ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

フォトフェイシャル:顔のたるみ治療

フォトフェイシャルは「IPL」という光を照射する最新美容医療機器です。顔全体にIPLを照射することで、様々な肌トラブルの改善が期待できます。安全かつ少ない副作用で皮膚を活性化し、コラーゲンを増加させることで「肌ハリアップ」が期待できますが、効果の持続には「複数回の施術」が必要です。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

フォトフェイシャル:顔のたるみ治療

フォトフェイシャルは「IPL」という光を照射する最新美容医療機器です。顔全体にIPLを照射することで、様々な肌トラブルの改善が期待できます。安全かつ少ない副作用で皮膚を活性化し、コラーゲンを増加させることで「肌ハリアップ」が期待できますが、効果の持続には「複数回の施術」が必要です。

フォトフェイシャル治療法について

治療法について

「フォトフェイシャル」は紫外線を含まない可視光線(IPL=Intense Plused Light)を肌に照射するための機器です。波長の広いIPLは、単一波長のレーザー光線に比べて「ソフト」(優しい効き方)であることが特徴。そのため様々な肌トラブルへ幅広い効果が期待でき、安全性も高いと言われています。具体的には、シミ・くすみ・赤ら顔・そばかす・毛穴開きへの効果によって「美白や美肌」を目指すことが可能。定期的な施術によって、たるみの引き締めやシワの軽減にも効果が期待できると言われています。

フォトフェイシャルと似た施術に「フォトRFオーロラ」がありますが、こちらはIPLに加えてRF(高周波エネルギー)も複合的に用いるという特徴を持っています。なお、フォトフェイシャルに対しては、エステで使用される機器などに似た印象をお持ちの方も多いかと思います。しかしフォトフェイシャルは「フォトフェイシャル協会認定の医療機関でしか受けることのできない医療行為」です。

フォトフェイシャル治療法のメリット

顔のたるみジワに効果が期待できる

IPLの光エネルギーが発生させる熱は、メラニンや毛細血管にアプローチします。皮下で沈着した「メラニン色素」にダメージを与えて浮き上がらせ、その後はターンオーバー(肌の新陳代謝)で自然に排出されます。これにより「しみやそばかすの軽減」が期待できます。また、IPLで発生した熱はたんぱく質を収縮させますので、毛穴の引き締めにも効果が。同時に、熱エネルギーによる「繊維芽細胞の活性化」により、コラーゲン産出を促しますので、たるみジワの改善なども期待することが可能です。

リーズナブルで手軽な施術

フォトフェイシャルの施術では、痛みがあまりなく(輪ゴムで弾く程度)、ダウンタイムもほとんどない点が特徴。レーザー治療と比較して肌への負担が少ないため、施術後すぐにメイクや洗顔も行うことが可能です。なお、施術時間はおおよそ30分以内で済みますので、施術後に仕事や外出を控えた方でも問題ありません。このような手軽さから、施術の価格も比較的リーズナブルに抑えられているようです。

フォトフェイシャル治療法のデメリット

複数回の施術が必要

フォトフェイシャルは、比較的リーズナブルで手軽な施術ですが、効果は短め。特に、コラーゲンに生成増加による「たるみの改善」を見込む場合には「20日〜1カ月ごとに1回」のペースで最低5回は施術を継続する必要があると考えられます。つまり「1回の施術では、劇的な効果が望めない」ということですね。そもそもフォトフェイシャルで最も期待できる効果は「シミ、そばかす、ニキビなどの改善」です。IPLは比較的肌の浅い層に効果をもたらすため、肌の深層(真皮)からの深いたるみ・シワについては満足な効果が期待できないケースがあります。

安全性が医師の技術に左右される

フォトフェイシャルで使用される「IPL」は比較的ソフトで安全性が高いと言われていますが、強く照射すると肌に悪影響を及ぼします。強すぎる光は、皮膚の炎症、水ぶくれ、火傷に似た腫れを引き起こす危険性もあるのです。施術後にこれらの症状が継続的に出た場合などには、施術を受けたクリニック、もしくは信頼できる他院のドクターに相談してください。施術の安全性は、機器の問題というよりも「医師の腕」に大きく左右されます。この点は、どの施術でも常に意識しておきたいところです。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

フォトフェイシャルについては、わたくしも1度だけ施術を受けた経験があります。 痛みがほとんどないと言いますが、わたくしにとっては苦手な痛みでした。
フォトフェイシャルはダウンタイムが少なく美容皮膚科や美容外科では、最もポピュラーな治療機器の一つです。基本的には、しわやたるみの治療と言うよりは、シミや毛穴を目立たなくする治療のように認識されています。もちろん、小じわ程度でしたら効果がある可能性はありますし、一時的に肌のハリはでるかもしれません。そもそも、美容医療業界では、たるみの根本的解決が非常に難しいため、顔のたるみを肌のたるみと無理やり歪曲して解釈し、肌のハリが出るような施術とたるみ治療とをあるいは意図的に混同しているようです。

やけどのリスクがないわけではないので、皮膚科や形成外科出身などのやけどに詳しい医師が行うことが理想と思われます。しかし、施術単価が安いことと、施術を行う際にまぶしくてドクターからは敬遠されており、実際にドクター施術が少ないと聞きます。そもそも、照射系治療機器は医者の腕による差が少なく美容医療の効率化につながった画期的な治療機器でもあり、経営側・医療側には非常に便利なものです。逆に受ける側の立場で考えると、リスク回避以外の効果などについては医者や施術者の腕の差が出にくいと言えます。また、ドクター施術でない場合には値段が安く抑えられていて比較的敷居が低いでしょう。安いものについては効果がないようなイメージがあるのですが、しみには良く効くと言われていますし、実際に患者さんからもそう言われます。一方、たるみについてはほとんど効果がないように感じています。効果を持続させるためには複数回の治療を繰り返す必要があると言われるかもしれませんが、そもそもこのような文言は短期効果も少なく長期効果が一切ない場合にごまかすため常用される説明方法ですので要注意です。時間や回数がかかればかかるほど効果の善し悪しは上手くごまかすことができると言えます。そもそも、たるみ治療では、あまり治療期間がかかってしまうと、老化は止められませんと言ってごまかす風潮があることは否定できません。

六本木境クリニック 院長 境隆博さんのプロフィール >>
顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事