らず、副作用も少ない点がメリットの1つです。
しかし一方で、レーザー&光治療にはそれほど長期的な効果を望むことはできません。たるみを物理的に引き上げる「フェイスリフト」や「スレッドリフト」に比べて、どうしても効果や持続期間が頼りない点は、デメリットの1つとなっています。

レーザー・光施術の一覧

  • サーマークール

    サーマークール

    サーマークールは、高周波エネルギーの熱で真皮層内のコラーゲンを収縮し、肌を引き締めることで肌のたるみやしわを改善する治療機器です。最新バージョンでは安全性がさらに高められ、肌をほとんど傷つけず、レーザーや赤外線では届かない深部まで熱を届けることができます。

    詳細はこちら >>
  • イントラセル

    イントラセル

    イントラセルは、皮下に挿入した針から高周波エネルギーの熱を加える施術です。表皮に不必要なダメージを与えず、狙ったポイントへダイレクトに影響を与えることが可能で、ニキビ跡や毛穴ほか、コラーゲン産出によるたるみ改善を期待することができます。

    詳細はこちら >>
  • ウルセラシステム

    ウルセラシステム

    ウルセラシステムは、超音波エネルギーの熱で肌を引き締め、リフトアップすることで肌のたるみやしわを改善する治療機器です。その効果は大変深くにまで及び、皮下組織の下にある筋肉(表在性筋膜=SMAS層)そのものを引き締めることが期待できます。

    詳細はこちら >>
  • ポラリス

    ポラリス

    ポラリスは、高周波とダイオードレーザーの2つを同時に照射する機器です。毛穴の引き締め、シワ、たるみ、ニキビへの効果が期待できます。施術時間が短く、1回の施術費用もリーズナブルである点が特徴の1つです。

    詳細はこちら >>
  • フォトフェイシャル

    フォトフェイシャル

    フォトフェイシャルは、ソフトな光(IPL)の照射によって、顔のたるみジワやシミ・くすみ・赤ら顔・そばかす・毛穴開きなどへの効果が見込める機器です。広範な効果が期待できる反面、肌の深層(真皮)からの深いたるみ・シワについての改善については難しいかもしれません。

    詳細はこちら >>

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事