ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

リードファインリフト

「リードファインリフト」は皮下に細い糸を挿入することで、肌ハリ改善や美肌の効果を目指す施術です。「ウルトラVリフト」や「ショッピングスレッドリフト」と呼ばれることもあります。いずれも、ダウンタイムの短さが魅力ですが、物理的なたるみ引き上げ効果については、あまり見込むことができないようです。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

リードファインリフト

「リードファインリフト」は皮下に細い糸を挿入することで、肌ハリ改善や美肌の効果を目指す施術です。「ウルトラVリフト」や「ショッピングスレッドリフト」と呼ばれることもあります。いずれも、ダウンタイムの短さが魅力ですが、物理的なたるみ引き上げ効果については、あまり見込むことができないようです。

治療法について

治療法について

「リードファインリフト」は、美容施術の盛んな韓国で認可された最新施術です。施術方法としましては、希望箇所へ「極細糸」を網目状に複数本挿入します。使用される糸は極細で、たるみを強力に引き上げる「かえし」(トゲ・ひっかかり)はありません。
リードファインリフトは物理的にたるみを引き上げるのではなく「糸や針の刺激による肌の活性化」を目指す施術。皮下で糸を固定しない「フリーフローティングタイプ」のリフト施術の1つなのですね。具体的には、ターンオーバー(肌の代謝)の向上による「美肌効果」、刺激された線維芽細胞がコラーゲンやエラスチンを増産することによる「肌ハリ向上&引き締め」などの効果が期待できます。

治療法のメリット

適応部位の広さ&多様な効果

リードファインリフトは、顔全般はもちろん、首にも施術可能。数種類の糸や針を使い分けることで広い部位に適応できます。なお、糸や針の刺激は「コラーゲン増殖」「リンパ循環促進」を促すため多様な効果も期待できます。「コラーゲン増殖」は糸や針による「線維芽細胞への刺激」で起こる現象で、肌ハリの向上や、肌の引き締めを期待することができます。「リンパ循環促進」は、針で皮膚を刺したことで鍼灸(美容鍼)に近い効果が発揮されるもので、ターンオーバーの向上やデトックス効果による「美肌効果」や「小じわ予防効果」が期待できるとされています。

ダウンタイムが短く、安全性が高い

リードファインリフトで使用する糸や針は細いため、施術の痛みが少なくて済みます。これは、傷が残りにくく、ダウンタイムも短いというメリットをもたらしています。そのため、腫れや内出血も軽度で、治りも早いことが期待できるでしょう。施術当日からメイクが可能なので、仕事や外出を控えた方でも施術を検討することができます。なお、リードファインリフトの糸は「ポリジオキサン」(PDO)という吸収性素材でできているため、トラブルも少なく安全性が高いようです。

治療法のデメリット

効果に限りがある

リードファインリフトで使用される糸は、半年~1年程度で体内に吸収されます。それによって効果が直ちに無くなるわけではありませんが、それでも、糸の吸収から1年程度経つと効果はほとんど感じられなくなっていることでしょう。つまり長期的に効果を持続させるためには、リードファインリフトを定期的に受け続ける必要が出てきます。リードファインリフトは大変手軽な施術ですが、持続期間やトータルな施術費用を考えた場合には、他の施術も検討しておくことが得策かもしれません。

他の施術に比べリフトアップ効果が低い

リードファインリフトは、たるみを物理的に引き上げて固定する施術ではありません。そのため「肌ハリは出たけれど、たるみが改善しない」というような仕上がりになる可能性もあります。ダウンタイムが短く、安全性も比較的高い施術ですが「根本的なたるみの改善を目指す方」に関しては、他に適した施術がないか検討すべきだと言えるでしょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

私はリードファインリフトの施術経験があります。全く他の似たタイプの糸とそっくりだった記憶があります。引き上げ効果はありませんので、糸が吸収される反応を利用した肌質改善や引き締め目的だと言えます。欠点は痛みで塗る麻酔程度では受ける側はかなり大変なようです。しかし、施術する側のメリットは大きく、照射系治療のように初期費用が高額にならないので導入するクリニックが多く、一見流行っているように見えると言えます。また、長年、照射系治療機器メーカーが行ってきた宣伝の波に乗った感があります。その内容は「以前はリフトアップが求められてきたが、現在はスキンタイトニングの時代である」と言った感じのものです。基本的にお肌を引き締めるスキンタイトニングが主な作用ですので、リフトアップ:引き上げを期待してしまうと満足とは程遠いといったことになってしまうと思われます。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事