ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

ポラリス

ポラリスは「高周波&ダイオードレーザー」を同時に照射する美容医療機器です。高い安全性で肌へ効果が届き、毛穴の引き締めほか肌のしわやたるみを改善します。施術時間も短く、手軽に受けることが可能ですが「定期的な施術が必要」というデメリットもあります。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

ポラリス

ポラリスは「高周波&ダイオードレーザー」を同時に照射する美容医療機器です。高い安全性で肌へ効果が届き、毛穴の引き締めほか肌のしわやたるみを改善します。施術時間も短く、手軽に受けることが可能ですが「定期的な施術が必要」というデメリットもあります。

治療法について

治療法について

「ポラリス」(POLARIS)は、高周波&ダイオードレーザーを発生させる美容機器です。米国食品医薬品局(FDA)で承認されているため、きちんとした医師による施術であれば安全性も高いと言えるでしょう。施術範囲も、額、目の下、頬、口周り、そして首など広範囲に対応し、即効性も期待できます。

高周波は、シワやたるみ改善の目的で「サーマークール」などの美容施術にも利用されています。一方、ダイオードレーザーは比較的肌に優しいレーザーとして、脱毛や美肌目的で用いられています。ポラリスでは、高周波とダイオードレーザーのハイブリッドな効果が、真皮層にまで到達。真皮層に与えられる熱ダメージが「線維芽細胞」を刺激することによって、コラーゲンやエラスチンの産出が促され「たるみやシワの改善」が見込めるわけです。

治療法のメリット

毛穴の引き締め、シワ、たるみ、ニキビへの効果が期待できる

ポラリスが照射する「ダイオードレーザー&高周波」は、肌に熱ダメージを与えます。たんぱく質は熱によって収縮するため、まず毛穴の引き締め効果があらわれます。一方、真皮(肌深部)の「線維芽細胞」も熱によって刺激され、働きが活性化。これによって「線維芽細胞」が、真皮を構成する成分「コラーゲンやエラスチン」の産出を活発におこなうようなります。ダメージを与えられたコラーゲンもその反応で新陳代謝(ターンオーバー)を促進し、肌に新鮮なコラーゲンを供給。これが「たるみやシワへの効果」や「ニキビやニキビ跡への効果」にもつながると考えられます。

施術時間がダントツで短い

ポラリスの施術時間は、照射系施術の中では「1番短い」部類に属します。高周波を照射する「サーマークール」や、超音波を照射する「ウルセラシステム」では、およそ30分~1時間の施術時間を見る必要がありますが、ポラリスはわずか「10分〜30分程度」。施術中の痛みについても少ない部類に入るでしょう。紫外線対策に気をつければ、施術後すぐのメイクも可能なため、お忙しいキャリアウーマンや主婦の方でも、手軽に利用することができます。

治療法のデメリット

肌の浅い層にしか効果を及ぼさない

数多くの照射系施術と比較すると、ポラリスのエネルギーは比較的浅い層に届きます。そのため、肌表面のコラーゲン増強やシワの改善は見込めますが、リフトアップ効果としては少々弱いと言えるでしょう。ポラリスは、施術後の腫れもほぼ無く、当日からマッサージもOKですが、逆に言えば「たるみを強力に引き上げるほどの影響を肌へ与えていない」と考えることもできます。

定期的な施術が必要

ポラリスは施術時間が短く、その分費用も安価な傾向があります。しかしその効果は、他の照射系施術の中でも短く「3ヶ月前後」しか持続しません。そのため、定期的に通院して施術を受け続ける必要があるのです。トータルな手間や費用で考えると、結局は他の照射系施術と大差は無いと言えるかもしれません。場合によっては、たるみを糸で物理的に引き上げるような「スレッドリフト」などの施術のほうが、コストパフォーマンス(費用対効果)が高い可能性もあるため、広い視野で施術を選択することが得策と言えるでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

ポラリスは施術時間もダウンタイムも短く、多くの美容皮膚科・美容外科においてあるポピュラーな照射系治療機器と言えます。作用する層が浅く即効性があると言いますが、効果の持続は似たような施術の中でも短い印象があります。美容医療の世界ではローリスク・ローリターンがだんだん求められるようになってきていると言われていますが、全ての患者さんはできるだけローリスク・ハイリターンしか求めてはいないわけです。本当は施術する医者やクリニック側に都合が良い情報ばかりが一方的に氾濫しているというわけです。

以前、わたくしが勤務していたクリニックでもさかんな治療でした。痛みが少ないとも言われていますが、わたくしもポラリスの施術を体験したことがあり、独特の嫌な痛みでしたし、患者さんも痛みに対して同じような表現をされています。比較的マイルドな治療ですが、やけどのリスクがないわけではありませんので、医師・できれば、やけどに詳しい皮膚科や形成外科の医師の施術が望ましいと言えます。しかし、料金も安く手軽なイメージがありますので、ほとんどのクリニックでドクター施術ではないと思います。その分、効果もマイルドなため、イオン導入やピーリング、フォトフェイシャルなどこれまた安価な他の照射系治療など他の施術との組み合わせで行っているクリニックが多いようです。これは何も相乗効果を狙うと言ったものではなく、ただ単に客単価を上げるためのものと言えます。一般に患者さんには高いものほど効果があると言う神話があるので、高額な照射系機器と比較すると「安かろう悪かろう」的に見られると言った不利な状況にあります。いろいろな他の施術と組み合わせて単価をあげると比例して信頼感も増すと言う側面でもあるのでしょうか?また、繰り返し施術を受けると相乗効果や長期効果があるようには考えない方が良いと言えます。施術回数や治療期間がかさむような場合には、本当はウソが入り込む余地が増えるだけだと言います。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事